本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



菅政権下の日米関係〜求められる「単なる米国追従ではない外交」
先月、安倍晋三氏が約8年にわたる長期政権に終止符を打った。安倍政権時における日米関係は、一言でいうと、非常にバランスが取れ、安定的な日米関係だったといえる。■安倍政権の外交・安全保障政策を継承する菅総理現在、米国では大統領選が佳境に入ろうとしているが、ちょうど4年前、日本では「あの不動産王トランプ氏...
別窓で開く

【本日のプレーオフ】スタントンの満塁弾が決定打となりヤンキースがレイズに先勝! アストロズはアスレティックスに逆転勝ち
▼ア・リーグ地区シリーズ第1戦(ドジャー・スタジアム)アスレティックス(0勝) 5−10 アストロズ(1勝) アスレティックスは2回に6番クリス・デービスの2ランで先制し、3回はショーン・マーフィー、4回にもマット・オルソンが本塁打を放つなど一発攻勢でアストロズ先発のランス・マッカラーズJr.を攻め...
別窓で開く

トランプ氏「私だけが北朝鮮と友好関係を築くことができる、他の大統領は核戦争をしている」と強調
トランプ米大統領が15日(現地時間)、自分ではなく民主党から大統領が出たなら、アメリカは北朝鮮と核戦争をしたかもしれないと主張した。トランプ大統領は、国立憲法センターで開かれたミーティングで「ご存知のように人々は私がこのような性格だから、直ちに戦争するだろうと言っていた」とこのように明らかにした。...
別窓で開く

スモールラインナップの限界?ロケッツを強豪に押し上げたダントーニHCがチームを去った理由
ウエスタン・カンファレンス準決勝でヒューストン・ロケッツがロサンゼルス・レイカーズに1勝4敗で敗れ、シーズンを終えた。 プレーオフ終了後、ロケッツはマイク・ダントーニ・ヘッドコーチの退団を発表。来季に向け、新たな指揮官を探すことになった。「マイクはそういう男なんだ。...
別窓で開く

「MJを超える可能性があると思っていた」“ネクスト・ジョーダン”と呼ばれたグラント・ヒルが現役時代を回想
グラント・ヒルは元NFL選手の父親と、のちに大統領夫人となるヒラリー・クリントンのルームメイトだった母親の間に生まれたサラブレッドで、“ネクスト・ジョーダン”として期待された選手の1人だった。度重なるケガで輝きを失い、神様の後継者となることはなかったが、自身は万全の状態であれ...
別窓で開く

プレーオフで別次元の活躍を続けるレナード。指揮官が姿を重ねる2人のレジェンドとは?
「ミドルレンジジャンパーは、カワイにとってレイアップなんだ。初めて会ったのは彼が14歳の時だったけど、すでに練習熱心な選手だったね。それは今でも変わらない。どれだけ成功を収めようと、彼は毎年レギュラーを奪うつもりで取り組む。...
別窓で開く

安倍首相の辞任の本当の理由。アメリカ政府のキューバ政府に対する警戒心が要因か。
安倍首相は71日ぶりに官邸で記者会見を開いた。8月28日(金曜日)の夕刻のこと。そこで首相が語ったのは「持病の悪化」と「政治判断を誤らないようにするための辞任」である。確かにコロナ対策をはじめ政策は行き詰まり、世論の支持率も過去最低を記録していたのだから、ストレスが高じ持病の潰瘍性大腸炎が悪化したと...
別窓で開く

ポスト安倍の日米同盟はどうなるのか〜「やるべきこと」は明確
安倍首相が辞任を発表した。そのニュースは国内だけでなく、世界各国でも速報で流れた。安倍首相は先進国や周辺諸国の指導者の中でも“ベテラン”で、辞任に伴い各国からも高く評価するコメントが次々に寄せられた。■外交・安全保障の分野では安定していた安倍政権この7年8カ月の政権運営をどう評価するかは人によって違...
別窓で開く

揺らぐトランプの支持基盤。再選の条件は「投票率の低さ」
今月アメリカで開催される党大会にも、新型コロナウイルスの影響が出てきた。トランプ大統領の評価が問われる2020年大統領選挙が間近に迫っている。元々良いイメージを持たれていなかった人物が、なぜ大統領の座に上り詰めることができたのか。国際政治学者である高橋和夫氏に、いまいちど振り返ってもらった。...
別窓で開く

「安全保障」と「中国」への対応から見えるアメリカの思惑
アメリカを理解するうえで欠かせないキーワードが「Unfair(不公平)」。今も続く関税を中心とした米中貿易戦争の始まり、それはアメリカ国民が中国に対して長いこと感じていた思いを、トランプ大統領が行動に移したことでした。テレビなどでも活躍中のケント・ギルバート氏が日本の安全保障と合わせて解説する。...
別窓で開く