本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アルゼンチンの“ファンタジスタ”、カンパッソが来季NBAに挑戦か。ネックは現所属レアルとの契約問題?
2000年代に入り、NBAでは多くのアルゼンチン人選手が活躍してきた。 サンアントニオ・スパーズで4度チャンピオンリングを勝ち取ったマヌ・ジノビリを筆頭に、アンドレス・ノシオーニ(元シカゴ・ブルズほか)やカルロス・デルフィーノ(元ミルウォーキー・バックスほか)、ルイス・スコラ(ヒューストン・ロケッツ...
別窓で開く

過去20年の“ユーロバスケット・ドリームチーム”と“各国ベスト5”を発表!ノビツキーやガソル、ドンチッチ、さらには懐かしの名選手も
FIBAが、2000〜20年の20年間で最も活躍したヨーロッパ人選手を選ぶ“ユーロバスケット・ドリームチーム”を発表した。 これはファンからの投票により選出されたもので、FIBA主催のユーロバスケット(欧州選手権)での活躍をベースに、まずはユーロバスケット常連の15か国と、そ...
別窓で開く

久保建英が加入したビジャレアルってどんなチーム? 人口5万人の街から欧州の4強に進んだ“奇跡のクラブ”
 現地時間8月10日、日本代表MF久保建英のビジャレアルへの1年のレンタル移籍が正式に決定した。 レアル・マドリーから武者修行に出たマジョルカで鮮烈なラ・リーガデビューを飾った19歳は、1部残留が目標のチームから、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権確保(4位以内)を目指すチームへ、ステップアップを...
別窓で開く

メッシは2位…今季のラ・リーガで最も多くの決勝ゴールを挙げたのは誰?
 19日に行われた最終節をもって、2019−20シーズンのリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)が終了した。得点王を獲得したのは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。25ゴールをマークし、4年連続7回目となる“ピチーチ賞”に輝いた。 やはりメッシの牙城を崩す選手は現れなかったが、チームを...
別窓で開く

今日は6月6日! 世界で最も市場価値の高い背番号「6」&「66」は?
 今日は6月6日。そこで今回は、サッカー界で背番号「6」、及び「66」をつける選手のうち、移籍情報サイト『transfermarkt』が算出する市場価値の最も高い選手トップ10を紹介する。...
別窓で開く

「波乱万丈」、「大出世」…困難を乗り越え夢をかなえた選手たち
 新型コロナウイルスの感染拡大は一体いつ収まるのか——。日本でも先行き不透明な状況が続いており、不安を感じている人も多いだろう。 先の見えない戦いに挑むことは大きな困難を伴う。しかしそれを乗り越え、成功をつかみ取ることは決して不可能ではない。サッカー界にも、数々の逆境に立たされながら、不断の努力によ...
別窓で開く


[ カルロス ヨーロッパ フランス ] の関連キーワード

ファンタジスタ アルゼンチン

<前へ123次へ>