本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



外交部「ウクライナ滞在中の韓国国民197人」...撤退を引き続き説得=韓国報道
ロシアによる侵略の可能性が議論されているウクライナに韓国国民197人が滞在中であることが15日把握された。アン・ウンジュ外交部副スポークスマンは同日の定例ブリーフィングで、「現地で生活基盤を持っており、残留意思を表明した永住権者など50人余りに対しては避難先の確保を含む追加安全措置を講じている」とし...
別窓で開く

米軍がIS指導者を殺害した背景にある「バイデン政権の苦境」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月7日放送)に国際政治アナリストの菅原出が出演。アメリカ軍の対テロ作戦によりIS指導者であるアブイブラヒム・ハシミ氏が殺害されたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

その差は鉄道の線路幅にあり? ウクライナとポーランド ロシアの脅威度が段違いなワケ
欧州において鉄道の線路幅、すなわち軌間のバリエーションが豊かなのには、それ相応の背景があります。そしてその線路幅の違いが、国の戦略をも左右しかねないというお話。舞台はウクライナ、ポーランド、そしてロシアです。兵站≒鉄道網から見たロシアの脅威 2021年12月現在、ロシア—ウクライナ国境にロシア軍10...
別窓で開く

「背景の雪が美しさを際立たせる」レバンドフスキの絵になるオーバーヘッド弾が話題沸騰!「ブンデスの新ロゴにしたい」
 雪が降る極寒のウクライナで、大エースが見せたホットな一撃が話題沸騰だ。 チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第5節が現地時間11月23日に開催され、バイエルン・ミュンヘンはディナモ・キエフと敵地で対戦し、2-1で勝利を収めた。無傷の5連勝で最終節を前に首位での決勝トーナメント進出を決め...
別窓で開く

開幕から9戦13発!レバンドフスキが今季も驚異のゴールラッシュ! このペースなら自身の大記録更新も…
 今シーズンもバイエルンの絶対的エースが絶好調だ。 現地時間9月29日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第2節(E組)で、バイエルンはディナモ・キエフをホームに迎えて5-0と大勝。開幕2連勝としてグループ首位をキープした。 この一戦で勝利の立役者となったのが2ゴールを奪った...
別窓で開く

FK弾でゴールラッシュの口火に…バイエルンFWサネ「今はとても好調」
 バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが、18日にホームで行われたブンデスリーガ第5節のボーフム戦を振り返った。クラブ公式サイトが試合後にコメントを伝えている。 バイエルンは17分にフリーキックを獲得すると、サネが直接決めて先制に成功。その後ドイツ代表MFジョシュア・キミッヒやポーランド代表FWロ...
別窓で開く

「5年か10年は戻れない」亡命先へ旅立ったベラルーシ陸上選手が悲壮な覚悟を明かす「私の精神は壊れていない」【東京五輪】
ポーランドへの亡命を希望しているベラルーシ陸上選手、クリスツィーナ・ツィマノウスカヤが8月4日午前、ついに日本を旅立った。およそ17時間後の日本時間5日午前3時ごろ、オーストリアのウイーンを経由してワルシャワ空港に到着したという。 トラブルが表面化したのは、8月1日の夕刻だった。...
別窓で開く

久保建英は選ばれず…ゴールデンボーイ候補40名にサンチョやファティら選出
 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス...
別窓で開く

ファン・バステン、ロナウド、エムバペ —— 過去30年の「超ワールドクラス図鑑」〜ストライカー編
ファン・バステン、ロナウド、イブラヒモビッチ、レバンドフスキ、そしてエムバペ——。豪華絢爛な「超ワールドクラス」ストライカーの歴史を、各年代に分けて振り返っていこう。■1990年代◆ジョージ・ウェア(元リベリア代表) 規格外の身体能力でゴールを強襲。選考対象が「欧州の選手」から「欧州でプレーする選手...
別窓で開く



<前へ123456次へ>