本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



25mmの車高アップだけじゃない!日産「ノートクロスオーバー」は上質な内外装も魅力です
ベース車よりも大きなロードクリアランスを確保し、SUVのようなルックスをまとう「ノートAUTECH(オーテック)クロスオーバー」は、日産自動車の人気コンパクトカー「ノート」の派生モデルだ。コンパクトカーとSUVのクロスオーバーにより、適度な悪路走破性アップと実用性の向上を実現。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

選ぶ楽しさも広がった!最新型マツダ「CX-30」は走りの実力がさらにブラッシュアップ
2021年秋に、マツダ「CX-30」が“またも”商品改良を実施した。今回の改良のメインテーマは、ふたつの魅力的な特別仕様車の追加。とはいえマツダ車らしく、メカニカル面も進化も忘れてはいない。バリエーションの充実で選ぶ楽しさが広がり、さらに走りの実力もブラッシュアップされた最新型CX-30は、まさに今...
別窓で開く

車はどれだけ“重く”なったか 自動車税や高速料金見直しの焦点 軽で1トン超 重いEV
自動車税や高速道路料金の見直しが議論されるなか、道路に影響を及ぼす「車体重量」がその焦点のひとつになっています。この数十年で、クルマはかなり重くなりましたが、背景には何があるのでしょうか。道路には切実な影響を及ぼす「車体重量」 2021年10月22日、東京都の税制調査会が令和3年度の答申を発表しまし...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!広いキャビンと秀逸な走り味は小型SUVの新基準
正式発表前から、高い注目を集めていたトヨタの新しいSUV「カローラクロス」。前回は、主にポジショニングやライバルとの違い、海外向けとの作り分けなどについて紹介したが、後編となる今回は、気になる居住性や使い勝手、そして走りの印象についてレポートする。>>カローラクロスの立ち位置や海外仕様との違いはコチ...
別窓で開く

トヨタ「カローラクロス」はココがスゴい!日本仕様の装備や機能は海外向けより高レベル
トヨタの新しいSUV「カローラクロス」が、ついに日本でもリリースされた。ちょうどいいサイズ感と買い得感の高い価格設定などにより、早くも人気爆発中だ。今回は、人々の注目を集めるカローラクロスのポジショニング、技術、機能、そして気になる海外仕様との違いについて深掘りする。...
別窓で開く

爽快の謳い文句はウソじゃない!ホンダ「シビック」の走りは“タイプS”級の完成度
誕生50周年を迎える2022年を前に、ホンダ「シビック」がフルモデルチェンジで11代目へと進化した。ハイブリッド仕様や高性能モデル「タイプR」の登場は2022年となるため、現在、ラインナップされるのは1.5リッターターボ車のみ。...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる
「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する...
別窓で開く

「安いスポーツカー」が今こそ必要な理由 各社しのぎを削った時代は何が違った?
日本の自動車メーカーが、庶民でも手が届くレベルのスポーツカーを相次いで復活、あるいは新モデルを登場させています。かつては各メーカーがしのぎを削って開発したものですが、いまこそ必要なクルマ、といえそうです。セリカ、MR2、スープラ、シルビア…挙げればキリがないほど! 2021年8月18日、日産から次世...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】トヨタ「カローラクロス」がSUV界の序列を変える!
トヨタのSUVラインナップに、強力な1台が加わりそうだ。トヨタにとってのビッグネームである「カローラ」のネーミングを冠した「カローラクロス」がそれだ。今回は、すでに公開されている写真などから、アウトドアレジャーのアシにもマッチしそうな新型カローラクロスの魅力と実力を深掘りする。■カローラファミリーに...
別窓で開く


[ カローラ スバル ] の関連キーワード

シビック カローラ ヴォクシ トヨタ ホンダ
マツダ スバル