本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ホンダ「シビック」はココがスゴい!各部の徹底した熟成で走りの爽快感が劇的アップ
ホンダは先頃、新型「シビック」を発表。乗る人すべてが“爽快”になれるクルマを目指した11代目の登場だ。2021年9月の発売開始を前に、そのプロトタイプをテストコースでドライブする機会に恵まれた。果たして新型はどのような進化を遂げていたのか?■新型シビックのボディタイプはハッチバックのみ2020年のホ...
別窓で開く

70年代から現代まで!誰もがお世話になった教習車の変遷を振り返る
自分が教習所に通っていた頃の教習車、覚えていますか?教習車といえば運転席だけでなく助手席にも教官用のブレーキペダル、ドアミラー上(古くはフェンダーミラー上)に教官用のミラーが取り付けられているのはご存じの通り。...
別窓で開く

コンセプトは「爽快シビック」 その走りは? 新たな設計手法「ホンダアーキテクチャー」を導入
ホンダは11代目となる新型シビックのハッチバックモデルを2021年6月24日、世界で初公開した。すでにセダンは4月に米国で発表しているが、主力のハッチバックは今回が初めてとなる。日本国内ではセダンは発売せず、今回発表のハッチバックを今秋、発売する。シビックのフルモデルチェンジは、2017年7月発表の...
別窓で開く

走りはかなり上出来!VW新型「ゴルフ」は新しさと伝統が融合した意欲作だ
先頃、待望の日本上陸を果たしたVW(フォルクスワーゲン)の新型「ゴルフ」。8世代目となる新型はコックピット回りのデジタル化やパワートレーンの電動化、安全装備のさらなる進化といった“飛び道具”にばかり注目が集まるが、日々をともに過ごすベーシックカーだけに、やはり気になるのは走りの完成度や実用性だ。...
別窓で開く

新型も小型車のお手本?VW「ゴルフ」を読み解くカギはデジタル化と電動化
VW(フォルクスワーゲン)の主力モデルである「ゴルフ」。その最新モデルが待望の日本上陸を果たした。8世代目となる新型は、コックピット回りのデジタル化やパワートレーンの電動化、さらに安全装備のさらなる進化などが注目される意欲作。今回は、VWが強い意気込みを持って作り上げた新型ゴルフの概要をお伝えする。...
別窓で開く

「市民のクルマ」どうしてここまで変わった? 「シビック」の転換点 アメリカではどうか
ホンダ「シビック」の新型が発表されました。かつては初心者にとって手が届く「市民のクルマ」だったのが、その位置づけを大きく変化させたシビック。転換点は何だったのでしょうか。とはいえ、北米では旧来の立ち位置を保ったままです。長年にわたり「市民のクルマ」だったシビック ホンダが新型「シビック」を2021年...
別窓で開く

正式発表前に早くも出た!トヨタ「GR86」とスバル「BRZ」はイジって遊べるのも魅力
世のクルマ好きが今、最も注目しているモデルといえば、トヨタ「86」の後継車となる「GR86」とスバル「BRZ」だろう。前者は2021年秋、後者は同夏の正式発表が予定されており、早くもプロトタイプがお披露目されている。しかし驚くべきことに、正式発表前に公開されたのはノーマル仕様だけではなかった。...
別窓で開く

トヨタ コンパクトSUV「カローラクロス」を北米で発表
日本でも発売されるかも!?カローラの名を冠したコンパクトSUV トヨタは2021年6月2日(水)、新たなコンパクトSUV「カローラクロス」を、米国トヨタの公式WEBサイトで公開しました。 ベースはカローラセダンで、駆動方式はFWD(前輪駆動:FF)とAWD(総輪駆動:4WD)の両方が用意されます。...
別窓で開く

市販予定ナシ!それでもトヨタが“水素エンジン”車でレースに挑む理由☆岡崎五朗の眼
先頃開催されたとある24時間耐久レースに、トヨタが水素エンジンを搭載するレーシングカーを実戦投入。各方面から注目を集めています。水素のみを燃料とするマシンでレースを戦うのは世界初のチャレンジ。おまけに水素は、燃焼時に燃えるエンジンオイルを除くと二酸化炭素排出量がゼロというクリーン燃料ということで、カ...
別窓で開く

アルファード専用ゴミ箱 ジムニー専用ドリンク入れ… カー用品「車種専用」増えた理由
ドリンクホルダーやゴミ箱、トレイ類、サンバイザーに至るまで、特定の「車種専用」をうたうカー用品が増えています。汎用品ではないためユーザーが絞られますが、今後ますます「専用品」が主流になりそうです。...
別窓で開く