本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



18歳アルカラスが大会史上最年少でマイアミ・オープン決勝進出!「子どものころから夢みてきたこと」が遂に実現<SMASH>
大詰めを迎えている男子テニスツアー「マイアミ・オープン」(3月23日〜4月3日/アメリカ・マイアミ/ハードコート/ATP1000)は、現地4月1日にシングルス準決勝を実施。第14シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク16位)が前回大会覇者で第8シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同...
別窓で開く

いずれは日本の高校生も対象に? MLBが構想する「インターナショナル・ドラフト」の“理想と現実”<SLUGGER>
予定より1週間遅れで日本時間4月8日、MLBは開幕を迎える。昨年オフからの労使交渉の長期的な泥沼化を避けられたのは何よりだが、ある重要なテーマが7月25日までの「継続審議」となった。インターナショナル・ドラフトだ。 現状、アメリカ、カナダ、プエルトリコに居住して「ルール・フォー・ドラフト」、いわゆる...
別窓で開く

次期王者候補、18歳のアルカラスがチチパスに連勝!「鍵になった」のは相手のフォアを封じる頭脳的な戦術<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「マイアミ・オープン」(3月23日〜4月3日/アメリカ・マイアミ/ハードコート/ATP1000)は現地3月29日にシングルス4回戦を実施。第14シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク16位)が第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/5位)を7−5、6−3...
別窓で開く

W杯出場を逃したエジプト代表…ケイロス監督が辞任を表明「夢は終わった」
エジプト代表を率いるカルロス・ケイロス監督が、辞任する意向を表明した。 FIFAワールドカップカタール2022アフリカ最終予選が29日に行われ、エジプトはセネガル代表と対戦。第1戦は0−1で敗れていたものの、第2戦は1−0で勝利し、2戦合計1−1となり、試合は延長戦に突入した。...
別窓で開く

ペルー、“三つ巴の戦い”を制して大陸間PO進出! コロンビア、チリは予選敗退/W杯南米予選
FIFAワールドカップカタール2022・南米予選が29日に各地で行われた。 南米予選もいよいよ最終節。すでにブラジル代表、アルゼンチン代表、エクアドル代表、ウルグアイ代表が本大会出場を決めたなかで、アジア勢との大陸間プレーオフに臨む5位争いはペルー代表、コロンビア代表、チリ代表の“三つ巴の戦い”とな...
別窓で開く

「いい選手だが、腹立たしい」ルーニーが“因縁”のC・ロナウドとのやり取りを回想!テベスとの会話は「最大の失望」とも
 イングランド代表(53得点)とマンチェスター・ユナイテッド(253得点)で、歴代最多ゴール数を誇るウェイン・ルーニー氏が、英紙『The Sun』のインタビューに対応。ユナイテッド時代のチームメイトについて語った。 名将アレックス・ファーガソンのもと、長年に渡り活躍し、数々のタイトルをもたらしたルー...
別窓で開く

「ノーヒットノーランのお祝いしてくれて…」ビッグボス新庄と六本木の夜
大学までプロから見向きもされず、野球の道を諦める寸前まで行ったが、社会人でサイドスローに転向し、プロ野球の世界へと進んだ川尻哲郎さん。1年目から8勝をあげ、1998年にはノーヒットノーランを記録。そしてこの年、川尻はもうひとつファンに鮮烈な印象を残す。...
別窓で開く

「史上最低レベルに転落」EURO王者イタリア代表の2大会連続W杯予選敗退に、国内メディアは「災害」「衰退」「壊滅的」
現地時間3月24日、カタール・ワールドカップ欧州予選のプレーオフ準決勝が行なわれ、イタリア代表はパレルモのスタディオ・レンツォ・バルベーラで北マケドニアと対戦して0-1で敗北。前回ロシア大会に続いてW杯出場を逃した。...
別窓で開く

「“あれいいのかな?”って話はしてたんですよ、でも…」バッティングセンター離れを救った伝説のゲーム「ストラックアウト」の誕生秘話
「あんまり目立つ子じゃなかったですねえ。お兄さんの方が目立っていた」大谷翔平も通った“国宝級の輝きを放つ”バッティングセンターの歴史 から続く 日本の“原風景”のごとく、ビルの屋上や国道沿いに存在している「バッティングセンター」。しかし、バッティングセンターがなぜ作られて、どのように日本で広まっ...
別窓で開く

「あんまり目立つ子じゃなかったですねえ。お兄さんの方が目立っていた」大谷翔平も通った“国宝級の輝きを放つ”バッティングセンターの歴史
 日本の“原風景”のごとく、ビルの屋上や国道沿いに存在している「バッティングセンター」。しかし、バッティングセンターがなぜ作られて、どのように日本で広まったのかを知っている人は、どれほどいるだろう。 ここでは、著者のカルロス矢吹氏がバッティングセンターを訪ね歩き、そのオーナーの生き様やバッティングセ...
別窓で開く