本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“ヤニス・キラー”誕生?21歳オコングの活躍でホークスがホーム連敗を10でストップ!<DUNKSHOOT>
「この勝利が、チームとして一丸となって白星を繋ぎ合わせるためのターニングポイントになるといいね」 アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、現地時間1月17日(日本時間18日、日付は以下同)のミルウォーキー・バックス戦を121−114で制した後にそう口にした。...
別窓で開く

方向性がわからない 岸田首相の施政方針演説
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月18日放送)にジャーナリストの有本香が出演。通常国会で行われた岸田総理の施政方針演説について解説した。...
別窓で開く

【映画ランキング】長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP 英雄編』が初登場首位!
1月15〜16日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、長澤まさみ主演の劇場版シリーズ第3弾となる『コンフィデンスマンJP 英雄編』が、初週土日動員33万1000人、興収4億7100万円をあげ初登場1位を獲得した。初日からの3日間では、動員41万7000人、興収5億9000万円を超える絶好...
別窓で開く

「僕はスターになれる」ホークスからニックスへ移籍したレディッシュが新天地での飛躍を誓う<DUNKSHOOT>
現地時間1月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ニューヨーク・ニックスはケビン・ノックスと2022年のドラフト1巡目指名権を放出し、アトランタ・ホークスからソロモン・ヒルと2025年のドラフト2巡目指名権、そしてキャム・レディッシュを獲得した。 2月10日のデッドラインを前に、昨季プレーオフへ進...
別窓で開く

『クライ・マッチョ』イーストウッド、91歳にして“死の影”を超えた真の開拓者! 新たな境地を見出した集大成
『クライ・マッチョ』(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reservedクリント・イーストウッドが、1971年に『恐怖のメロディ』で監督デビューしてから50年。監督40作目となるのが新作『クライ・マッチョ』だ。久々にカウボーイ姿を見...
別窓で開く

優等生アイドル・嵐にもあった「イヤイヤ期」!ヤンチャしていた黒歴史とは
 昨年12月29日、嵐の松本潤主演の特別ドラマ「99.9‐刑事専門弁護士‐完全新作SP 新たな出会い篇」(TBS系)が放映。翌30日には主演映画「99.9‐刑事専門弁護士‐THE MOVIE」が公開され、総合演出を担うジャニーズアーティスト総勢13組が出演する音楽の祭典「Johnny’s Festi...
別窓で開く

ゆりやんレトリィバァ、イーストウッド監督に猛アピール!
映画『クライ・マッチョ』の公開記念イベントが行われ、ゆりやんレトリィバァさんが出席しました。クリント・イーストウッド監督最新作のこの映画は、落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して、本当の強さの意味を問う感動の物語です。イーストウッド監督の作品に出たいゆりやんさんは、英語でこんなメッセージを送りまし...
別窓で開く

覚醒剤、金塊などヤバいモノを運ぶ“運び屋”! プロが使うその手法とは?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。皆さんは、クリント・イーストウッド監督・主演の『運び屋』という映画をご存知でしょうか? 園芸家として有名だった主人公アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は高齢になって仕事自体が立ち行かなくなり、麻薬関連の運び屋を引き受けてしまいます。...
別窓で開く

【ネタバレなし】最高にアツい! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 「親愛なる隣人」に拍手を!
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(c)2021 CTMG. (c) & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.最高すぎる、熱すぎるスパイダーマン映画でした! 本作についてはこの一言だけで十分です。ちょっとでも詳しく書くとネタバレになってし...
別窓で開く

ヤンキースは「5500万ドルの契約を提供できる」。球界の盟主が“日本のトラウト”鈴木誠也獲得に動く理由
2021年の野球界で鮮烈なインパクトを残し、新年に一大チャレンジをしようとしているサムライがいる。広島カープの鈴木誠也だ。【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック プロ入り9年目を終えた今季の鈴木は圧巻だった。レギュラーシーズンでは打率.317と出塁率.433で...
別窓で開く