本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く

即完の予感【カルディ】「コーヒーバッグセット」保冷バッグに人気コーヒー4種付
かわいいデザインのアイテムが店頭いっぱいに並び、店内を歩いているだけで幸せな気持ちになれるカルディ(KALDI)。コロナ禍以前はショッピングモールなどを歩いていると、コーヒーの香りに誘われ、呼び寄せられるようにカルディコーヒーファームに立ち寄っていたものです。甘い香りに包まれながら珍しい輸入食品を見...
別窓で開く

米軍も認めた「上陸作戦のプロ」旧日本陸軍 なぜ太平洋戦争で崩壊? 空を押さえられた兵站の末路
日本陸軍の上陸作戦能力や海上輸送作戦能力は、1930年代末には、すでに完成の域に達していました。これらの軍事行動を支えていたのが「揚陸作業」です。地味ながら非常に重要、しかし危険な作業の実際とは。昭和初期の揚陸作業の実態 太平洋戦争中のアメリカ軍は、日本陸軍のことを「船から陸地(Ship to sh...
別窓で開く

巣から落ちたヒナ鳥と保護した女性が84日で紡いだ母子のような絆(ガーナ)
夫の仕事の関係で英ロンドンからガーナに移住した女性は、巣から落ちてしまった生後間もない小鳥のヒナを発見した。目も開いていないヒナを不憫に思った女性は、自然にかえせるようになるまで自身の手で育てることを決意した。徐々に大きく育っていったヒナは、毎日女性の長い髪で巣を作るほど女性を信頼していたという。...
別窓で開く

カルディのコーヒーバッグは買い!おしゃれな「保冷バッグ」付いてくるよ〜。
カルディコーヒーファームは2022年4月1日から、毎年恒例の「春のコーヒーバッグ」を各店舗とオンラインストアで販売中です。■バッグは2色今年のバッグは、コーヒー4種と、おでかけに便利な「保冷バッグ」がセットになっています。価格は1600円。コーヒー豆は、酸味系から苦味系まで揃っています。初めてコーヒ...
別窓で開く

中国とソロモン諸島が「安保協定」締結へ…中国軍港建設への布石か
ソロモン諸島が中国との安保協力体制を強化するという一部報道に対し、同国のマナセ・ソガバレ首相が29日、「(同国を)侮辱するものだ」などと批判した。先日、ソロモン諸島と中国の間で交わされる安保協議の草案が報道された。その内容は、中国が「社会秩序の維持」などを理由に軍をソロモン諸島に派遣し、中国艦船の同...
別窓で開く

中国の軍艦がアフリカ「ジブチ共和国」の軍港に現れる…将来的には「空母」の入港も
先日、中国の軍艦がジブチ共和国のドラレ港にある中国の軍事基地に初めて現れた。同基地は2016年3月に建設が始まり2017年に完成していたが、これまで中国の軍艦が入港したことはなかった。AFP(フランス通信社)の取材で米国の軍事専門家・サットン氏は、今回入港した軍艦が中国海軍の補給艦「駱馬(らま)湖号...
別窓で開く

太平洋戦争の快進撃支えた「民間船」 高速貨物船ニューヨーク・ライナーたちの悲劇
太平洋戦争中、数多くが軍にチャーターされた民間船舶。そのなかでも大型高速の「ニューヨーク・ライナー」と呼ばれた貨物船は、上陸作戦には欠かせないものでした。それらの船が果たした役割と戦争への影響を探ります。陸軍の大部隊を戦時にどうやって迅速に運ぶか 第2次世界大戦を始めとして、戦時には各国の軍隊とも多...
別窓で開く

“強運艦・不沈艦”の異名も 駆逐艦「雪風」進水-1939.3.24 別名に「丹陽」も、なぜ?
旧日本海軍の駆逐艦「雪風」が1939年の今日、進水しました。太平洋戦争の初戦から戦艦「大和」の水上特攻に至るまで、数々の激戦に参加するも大きな損傷は受けず、僚艦40隻のなかで唯一生き残りました。対艦から対空を意識した兵装へ 1939(昭和14)年の3月24日は、旧日本海軍の駆逐艦「雪風」が進水した日...
別窓で開く

隠れ重巡、のちに航空巡洋艦へ 1934.3.14「最上」進水 没後75年に海底で発見
旧日本海軍の重巡洋艦「最上」が1934年の今日、進水しました。ただし対外的には「軽巡洋艦」。決して大きくない船体には、主砲などがいくつも搭載されました。後に航空巡洋艦となりますが、不運に見舞われた艦でもありました。条約絡みで軽巡に“偽装” 1934(昭和9)年の3月14日は、旧日本海軍の重巡洋艦「最...
別窓で開く