本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



久保建英が加入したビジャレアルってどんなチーム? 人口5万人の街から欧州の4強に進んだ“奇跡のクラブ”
 現地時間8月10日、日本代表MF久保建英のビジャレアルへの1年のレンタル移籍が正式に決定した。 レアル・マドリーから武者修行に出たマジョルカで鮮烈なラ・リーガデビューを飾った19歳は、1部残留が目標のチームから、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権確保(4位以内)を目指すチームへ、ステップアップを...
別窓で開く

FA杯優勝のアーセナル、来季に向けて積極補強…D・カルロスに獲得に興味
 アーセナルはセビージャに所属するブラジル代表DFジエゴ・カルロスの獲得に関心を示している。3日にイギリス紙『テレグラフ』が報じた。 同クラブは1日に行われたFAカップ決勝でチェルシーを相手に2−1で勝利。ヨーロッパリーグ(EL)出場権も同時に獲得したアーセナルは、来シーズンさらなる高みを目指すため...
別窓で開く

このスペインの国旗、どこが「まちがい」かわかりますか?
− 親子でチャレンジ、国旗のまちがいさがし − 国旗には、その国の歴史や文化が表れています。ただ、それぞれの旗のデザインが何を表しているのか、どうしていまのデザインになったのか、あるいは国そのものがどんな経緯をたどって成立したのかをご存じの方は、それほど多くないのではないでしょうか。...
別窓で開く

久保建英がUEFA選定のラ・リーガ「ブレイク11」に堂々選出!中盤はマドリー保有選手が独占
 降格チームからの選出は異例と言えるだろう。 7月21日、欧州サッカー連盟(UEFA)は今シーズンのラ・リーガで「発見された11人」を選出した。いわば「ブレイクイレブン」だ。 その11人に、堂々名を連ねたのが、“日本の至宝”久保建英だ。レアル・マドリーからマジョルカへの武者修...
別窓で開く

メッシは2位…今季のラ・リーガで最も多くの決勝ゴールを挙げたのは誰?
 19日に行われた最終節をもって、2019−20シーズンのリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)が終了した。得点王を獲得したのは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。25ゴールをマークし、4年連続7回目となる“ピチーチ賞”に輝いた。 やはりメッシの牙城を崩す選手は現れなかったが、チームを...
別窓で開く

昇格組グラナダが快挙!…最終節に大逆転でクラブ史上初のEL出場権を掴む
 19日、リーガ・エスパニョーラ最終節が行われ、グラナダとアスレティック・ビルバオが対戦した。 試合は前半29分、ビルバオのミスパスを相手ゴール前正面で拾ったFWロベルト・ソルダードが鮮やかなチップキックでGKを出し抜き、ホームのグラナダが先制に成功する。...
別窓で開く

マジョルカの1年での2部降格が決定!久保建英が奮闘も救世主になれず…
 現地時間7月16日に開催されたラ・リーガ第37節で、久保建英が所属する19位のマジョルカが、ヨーロッパリーグ出場権争いに食い込んでいる10位のグラナダとホームで対戦した。 勝っても他会場の結果によって降格が決定する可能性があるこの試合で、久保は右サイドハーフで13試合連続の先発出場を飾った。...
別窓で開く

自称“ギリシャのマッグレディ”バシリス・スパヌーリス。欧州トップ選手がNBAで味わった挫折と苦悩とは
世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。しかし、その中には己の実力を発揮しきれず、数年でアメリカを後にしたプレーヤーも少なくない。NBAに挑み、再び欧州の舞台へ舞い戻った挑戦者...
別窓で開く

「NBAで活躍することがすべてではない」欧州最高のシューター、“ラ・ボンバ”が1年でNBAを去った理由
世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。しかし、その中には己の実力を発揮しきれず、数年でアメリカを後にしたプレーヤーも少なくない。NBAに挑み、再び欧州の舞台へ舞い戻った挑戦者...
別窓で開く

今日は6月6日! 世界で最も市場価値の高い背番号「6」&「66」は?
 今日は6月6日。そこで今回は、サッカー界で背番号「6」、及び「66」をつける選手のうち、移籍情報サイト『transfermarkt』が算出する市場価値の最も高い選手トップ10を紹介する。...
別窓で開く


[ カルロス ヨーロッパ ] の関連キーワード

カルロス ギリシャ スペイン ボンバ