本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「私の最大のエンジン!」新型コロナから復帰したセルジオ・ペレスが家族で抱き合う写真を公開
スパ・フランコルシャンで開催のベルギーGPを皮切りに、モンツァでのイタリアGP、ムジェロでのトスカーナGPと、3週連続で行なわれる“高速”3連戦を直前に控えていたセルジオ・ペレス(BWT・レーシング・ポイント)が、「私の最大のエンジン! 3つの素晴らしいレースに行こう!!!」...
別窓で開く

トヨタ「ハリアー」に向く人、「RAV4」に向く人の見分け方☆岡崎五朗の眼
6月に発売した新型「ハリアー」が大ヒットを記録するなど、勢いに陰りが見えないトヨタのSUV戦略。その結果、同社は、ミッドサイズSUVにハリアーと「RAV4」というふたつの人気モデルを抱えることになりました。そこで今回は、モータージャーナリストの岡崎五朗さんに、2台の特徴・ポイント・美点などをチェック...
別窓で開く

クラウン東京無線タクシーに笹カラー西武バス 西部警察マシンXも トミーテック新製品
初詣再現セットも! トミーテックが2020年8月12日(水)、ミニカーの新製品について発表しました。「トミカリミテッドヴィンテージネオ」からは、トヨタ「クラウンコンフォート」「クラウンセダン」の東京無線タクシーが登場。緑と黒の2種で税別予価は各2900円です。 西武バス新座営業所所属のいすゞ「エルガ...
別窓で開く

3シリーズは不要?「2シリーズグランクーペ」はBMWらしい走りと高い実用性が魅力
BMWからちょうどいい大きさのコンパクトセダン「2シリーズグランクーペ」が登場。同社の定番モデルである「3シリーズ」のセダンよりも手頃なサイズのボディと、駆動方式の違いによる広い室内空間を併せ持つ実力派モデルだ。となると気になるのは、3シリーズとの関係性。今回はシリーズの頂点に立つ「M235i xD...
別窓で開く

「最高だったよ」フェデラーが話題の“屋上テニス”少女たちへサプライズ訪問。屋上でともにプレーを楽しむ
突然だが、ビットリアとカローラというイタリアの少女をご存じだろうか?2人は今年4月に、向かい合うマンションの屋上で『屋上テニス』をプレーする動画をネットにアップし、新型コロナ禍での“新しいテニス”として多くのメディアに取り上げられた。 これにより一躍有名人となった2人だが、話...
別窓で開く

トヨタ「ハリアー」はココがスゴい!静かで快適な乗り味は高級車と呼ぶにふさわしい
前回、内外装デザインや室内&荷室のユーティリティについてレポートしたトヨタの新型「ハリアー」。今回は気になる走りについて分析する。発売からわずか1カ月ほどで、約4万5000台ものオーダーを記録した人気SUVの実力とは?>>新型ハリアーのデザイン&ユーティリティについて知りたい方はコチラから■新型ハリ...
別窓で開く

「マツダ3」のファストバックに向く人、セダンに向く人の見分け方☆岡崎五朗の眼
2019年5月の国内販売スタートから早1年。マツダの“新世代商品群”第1弾となった「マツダ3」の姿を街中で見掛ける機会が増えてきました。そんな同車には、個性的なルックスの5ドアハッチバックと、オーソドックスなセダンという、ふたつの個性が存在します。...
別窓で開く

新型ルノー・クリオ、新世代HV燃費23.2km/L、トヨタ・HV36.0km/Lに勝てるか?
 ルノー・メガーヌに採用されている「E-TECH plug-in」とは違い、新型ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)に搭載されているのはPHEVでなくHVのようだ。これはルノーが独自に開発したHVシステム「E-TECH」と呼ばれ、1.6 L直列4気筒ガソリンエンジンに2つの電気モーター、マルチモード...
別窓で開く

やはり日本人は日本車に乗っていた! だけど想像と違ったのは・・・=中国報道
 日系車の人気が高い中国では、2019年における年間販売台数のうち日系車が約2割を占めた。新車販売台数上位10モデルにも、日系車はトヨタ・カローラとニッサン・ブルーバードシルフィ、ホンダ・シビックの3車種が入っていたほどだ。そのためか、日本の自動車市場における日本車の人気はどうなのか、中国人としては...
別窓で開く

オシャレで使えるメルセデス「CLAシューティングブレーク」はワゴンの新理想形
SUV人気の世界的な高まりなどで、以前と比べると人気に陰りが見えるステーションワゴン。そんな状況に一矢報いるべく、新たなワゴンの魅力を創造したのが、メルセデス・ベンツの「CLAシューティングブレーク」だ。...
別窓で開く