本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタの旧車で走行するイベントを目撃! 「ああ、欧州でも日本車は愛されていた」=中国
 中国の自動車市場で人気の高い日系車だが、自動車産業の古い歴史を有する欧州市場で、日本車はどれだけ人気なのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、欧州における日本車の人気の度合いについて紹介する記事を掲載した。 動画の撮影者は、中国人のなかには「何があっても絶対に日本車は買わない」という人もい...
別窓で開く

日本人は国産車が好きなんだなぁ「優れたメーカーばかりだもの、それも当然か」=中国
 2020年上半期の新車販売台数ランキング(乗用車・小型車編)によると、1位はトヨタ・ライズ、2位はトヨタ・カローラ、3位以降はホンダ・フィット、トヨタ・ヤリス、ニッサン・ノートと続いた。中国メディアの快資訊は29日、このランキングから日本の自動車市場を分析する記事を掲載した。 記事はまず、日本人は...
別窓で開く

10mmの車高アップが走破力に効いてる!トヨタの変化を象徴する特別な「RAV4」
2019年春、3年ぶりに日本市場に復活するや、瞬く間に人気SUVとなったトヨタ「RAV4」。発売から1年半が経過した先日、タフなイメージを強めた特別仕様車が追加された。車高をアップさせる専用サスペンションやオフロード向けタイヤを履いたこのスペシャルなRAV4は、果たしてどんな魅力を備えているのだろう...
別窓で開く

台湾で日系車が多いのは当然だ! 台湾は日本を何より愛しているのだから=中国ネット
 2019年の中国自動車市場における日系車の販売シェアは21.3%だった。販売された自動車の5台に1台は日系車だったことになり、確かに中国の街中で日系車を見かける機会はかなり多い。では、台湾の自動車市場ではどうなのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、台湾で多く見かける自動車について、実際に...
別窓で開く

理由が知りたい! 日本車が世界中で「売れまくるワケ」=中国
 2019年に世界で最も販売された自動車の車種はトヨタ・カローラで、148万2932台販売されたという。上位20位を見ても、半数以上を日本車が占めており、日本車の人気がうかがえる。中国メディアの百家号は14日、「日本車が世界中で売れまくるのはなぜか」と題する記事を掲載した。 記事はまず、日本の自動車...
別窓で開く

日本人は、どうやって日本車を世界に売ってきたのか=中国メディア 
 中国のポータルサイト・百度に14日、「日本人はどうやって世界中に自動車を売り込んできたのか」と題し、日本の自動車メーカーが世界市場を獲得することに成功した秘訣について考察する記事が掲載された。 記事は、中国ではどの都市に行っても日本車が多くの割合を占めており、上海では100台中48台が日本車だった...
別窓で開く

新車商談もコロナ対策!元ディーラー営業マンが教える「時短&お得な買い方5つのコツ」
未だに収束が見えてこない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。感染を防ぐために人との接触を極力避け続けている、という方も少なくないでしょう。とはいえ、買い物をしなければならないときもありますよね。特に車を買うときは高額な買い物ということもあり、商談の時間が長くなりがち。感染対策をしつつ短時間...
別窓で開く

今こそ“買い”のSUV!スポーティモデル&注目の新モデル8選
【特集】今こそ“買い”のSUV!今や、新車を購入しようと考える人の35%が、次期愛車候補にリストアップしているSUV。以前から、走破性の高さや使い勝手の良さなどで人気を得てきたSUVだが、最新モデルは、高級車顔負けのプレミアムタイプ、街乗りに便利なコンパクトタイプ、大勢で移動できる3列シートタイプ、...
別窓で開く

2代目はコンパクトSUVの正統!アウディ「Q3」はオールマイティに使える実力派
アウディのコンパクトクロスオーバーSUV「Q3」が、先頃フルモデルチェンジ。カジュアルな印象が強かった初代に対し、グッと大きく立派になった。果たして新型は、群雄割拠の状況が続く同カテゴリーで存在感を発揮できるのか? 気になるデザインと使い勝手、そして走りの実力を検証する。...
別窓で開く

もう一度乗りたい!初の愛車 ホンダ「CR-X」で学んだ気持ちいい乗り味の極意
先進技術を搭載した新型車が続々と誕生する一方、ここへきて1980年代後半から’90年代にかけて発売された中古車の人気も高まっています。本企画では、そんな人気のヤングタイマーの中から、モータージャーナリストの岡崎五朗さんがもう一度乗りたい、記憶の残る旧車の魅力を解き明かしていきます。...
別窓で開く


[ カローラ ] の関連キーワード

ホンダ トヨタ