本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く

「まさか日本が危険なプレーを連発するとは」元鹿島指揮官ザーゴは森保ジャパンのブラジル戦をどう見た?「最も印象に残った選手が…」
 日本代表は6月6日に国立競技場で行なわれたキリンチャレンジカップ2022で、FIFAランク1位のブラジル代表と対戦。再三ピンチを作られながらもよく耐えていたが、77分にネイマールにPKを決められ、0-1で敗れた。 この一戦の日本の戦いぶりを、ブラジル側ではどう見ているのか。...
別窓で開く

「これだけ世に出てないと、忘れられるんじゃないかな」デビュー40年…腹話術師・いっこく堂(59)が語る“現在地”
「いっこく堂って今何してるのかなと思って調べたら一人でリモート会議やってた。」 2022年1月下旬、漫画家・おおひなたごう氏がそんな言葉と共にTwitterにあげた動画には、腹話術人形の“師匠”と“カルロス”を相手にした一人三役の「 リモート会議 」をするいっこく堂氏(59)の姿が。...
別窓で開く

「腹話術を『教えたくない』という気持ちがありました」いっこく堂(59)が明かす「弟子入り」を断り続けるワケ
「これだけ世に出てないと、忘れられるんじゃないかな」デビュー40年…腹話術師・いっこく堂(59)が語る“現在地” から続く「いっこく堂って今何してるのかなと思って調べたら一人でリモート会議やってた。」 2022年1月下旬、漫画家おおひなたごう氏がそんな言葉と共にTwitterにあげた動画には、人...
別窓で開く

戸田和幸「最初は強く断った」ボランチ転向。赤髪モヒカン姿で日韓W杯へ挑んだ理由
日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画「日本サッカーの過去・現在、そして未来」私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第17回「運」をつかんだ男が躍動した熱狂の日韓W杯〜戸田和幸(1) 2002年日韓W杯でボランチとして全4試合にフル出場。日本のグループリーグ突破に貢献し、高い評価を受けた戸田...
別窓で開く

ナポリ、バレンシア一筋のC・ソレールに関心か…来季CLに向けて戦力アップを目指す
ナポリが、バレンシアに所属するスペイン代表MFカルロス・ソレールに関心を示しているようだ。5日、スペイン紙『マルカ』が報じている。 現在25歳のC・ソレールはバレンシアの下部組織出身で2016年12月にトップチームデビューすると、着実に経験を積み、チームの顔となる選手に成長した。今シーズンは公式戦3...
別窓で開く

ロベカルの「物理に逆らった」伝説のFK弾に伯メディアが科学的に再注目! 本人は「あれほどカーブするとは」と回想
1997年6月3日、翌年に控えたフランス・ワールドカップのプレ大会である「トゥルノワ・ド・フランス」が、フランス代表、ブラジル代表、イングランド代表、イタリア代表による総当たり方式で開催された。歴史に残るスーパーゴールが誕生したのは、開幕戦となった開催国と世界王者の一戦だった。...
別窓で開く

井上尚弥(WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン)6.7ドネア戦直前! 独占インタビュー「一方的に、何もさせないで終わらせる」
「ドラマ・イン・サイタマ」と世界から称された伝説の死闘から2年7ヵ月、井上尚弥(いのうえ・なおや)が再びノニト・ドネアと拳を交える。6月7日、舞台は前回と同じ、さいたまスーパーアリーナ。だが今回は、「ドラマにはならない」と"モンスター"は断言。ドネアからWBC王座を奪取すれば、日本人初の「3団体王座...
別窓で開く

ネイマールか、ヴィニシウスか——セレソンエースをめぐる論争に母国メディアは「選択する必要はない」と新旧スターの“共闘”を提言!
6月6日に国立競技場で日本代表と対戦するブラジル代表。4日前には韓国代表に5-1の大勝を飾り、改めてサッカー王国の強さを知らしめた。 抜群の攻撃力を誇る「セレソン」の中心は背番号10ネイマールだが、今季はパリ・サンジェルマンで多くの時間を怪我の治療とリハビリに充てることを余儀なくされた。...
別窓で開く

敗れた仙台が2位に後退、新潟と横浜FCはドロー…3者が勝ち点「39」で並ぶ/J2第20節
明治安田生命J2リーグ第20節が4日と5日に行われた。 首位のベガルタ仙台は、敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦。48分にゴール前のこぼれ球をブワニカ啓太に押し込まれると、50分にはDFラインの背後を取られて見木友哉の追加点を許し、0−2の敗戦で6試合ぶりの黒星となった。一方、千葉はリーグ戦3連勝と...
別窓で開く