本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平、積極打ちでメッツ好投手カラスコを攻略! 160キロ超えの弾丸二塁打で先制点を呼び込む
好投手からの鋭い当たりで待望の先制点を呼び込んだ。 現地時間6月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回に巡ってきた第1打席でタイムリーツーベースを放ち、クリーンナップ起用に応えた。 積極的に打ちにいった成果が出た。...
別窓で開く

「今後もドラゴンズの石森大誠を応援し続けます」火の国サラマンダーズから届いた1通の手紙
「熊本の独立リーグ、火の国サラマンダーズに、石森大誠っていう良い左ピッチャーいるらしいですよ」「へえ、ドラゴンズに来るといいですね」 こんな会話をしていたのがちょうど1年前。石森の名前を出したのは筆者カルロス矢吹、受ける相手は文春野球にも執筆されている加賀一輝さんだった。ドラゴンズファン同士、僕らは...
別窓で開く

ガットゥーゾ新監督、バレンシアの復権へ意欲「負け組になりかけの選手と働きたい」
バレンシアの新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が、新天地での挑戦を前にコメントした。9日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 2021−22シーズンのバレンシアはラ・リーガを9位で終え、コパ・デル・レイ(国王杯)では惜しくも準優勝。来季の欧州カップ戦出場権を獲得できず、昨年夏からチームを率...
別窓で開く

サラビア弾を死守したスペイン、今大会初勝利を飾る…スイスは開幕3連敗
UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節が9日に行われ、スイス代表とスペイン代表が対戦した。 開幕からの2戦はいずれも引き分けているスペイン。そのスペインは13分、素早い切り替えから敵陣でボールを奪うと、マルコス・ジョレンテの折り返しにパブロ・サラビアが合わせてゴールを揺らし...
別窓で開く

パッキャオのような軽量級のスターに。京口紘人は完全アウェーのメキシコに乗り込んで「圧倒して勝つ」
 井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を衝撃のKO劇で沈めた余韻が残るなか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が"完全アウェー"での危険な防衛戦へ——。 2018年の大みそかに25歳で2階級制覇を果たし、プロデビュー以来15戦全勝(10KO)と快進撃を続ける京口が、...
別窓で開く

「逮捕後の文通では保釈金の支援を求めてきたり…」裁判傍聴と逃亡同行者の証言が明かす“脱走犯”のリアル
 裁判傍聴をはじめとする犯罪取材で活躍中の高橋ユキ氏は、今月、 『逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白』 (小学館新書)を上梓した。国外逃亡したカルロス・ゴーンや、「ゴールデンカムイ」の白石由竹のモデルになった脱獄王など、様々な逃亡者について記したものだ。...
別窓で開く

「スマホを持たない自転車乗り。だから追跡できない」48日間逃げた富田林署脱走犯(30)が、地元の人に“好青年の旅人”と思われたワケ
「逮捕後の文通では保釈金の支援を求めてきたり…」裁判傍聴と逃亡同行者の証言が明かす“脱走犯”のリアル から続く 裁判傍聴をはじめとする犯罪取材で活躍中の高橋ユキ氏は、今月、 『逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白』 (小学館新書)を上梓した。国外逃亡したカルロス・ゴーンや、「ゴールデンカムイ」の白石由...
別窓で開く

【F1】チーム内対決でも大躍進の角田裕毅、戦績は昨季1対19から今季7戦で3対3! 専門メディアは「最も改善されたドライバー」
2022年のF1は7戦を終え、徐々にドライバー間の勢力構図も見えてきており、今後に向けて興味は増していく一方である。 そして、大きな関心のひとつとして、チーム内でのドライバーの対決というものもあるが、オランダのF1専門メディア『RN365』は全チームの現時点での対決結果に注目。...
別窓で開く

日産自動車が営業利益3期ぶりに黒字化 不安視された内田社長への評価にも変化
【企業深層研究】日産自動車(上) 日産自動車が復活しつつある。2021年度の営業利益が2473億円と3期ぶりに黒字に転じ、最終利益も2155億円の黒字となり、2期ぶりに復配することになった。 期初の計画では売上高が9兆1000億円で、営業利益がゼロ、最終損益が600億円の赤字だったが、売上高は675...
別窓で開く

韓国メディアが日本経済の危機を報道「全てにおいて後進国」=韓国ネット「他人事じゃない」
2022年6月7日、韓国メディア・韓国経済は「“われわれはもう後進国”日本のため息」と題する記事を掲載した。記事は日本経済について「1人当たり国内総生産(GDP)が約10年で急減した」とし、「12年には4万9175ドル(約650万円)(世界14位)まで増えていたが、21年には3万9340ドルで世界2...
別窓で開く