本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米軍がIS指導者を殺害した背景にある「バイデン政権の苦境」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月7日放送)に国際政治アナリストの菅原出が出演。アメリカ軍の対テロ作戦によりIS指導者であるアブイブラヒム・ハシミ氏が殺害されたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

ウクライナ情勢をめぐり、ロシアが取る「3つの可能性」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月1日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。イギリスのジョンソン首相が来日を取りやめたというニュースについて解説した。2021年12月21日、ロシア国防省幹部の会合で話すプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社イギリスのジョ...
別窓で開く

巡洋艦なのに見た目空母! アメリカ発案「航空巡洋艦」なる多用途艦が“机上の空論”で終わったワケ
1930年に発効したロンドン海軍軍縮条約では、排水量1万トン以下の航空母艦の保有が制限されました。しかしアメリカは、巡洋艦に飛行甲板を備えた「航空巡洋艦」を提案し、条約に盛り込みます。これは一体どんな艦艇だったのでしょうか。アメリカの主張で設定された航空巡洋艦 1930(昭和5)年に発効したロンドン...
別窓で開く

空母の「スキージャンプ」なぜ増えた? 艦載機の発艦装置 カタパルトより世界で拡大のワケ
現代空母のトレンドと呼べる設備のひとつ「スキージャンプ」は、滑走距離の限られる飛行甲板から航空機を発艦させることができる便利な仕掛けです。実は、アメリカとイギリス以外の国が空母を保有できるのも、これが登場したおかげでした。航空機を空母から発艦させる工夫 カタパルトとどう違う? 近年、艦首の飛行甲板が...
別窓で開く

規格外すぎ! 2種の「世界最大」飛行機が再び飛んだ2021年 ともに無二の“怪鳥”ルックス
2021年、ともに規格外の大きさをもつ2機種の”怪鳥”飛行機が、再び空を飛びました。ともにその大きさもさることながら、形状も唯一無二。それぞれどんな機体で、2021年はどのようなものだったのでしょうか。双頭竜? 全幅の約117mの超巨大機 2021年、“怪鳥”にも例えられるような、規格外の大きさをも...
別窓で開く

その差は鉄道の線路幅にあり? ウクライナとポーランド ロシアの脅威度が段違いなワケ
欧州において鉄道の線路幅、すなわち軌間のバリエーションが豊かなのには、それ相応の背景があります。そしてその線路幅の違いが、国の戦略をも左右しかねないというお話。舞台はウクライナ、ポーランド、そしてロシアです。兵站≒鉄道網から見たロシアの脅威 2021年12月現在、ロシア—ウクライナ国境にロシア軍10...
別窓で開く

「もはや勝つ方法を知らない」フランス代表の“歴代最多”5戦連続引き分けに厳しい評価。守護神は「成功はもう、壊れつつある」と自戒
現地時間9月4日、カタール・ワールドカップ欧州予選が行なわれ、フランス代表は1-1でウクライナ代表と引き分けた。 サンドニでの同カードを1-1で終えていたフランスは、敵地キエフに乗り込んだこの一戦に、キリアン・エムバペやエンゴロ・カンテを欠き、さらにカリム・ベンゼマやラファエル・ヴァランヌらがベンチ...
別窓で開く

先発は4年で11試合、懲罰でユースに降格…神戸の新戦力・リンコンの“リアル評”。日本行きの決め手となったJリーガーの存在とは?【現地発】
 紆余曲折の末、ヴィッセル神戸に入団が決まったリンコン。日本では10年に一度の金の卵のような騒がれ方をしているようだが、ちょっと待ってくれと言いたい。それはいつの話だ、と——。 たしかに、リンコンは有望な選手だった。16歳でトップチームに入ったのはそれに値する実力があったからだ。...
別窓で開く

久保建英の名前も…UEFA、2021年注目の若手50名をピックアップ
 欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、2021年に注目すべき50名の若手選手を紹介した。 日本からは、レアル・マドリードに所属するMF久保建英が選出。このほか、バルセロナに所属するU−21スペイン代表MFペドリ、レヴァークーゼンに所属するU−21ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ、ミランに所属するU...
別窓で開く

歴代最多の8人が出場! 今季CLでプレーするアメリカ人選手たち
「サッカー不毛の地」と呼ばれたのも今は昔。アメリカはメキシコと並ぶ北米屈指の強豪国であり、近年はヨーロッパにも多くのタレントを輩出している。 同国メディア『Bleacher Report』によると、今シーズンは8名のアメリカ人選手がチャンピオンズリーグ(CL)の試合に出場しており、2004−05シー...
別窓で開く


[ キエフ アメリカ ] の関連キーワード

ポーランド ウクライナ アメリカ フランス uefa
バイデン リアル ロシア