本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『機動戦士ガンダム 水星の魔女』メインキャスト解禁 初の女性主人公のスレッタ役に市ノ瀬加那 Lynnも出演決定
声優の市ノ瀬加那が、サンライズが制作するアニメ『ガンダム』シリーズの新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の主人公、スレッタ・マーキュリーを演じることが14日、アニメ本編の前日譚「PROLOGUE」が初公開されるイベント『GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-』で...
別窓で開く

マチルダ、ララァ、ハマーン様…1位は誰だ!「ガンダムヒロイン」ベスト5
 シリーズの人気は、ヒロインの魅力が牽引する部分もじつに大きい! 発売中の「週刊文春エンタ」が独断と偏見に基づき、厳粛な議論の末に10名のヒロインを選び抜いた。ここではそのうちのトップ5人を抜粋して紹介する。...
別窓で開く

「自分の願望を投影している」“はち”が描くまんぷくかえるに温かみがある理由
こだわりを英語にするとSticking(スティッキング)。創作におけるスティッキングな部分を、新進気鋭のイラストレーターに聞いていく「イラストレーターのMy Sticking」。今回は、温かみのある“かえる”のイラストがSNSを中心に話題を集めている、まんぷくアートスタジオのはちさんに、創作のうえで...
別窓で開く

モビルスーツは戦闘用だけじゃない! 『機動戦士ガンダム』運搬や建築、改修作業に活用された「作業用ザク&ザクタンク」を解説
 今回紹介する、シュウ部屋chさん投稿の『【機動戦士ガンダム】 作業用ザク&ザクタンク 解説【ゆっくり解説】part47』という動画では、「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する作業用ザクとザクタンクについて解説を行っていきます。...
別窓で開く

いちばん身近な存在だからこそ、いったん確執が生じたらなかなか解決には至らない家族問題。厄介な家族のもとで育った人は、新たな家族をどうつくるのだろうか? 両親と兄から虐待経験があり、現在1児の父親であるお笑い芸人・若井おさむさんに話を聞いた。◆母にはマッチの火を当てられ…『機動戦士ガンダム』のアムロ・...
別窓で開く

「あれは生涯忘れない(笑)」『機動戦士ガンダム』の安彦良和が忘れない「ウルトラマン」の”トラウマ”
『機動戦士ガンダム』と『ウルトラマン』。昭和の成長期に誕生し、今なおアニメと特撮の大看板を張るシリーズの最新作が、令和4年の初夏に劇場公開された。それぞれの監督を手がけた安彦良和氏と樋口真嗣氏が、自身の作品に込めた思いのたけを語る!◆◆◆樋口 今日は、いちガンダムファンとして、いろいろ話をお聞きしよ...
別窓で開く

安彦良和が樋口真嗣に迫る「『シン・ウルトラマン』を見せたかった”本当”の相手」とは?
「あれは生涯忘れない(笑)」『機動戦士ガンダム』の安彦良和が忘れない「ウルトラマン」の”トラウマ” から続く『機動戦士ガンダム』と『ウルトラマン』。昭和の成長期に誕生し、今なおアニメと特撮の大看板を張るシリーズの最新作が、令和4年の初夏に劇場公開された。...
別窓で開く

世界初「ガンプラ入り」びっくらたまご登場 入浴剤が溶けるとminiガンプラ出現
 バンダイのマスコット入り入浴剤「びっくらたまご」シリーズの発売20周年を記念し、大人も子どもも楽しめる“ドラマチックお風呂シリーズ”がスタート。2022年7月11日発売の第一弾は、同じく20周年の「機動戦士ガンダムSEED」とコラボし、入浴剤を溶かすとガンプラ入りカプセルが出現するシリーズ初の仕様...
別窓で開く

新作ゲーム『ジョジョASB R』に汚名返上の期待…“伝説のクソゲー”リニューアルの行く末
新作ゲーム『ジョジョASB R』に汚名返上の期待…“伝説のクソゲー”リニューアルの行く末 (C)PIXTA7月1日、新作ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル R』の最新トレーラーが公開された。原作漫画のファンから大きな期待を寄せられている同作だが、約10年前から続く“クソゲー”の汚名を返...
別窓で開く

『ポケモンGO』制作会社が絶不調…ゲーム業界で「AR」が流行らないのはナゼ?
『ポケモンGO』制作会社が絶不調…ゲーム業界で「AR」が流行らないのはナゼ? (C)PIXTA大ヒットアプリ『ポケモンGO』を開発したアメリカのゲーム会社『Niantic』が、新たなヒット作を生み出せずに苦しんでいるようだ。その悲惨な現状には、ゲーム業界における拡張現実(AR)の人気低迷がありありと...
別窓で開く