本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



理由が知りたい! 日本車が世界中で「売れまくるワケ」=中国
 2019年に世界で最も販売された自動車の車種はトヨタ・カローラで、148万2932台販売されたという。上位20位を見ても、半数以上を日本車が占めており、日本車の人気がうかがえる。中国メディアの百家号は14日、「日本車が世界中で売れまくるのはなぜか」と題する記事を掲載した。 記事はまず、日本の自動車...
別窓で開く

日本人は、どうやって日本車を世界に売ってきたのか=中国メディア 
 中国のポータルサイト・百度に14日、「日本人はどうやって世界中に自動車を売り込んできたのか」と題し、日本の自動車メーカーが世界市場を獲得することに成功した秘訣について考察する記事が掲載された。 記事は、中国ではどの都市に行っても日本車が多くの割合を占めており、上海では100台中48台が日本車だった...
別窓で開く

新車商談もコロナ対策!元ディーラー営業マンが教える「時短&お得な買い方5つのコツ」
未だに収束が見えてこない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。感染を防ぐために人との接触を極力避け続けている、という方も少なくないでしょう。とはいえ、買い物をしなければならないときもありますよね。特に車を買うときは高額な買い物ということもあり、商談の時間が長くなりがち。感染対策をしつつ短時間...
別窓で開く

今こそ“買い”のSUV!スポーティモデル&注目の新モデル8選
【特集】今こそ“買い”のSUV!今や、新車を購入しようと考える人の35%が、次期愛車候補にリストアップしているSUV。以前から、走破性の高さや使い勝手の良さなどで人気を得てきたSUVだが、最新モデルは、高級車顔負けのプレミアムタイプ、街乗りに便利なコンパクトタイプ、大勢で移動できる3列シートタイプ、...
別窓で開く

2代目はコンパクトSUVの正統!アウディ「Q3」はオールマイティに使える実力派
アウディのコンパクトクロスオーバーSUV「Q3」が、先頃フルモデルチェンジ。カジュアルな印象が強かった初代に対し、グッと大きく立派になった。果たして新型は、群雄割拠の状況が続く同カテゴリーで存在感を発揮できるのか? 気になるデザインと使い勝手、そして走りの実力を検証する。...
別窓で開く

もう一度乗りたい!初の愛車 ホンダ「CR-X」で学んだ気持ちいい乗り味の極意
先進技術を搭載した新型車が続々と誕生する一方、ここへきて1980年代後半から’90年代にかけて発売された中古車の人気も高まっています。本企画では、そんな人気のヤングタイマーの中から、モータージャーナリストの岡崎五朗さんがもう一度乗りたい、記憶の残る旧車の魅力を解き明かしていきます。...
別窓で開く

ワゴンは斜陽か? 実は売れてる現存モデルに新型レヴォーグも登場 実際何がイイのか
スバルの新型「レヴォーグ」登場を前に、ステーションワゴンが再び見直されています。SUVに押されすっかり地味な存在になっていますが、現存モデルはどれも、しっかり売れています。ワゴンの良いところ、悪いところを振り返ります。90年代の華だったステーションワゴンのいま 2020年秋に発売開始が予定されている...
別窓で開く

「私の最大のエンジン!」新型コロナから復帰したセルジオ・ペレスが家族で抱き合う写真を公開
スパ・フランコルシャンで開催のベルギーGPを皮切りに、モンツァでのイタリアGP、ムジェロでのトスカーナGPと、3週連続で行なわれる“高速”3連戦を直前に控えていたセルジオ・ペレス(BWT・レーシング・ポイント)が、「私の最大のエンジン! 3つの素晴らしいレースに行こう!!!」...
別窓で開く

トヨタ「ハリアー」に向く人、「RAV4」に向く人の見分け方☆岡崎五朗の眼
6月に発売した新型「ハリアー」が大ヒットを記録するなど、勢いに陰りが見えないトヨタのSUV戦略。その結果、同社は、ミッドサイズSUVにハリアーと「RAV4」というふたつの人気モデルを抱えることになりました。そこで今回は、モータージャーナリストの岡崎五朗さんに、2台の特徴・ポイント・美点などをチェック...
別窓で開く

クラウン東京無線タクシーに笹カラー西武バス 西部警察マシンXも トミーテック新製品
初詣再現セットも! トミーテックが2020年8月12日(水)、ミニカーの新製品について発表しました。「トミカリミテッドヴィンテージネオ」からは、トヨタ「クラウンコンフォート」「クラウンセダン」の東京無線タクシーが登場。緑と黒の2種で税別予価は各2900円です。 西武バス新座営業所所属のいすゞ「エルガ...
別窓で開く