本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



がん患者をカモにする「最低の治療」に注意せよ 専門医が教える「最高の治療」「最低の治療」(2)
 自身や身内が「がん」になったとなると、良い治療法を求め、情報を集めようとする、ネット検索をするのは人情というもの。 しかし、そこで「がんが消えた!」式のPRをしている民間クリニックには要注意だ、と警鐘を鳴らすのは長年がん治療に携わり、またがん関連の情報を積極的に発信し続けている医師の大場大さん(東...
別窓で開く

おかえり薫ちゃん! 『相棒』“亀山薫”時代の名エピソード5選
ドラマ『相棒 season21』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)が12日より放送開始となった。14年ぶりに杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)のコンビが復活するということで、放送前から大変注目されていたが、再会してすぐに“相棒”らしい阿吽(あうん)の呼吸で捜査に動き出す2人の姿に懐かしさで心が震え...
別窓で開く

梅原裕一郎、梶原岳人、花江夏樹のイケボが聴ける 胸キュン&爆笑『ロマンティック・キラー』特別映像解禁
10月27日から配信されるNetflixシリーズ『ロマンティック・キラー』より、胸キュン&爆笑の本編シーンを凝縮した特別映像が解禁された。 主人公は、恋愛に全く興味ナシ、大好きなゲーム、猫、チョコに囲まれた毎日を過ごす女子高生・星野杏子(声・高橋李依)。...
別窓で開く

東京“脱出組”の受け皿に、地方都市がなるための「3つの新条件」
 日本における衛星都市は、欧米などで発達した衛星都市(Satellite City)とは異なり、これまではベッドタウンに過ぎなかった。衛星都市の中に働き場が少なく、この街に住む多くの人々は、衛星都市の中にある鉄道駅を利用して、東京などの大都市に通勤するという生活スタイルを前提としてきたのがこれまでの...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

《辺野古ピース騒動で場外乱闘》ひろゆきがリツイートした“要注意右派インフルエンサー”の正体「投稿動画の裏では撮影する側の挑発行為がある」と地元保守派さえも批判
《座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?》 Twitterに書き込まれたこの一文に端を発した騒動が、延焼を続けている。 匿名掲示板「2ちゃんねる」の創始者で、テレビのコメンテーターなどとして活躍する「ひろゆき」こと西村博之氏が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への...
別窓で開く

まだまだ認知度が低いメタバース、Z世代の識者が語る普及のための3つのポイント
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「モニフラZ議会」では、政府も注目する“メタバース”の普及についてZ世代の論客が議論しました。◆自治体や教育現場でも普及するメタバースインターネット上の仮想空間で、アバターを使って活動する"メタ...
別窓で開く

連続殺人犯の父親が刑務所から送った手紙 奇妙な内容に驚きの声続出
海外ドラマなどでは、受刑者が密かに携帯電話を手に入れて外の世界と繋がるシーンがあるが、実際には刑務所での携帯電話の使用は禁止されている。しかしある女性が獄中にいる父親からSNSを見たことを示唆するような手紙を受け取り、世間を驚かせている。...
別窓で開く

『silent』胸クソドラマへ一直線…罪悪感ゼロで浮気「全然感動できない」
川口春奈 目黒蓮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 10月13日、川口春奈主演のドラマ『silent』(フジテレビ系)の第2話が放送された。浮気一直線な主人公の言動に、視聴者がモヤモヤしている。高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口)は、3年の時に彼と同じクラスになった。...
別窓で開く

彼が結婚したくなる! プロポーズを引き出す「彼女からの効果絶大なフレーズ」
SNSで「フォローすると恋が叶う、オンライン恋愛神社」と呼ばれるマジシャン出身の恋愛コラムニスト・浅田悠介さんの最新刊『ラブスペル 恋を叶える魔法のフレーズ111』から、恋愛トークのフレーズ&魔法の秘密を3回にわたって徹底解説します。...
別窓で開く


[ キラー ] の関連キーワード

silent 裕一郎 辺野古