本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アルファードやヤリスの販売にどう響くのか。トヨタに降りかかるロシア軍のウクライナ侵攻やシステム障害の災難
最近メディアを騒がせている、ロシア軍によるウクライナ侵攻。海外での出来事ではあるものの、ロシアやウクライナで事業展開する日本企業も少なくなく、他人事ではありません。トヨタ自動車(7203)も、そのひとつです。今回はトヨタを取り上げ、同社に降りかかった「災難」について紹介します。...
別窓で開く

ミニカー「ホットウィール」に日本車6台セット登場 チューニングカー仕様 3月中旬発売
パッケージにも日の丸が!パッケージにも日本要素 アメリカの玩具メーカー・マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナルは2022年3月1日(火)、ミニカーの「ホットウィール」でチューニングカー仕立ての日本車6台を組み合わせたマルチパック「ホットウィール ジャパニーズ カーカルチャー マルチパック...
別窓で開く

【トヨタ・アルファード】流行のコンパクトカーやSUVよりも売れている?高級ミニバン大ヒットの理由とは
日本国内で売れている自動車と言えば、税金などの維持が安い軽自動車や、取り回しがよく、扱いやすいコンパクトカー、タフなイメージを連想させるデザインとセダンよりも使い勝手が良いSUVが主流です。しかし、軽自動車やコンパクトカー、SUVが売れている中でも例外と言っていいほど売れている高級ミニバンで有名なの...
別窓で開く

旧車とオイルの匂い……夢と憧れを詰め込んだ「男のドォルハウス」
 車やバイク愛好家の夢として語られるのが、旧車をガレージでレストアすること。もちろん、現実は多くのお金と手間暇がかかり、なかなか実現するのは難しいものです。 ガレージに入った旧車と使い込まれた工具、どこかから漂うオイルの匂い……子どもの頃に憧れた、車・バイク好きの夢を具現化したような「男のドォルハウ...
別窓で開く

1月の新車販売でN‐BOXが2カ月ぶりに首位奪還!......でも、ホンダが全然喜べないワケ
今年1月の新車販売総合ランキングで、ホンダの軽自動車「N‐BOX(エヌボックス)」が2カ月ぶりに首位に返り咲いた。しかし、ホンダは素直に喜べないという。どんな事情が? 自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が特濃解説する。■もはや薄利多売地獄——今年1月の新車登録台数が発表...
別窓で開く

親日家が多い台湾の自動車販売ランキングに、中国ネットの声は・・・
 中国の自動車市場で最も人気が高いのはドイツ車で、特にフォルクスワーゲンは販売台数でトップの座を維持してきた。では、台湾の自動車市場は中国大陸と違いがあるのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、台湾の自動車販売台数ランキングを紹介する動画を配信した。 配信者が紹介したのは、2020年のランキ...
別窓で開く

増殖する日産「ノート」のベストバイはどれ!?
日産のコンパクトカー「ノート」のバリエーションが増えている。ぶっちゃけ、どれがお買い得なのか? 自動車ジャーナリストの小沢コージ氏が自らの推しを大公開!!* * *■ノート オーラ ニスモのコスパがハンパない!まさに絶好調。昨年末に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しただけではない。...
別窓で開く

25mmの車高アップだけじゃない!日産「ノートクロスオーバー」は上質な内外装も魅力です
ベース車よりも大きなロードクリアランスを確保し、SUVのようなルックスをまとう「ノートAUTECH(オーテック)クロスオーバー」は、日産自動車の人気コンパクトカー「ノート」の派生モデルだ。コンパクトカーとSUVのクロスオーバーにより、適度な悪路走破性アップと実用性の向上を実現。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!高い利便性を低価格で実現した多彩な“からくり”
8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたトヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」。従来モデルはコスパの高さなどでヒットを記録したものの、安全装備を中心に、ライバルに対して見劣りする部分が少なからずあった。その点新型は、プラットフォームからパワートレーンまで大胆に刷新。...
別窓で開く