本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「大新聞やテレビの記者は一人もいない…」キーウに潜入のカメラマン・宮嶋茂樹が"首都攻防戦の最前線の地”へ
「この人殺し野郎ども!」首都キエフで開かれた“5人のロシア兵捕虜”会見で爆発した“ウクライナの怒り”《不肖・宮嶋キエフ潜入》 から続く 不肖・宮嶋、最後の戦場取材へ——。 数々のスクープ写真で知られる報道カメラマンの宮嶋茂樹さん(60)。これまでにイラク、北朝鮮、アフガニスタン、コソボなど海外取...
別窓で開く

「残された子どもだけでも」…子どもの体に身分情報をつづるウクライナの親たち=韓国報道
ロシア軍の攻撃で殺害されることを恐れたウクライナの親たちが子どもの体に身分情報を書いた姿がSNSに拡散している。5日(現地時間)、豪ニュースドットコムによると、この数日、ロシア軍の民間人虐殺が続く中、ウクライナの親たちが自身が死に子どもが生き残った場合に備え、子どもの体に家族の情報や連絡先を残してい...
別窓で開く

ロシア前大統領「ウクライナ、ナチスのような運命をたどるのは “当然”」
ウラジーミル・プーチン ロシア大統領の側近であるドミートリー・メドヴェージェフ国家安保会議副議長は「誤った神話に満たされたウクライナ人の血生臭い良心を変えることが重要な目標だ」と語った。これは「ウクライナの首都キーウ(キエフ)近くの都市ブチャで、ロシア軍が集団虐殺を行なった」という国際社会の非難が高...
別窓で開く

安倍政権の北方領土返還交渉、日本はロシアとの歴史から何を学んだのか
 今回の、ロシアによるウクライナ軍事侵攻において、どうしても私はシベリア抑留で無念な亡くなり方をした日本人について思いを馳せざるを得ません。もちろん、一連の戦争には大日本帝国の無謀な戦争犯罪が根底にあることは理解しつつも、他方で日露外交の文脈であまりにも軽視され続けてきたシベリア抑留の件について、か...
別窓で開く

“地政学”でウクライナ侵攻を解決するとしたら……「プーチンと対等に話せる人を動かすしかない」 話題の“紛争漫画”作者が語る「今回の侵攻の特異性」
 今、ある漫画が話題を呼んでいる。地政学リスクコンサルタントの八田百合が紛争地帯のトラブルを解決する『紛争でしたら八田まで』(講談社)だ。 2019年から『モーニング』で連載中の本作だが、作中のウクライナを舞台にしたエピソードが、「なぜロシアがウクライナに侵攻したのか?」という疑問を理解するのに役立...
別窓で開く

「これがあいつらの言う軍事施設か?」ウクライナの強豪シャフタールの練習場にミサイル2発が着弾。穴が空いたピッチに怒りの声「ロシア軍のケダモノめ」
 ウクライナの強豪シャフタール・ドネツクの練習場がロシア軍の攻撃に晒されたようだ。 2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、依然として続いている。北部など一部でロシア軍が撤退した地域もあるが、攻撃を止める気配はない。 当然ながら、サッカー界も戦争に巻き込まれている。...
別窓で開く

加藤浩次「どのように伝えるといいのか」 軍の「虐殺否定」を信じるロシア国民も
「ロシア軍から解放されたウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊、ブチャで民間人の虐殺がありました。その凄惨な現場で暮らしていたウクライナの女性医師を取材しました」と5日(2022年4月)の「スッキリ」の森圭介アナが紹介した。ウクライナ当局はブチャを含めたキーウ州全体で民間人410人の遺体を発見したと発...
別窓で開く

2月24日に始まったロシア軍のウクライナへの侵攻。ウクライナ国防省は4月2日(日本時間3日)、首都キーウ(キエフ)郊外のイルピン、ブチャなどを解放し、キーウ州全域を奪還したと発表した。しかし、ブチャなどで多くの遺体が発見され、その凄惨な光景は国際社会に衝撃を与えている。国際法違反にも関わらず民間人が...
別窓で開く

露軍が女性を計画的に暴行か…国際機関が調査 避妊具携帯し身を守る女性も
ロシア軍がウクライナの女性たちを集団性暴行したことが明らかになった。写真家であるミハイル・パリンチャクがウクライナの首都キーウ(キエフ)から20キロ離れたある高速道路で女性三人と一人の男性の遺体が毛布に覆われている様子を撮影したと英ガーディアンが3日(現地時刻)報じた。パリンチャクによると女性たちの...
別窓で開く

露軍最精鋭・第331空挺連隊で戦死者続出、指揮官以下39名死亡…海外報道
ロシアの最精鋭部隊とされた第331親衛空挺連隊がウクライナ侵攻で大きな損失を被ったことが明らかになった。指揮官であるセルゲイ・スハレフ大佐が交戦中に死亡し、少なくとも39人の隊員が死亡したことが確認されたとBBCが報じた。...
別窓で開く


[ キエフ ] の関連キーワード

ウクライナ 北方領土 ナチス ロシア