本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジェネシス招待の優勝予想ランキングが発表 24年初戦を迎える注目のタイガー・ウッズは…
<ジェネシス招待 事前情報◇12日◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>米国男子ツアーは今週15日から、シグニチャーイベント(格上げ大会)の「ジェネシス招待」が始まる。12日にはPGAツアー公式ホームページで恒例のパワーランキング(優勝予想)が発表された。優勝最有力候補に推さ...
別窓で開く

松山英樹は56位に浮上 プレーオフ制したN・テイラーが6位にジャンプアップ【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「WMフェニックス・オープン」を終えて、最新のフェデックスカップランキングが発表された。今大会はプロアマ日から悪天候に見舞われ、連日の順延に。最終的にプレーオフ2ホールを含む合計74ホールを日没寸前で終了させ、ニック・テイラー(カナダ)が優勝。通算601ポイント(pt)として57位から...
別窓で開く

一番好きなアカデミー賞受賞作品ランキング!3位「サウンド・オブ・ミュージック」、2位「風と共に去りぬ」、1位に選ばれたのは…
1929年にアメリカでスタートし、世界で最も有名な映画祭の一つとして知られる「アカデミー賞」。これまでに数多くの作品が同賞で栄冠に輝いてきましたが、いずれの作品もそれぞれに魅力があり、甲乙付けがたいですよね。そこで今回は、一番好きなアカデミー賞受賞作品はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキ...
別窓で開く

(プレスリリース)<Qoo10、MOVE「オシャレして映画館へGO!」キャンペーン>マーベル初の本格ミステリー・サスペンス『マダム・ウェブ』の映画鑑賞券をプレゼント
トレンドファッションをスマホのアプリからお買い物できるMOVEでお気に入りを見つけて映画を楽しもう!<br /><br /> eBay Japan合同会社(本社:東京都港区、代表取締役:グ ジャヒョン)が運営するインターネット総合ショッピングモール「Qoo10」は、2024年...
別窓で開く

(プレスリリース)【JWマリオット・ホテル奈良】「フォーブス・トラベルガイド2024」において奈良県唯一の2年連続4つ星を獲得
「トラベラーズチョイスアワード2023」連続1位も同時獲得<br /><br />JWマリオット・ホテル奈良(所在地:奈良県奈良市三条大路 1丁目1-1、総支配人:クリストファー・クラーク)はこのたび、独自の5つ星評価システムをもとに世界中のホテルやレストランの格付けを行う「...
別窓で開く

大島優子が実写吹替初挑戦! 2/23公開『マダム・ウェブ』 大島のアフレコ風景とインタビュー映像解禁!!
2/23に公開される、マーベル初の本格ミステリー・サスペンス『マダム・ウェブ』。日本語吹替版声優として、大島優子が決定した。あわせて、アフレコ風景とインタビュー映像を収めたスペシャル映像が解禁された。初挑戦の実写吹替マーベルファンだと明かす大島だがインタビュー映像では、本作へのオファーを受けた時のこ...
別窓で開く

W・クラークがLIVと面会 移籍は否定「今シーズンはPGAツアーで戦う」
悪天候の影響で短縮競技となった「AT&Tぺブルビーチ・プロアマ」でツアー3勝目を挙げ、世界ランキング6位に浮上したウィンダム・クラーク(米国)がLIVゴルフと面会したことを米メディアの取材で明かした。昨年の「全米オープン」覇者でもあるクラークは、今回のシグネチャー・イベントでの勝利によりトッププレー...
別窓で開く

クレジットカード決済にまつわる紛争解決のための単一かつ統合されたソリューション、「ServiceNow Disputes Management, Built with Visa」を提供開始ローコード、AI、生成AI機能を含む新たなソリューションが効率性と生産性の向上を支援<br />&l...
別窓で開く

大会2勝の松山英樹はS・シェフラー&W・クラークとの注目組 WMフェニックス・オープンの組み合わせ発表
<WMフェニックス・オープン 事前情報◇6日◇TPCスコッツデール スタジアムC(米アリゾナ州)◇7261ヤード・パー71>米国男子ツアーは「WMフェニックス・オープン」が現地時間8日(木)から開催される。開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。日本勢からは、2016、17年の今大会で2...
別窓で開く

(プレスリリース)CURATION?FAIR Tokyo 展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」川端康成と大江健三郎の文化論をキュレーションの起点に、古美術から現代美術まで、時代やジャンルを超えた作品が集結。
2月22日(木)〜3月3日(日)展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る(The beautiful, the ambiguous, and itself)」<br /><br />川端康成と大江健三郎の文化論をキュレーションの起点に、古美術から現代美術まで、時代やジャンル...
別窓で開く