本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



初心者でも育てやすい!オススメ観葉植物8選、インテリアがおしゃれに
紅葉が美しい季節になりました。山や高原に出かけ、美しく染まった山々や木々に囲まれるのは、とても気持ちがいいものです。空気も新鮮で清々しい気持ちになりますね。山や森のようにはいきませんが、お部屋に植物があるとリラックスできて気持ちも安らぐ気がします。本日はガーデニング歴20年の著者から、お部屋やベラン...
別窓で開く

江蘇省で野生の「ムナジロサギ」が観測される…中国では初めての発見か=中国報道
中国・江蘇省南通市の環境生態局によると、市内の鳥類愛好家が同市の沿海部で初めて野生のムナジロサギを観測した。関係資料によると、ムナジロサギはオーストラリア北部・インドネシアのスラウェシ島・パプアニューギニア・東ティモールなどに分布しており、台湾の屏東と高雄でも観測されている。今回の発見は中国の大陸部...
別窓で開く

金正恩氏に各国元首が祝電…建国73周年で
北朝鮮の建国73周年に際し、金正恩総書記(国務委員長)に、各国元首から祝電が寄せられた。朝鮮中央通信が23日付で伝えた。金正恩氏に祝電を寄せた元首は次のとおり。...
別窓で開く

船内コロナ集団感染、艦艇「文武大王艦」が韓国に到着=韓国
新型コロナの集団感染が発生した清海(チョンヘ)部隊34陣の乗組員が乗っていた「文武大王艦」が11日、アフリカを出発して52日ぶりに国内に到着した。海軍は同日、アフリカに緊急派遣された将兵147人が文武大王艦で安全に鎮海(チネ)海軍基地に入港したと発表した。将兵らは艦艇引継ぎ後、所属部隊に復帰する予定...
別窓で開く

バルサが18歳逸材への“特別扱い”を廃止した理由「甘やかすと、ろくなことがない」【現地発】
 イライシュ・モリバは2003年にギニアの首都コナクリに生まれた。エスパニョールを経由して、7歳の時にバルセロナに加入。当時から規格外の体格をしていた彼は、飛び級でカテゴリーを昇格していった。 バルサの将来を背負って立つ逸材と評価され、そのプレーはスペイン・サッカー連盟の関係者の目にも留まり、U-1...
別窓で開く

西アフリカのギニアで、死亡者から致死率の高い「マールブルクウイルス」確認
西アフリカのギニアで、致死率最大88%といわれるウイルス性出血熱「マールブルク病」による死亡者が確認された。西アフリカで発病が確認されたのは初めて。9日(現地時間)、ロイター通信によると、世界保健機関(WHO)は致死率が最大88%に達するマールブルクウイルスが2日、ギニア南部の都市「ゲケドゥ(Gue...
別窓で開く

なでしこJが東京五輪で成功できなかった理由。年代別W杯優勝の実績を持つ指揮官はチームをどう導こうとしたのか?
 高倉監督は、なぜA代表では成功しなかったのか——。 地元開催の東京オリンピックで金メダルを目指す。そのなでしこジャパンの戦いはベスト8で終わった。 2018年に女子アジアカップ、アジア大会の二冠を達成。2019年の女子ワールドカップ・フランス大会ではベスト16。準優勝チームとなるオランダを試合内容...
別窓で開く

「カマモトのダブルで望みは絶たれた」メキシコ・メディアが53年前の屈辱を回想。「運命的に再戦する」【東京五輪】
 メキシコは53年の月日を経て、自国開催での屈辱を、そっくりそのままお返しする千載一遇のチャンスを掴んだ。 8月6日に銅メダルをかけ、日本とメキシコが3位決定戦で激突する。両者はグループステージでも顔を合わせており、今大会2度目の対戦となるなか、スペイン紙『Marca』のメキシコ盤では1968年のメ...
別窓で開く

「金の色もいいけど、銅もいい色をしているじゃないか」53年前の再現へ、日本がメキシコで打ち立てた金字塔【東京五輪】
 8月3日夜に行なわれた東京オリンピックの準決勝で、日本は延長戦の末にスペインに0−1で敗れ、初の決勝進出はならなかった。勝てば銀メダル以上が確定した一戦。53年前のメキシコシティー大会で獲得した銅メダルの偉業を超えることが期待されたが、その夢がはかなく消えてしまった。 それでもまだオリンピックが終...
別窓で開く

ギニア湾付近の海上で海賊に拉致された韓国人、2か月ぶりに無事解放「健康は良好」
2日、韓国外交部(外務省に相当)は去る6月1日、アフリカのギニア湾付近の会場で海賊とみられる拉致団体により拉致されていた船員4人が拉致から62日目の1日(現地時間)午後10時ごろ、ナイジェリア南部地域で無事に解放されたと伝えた。一緒に拉致されていた第3国国籍の同僚船員1人も同時に解放された。...
別窓で開く