本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



追い詰められるプーチン大統領の恐ろしい「次の一手」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月16日放送)に慶應義塾大学教授・国際政治学者の細谷雄一氏が出演。ヨーロッパから見るウクライナ情勢について解説した。ロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ) AFP=時事 写真提供:時事通信ロシアとウクライナの停戦交渉再開ウクライナへの侵攻を続...
別窓で開く

戦火のキエフを東欧3首脳が訪問 谷原章介「すごい危険な中を行きましたね」
ウクライナにロシア軍の攻撃が続く中、ポーランド、スロベニア、チェコの東欧3国首脳が首都キエフを訪問し、ゼレンスキー大統領やシュミハリ首相らと15日(2022年3月)会談した。欧州連合(EU)を代表して支持を強調する狙いがありそうだ。16日の「めざまし8」で永島優美アナウンサーが取り上げた。...
別窓で開く

ポーランド・チェコ・スロベニア首相が「キエフに到着」…ゼレンスキー大統領と会談予定
ポーランド・チェコ・スロベニアの首相は、一進一退の攻防が続いているウクライナの首都キーウ(キエフ)に到着した。15日(現地時間)ロイター通信によると、ポーランドのマテウシュ・モラビエツキ首相はこの日の午後8時頃(キーウ現地時間)、SNSでキーウに到着した事実を伝え「我々は必ず、東側で起きた悲劇を止め...
別窓で開く

バイデン大統領が「ウクライナ情勢」を演説のメインにした理由 〜米 一般教書演説
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月3日放送)にキヤノングローバル戦略研究所主任研究員でスティムソン・センター東アジア共同部長の辰巳由紀氏が出演。米バイデン大統領が現地3月1日に行った一般教書演説について解説した。...
別窓で開く

キエフ郊外で「バンバンと撃つ銃声、朝方まで」 現地会社経営者が「スッキリ」に語った「今」
ロシア軍のウクライナへの侵攻をめぐる両国の停戦交渉は5時間以上にわたって行われ、「交渉継続」とし、数日後に再開することになった。首都キエフ市内になお残る高垣典哉さんは(15年在住)は「ウクライナ、ロシアの兵士の命を救うためにも早期にやめてほしい」と訴えた。1日(2022年3月)の「スッキリ」は、高垣...
別窓で開く

米軍がIS指導者を殺害した背景にある「バイデン政権の苦境」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月7日放送)に国際政治アナリストの菅原出が出演。アメリカ軍の対テロ作戦によりIS指導者であるアブイブラヒム・ハシミ氏が殺害されたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

その差は鉄道の線路幅にあり? ウクライナとポーランド ロシアの脅威度が段違いなワケ
欧州において鉄道の線路幅、すなわち軌間のバリエーションが豊かなのには、それ相応の背景があります。そしてその線路幅の違いが、国の戦略をも左右しかねないというお話。舞台はウクライナ、ポーランド、そしてロシアです。兵站≒鉄道網から見たロシアの脅威 2021年12月現在、ロシア—ウクライナ国境にロシア軍10...
別窓で開く

久保建英は選ばれず…ゴールデンボーイ候補40名にサンチョやファティら選出
 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス...
別窓で開く


<前へ12次へ>