本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



久保建英、菅原由勢ら選出! 伊紙が「ゴールデンボーイ賞」候補の100名発表
 イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補100名を発表。投票の受付を開始した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグ...
別窓で開く

薬物によりドラフトの2日後に死去…。80年代アメリカの暗部を反映した“波乱万丈”の年【NBAドラフト史:1986年】
初代ドリームチーマーをはじめ、多くの名選手が誕生した1980年代のNBAドラフト。そんななかにあって、異質なのが1986年だ。MVP受賞者は皆無。しかも、ドラフトからわずか2日後に急死したレン・バイアスをはじめ、80年代のスポーツ界に蔓延していた“薬物”によって、身を持ち崩し...
別窓で開く

ウォリアーズの「歴代ベスト5」を選定!NBAに革命を起こした2人に加え、“裏切り者”の名前も
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く

「どんな相手でも倒せると感じた」ティム・ハーダウェイが、“ランTMC”時代を回想
アキーム・オラジュワンの“ドリームシェイク”、カリーム・アブドゥル・ジャバーの“スカイフック”、トニー・パーカーの“ティアドロップ”、マヌ・ジノビリの“ユーロステップ”——。NBAの長い歴史の中では、語り...
別窓で開く

“72勝ブルズ”と“プレーオフ最強ウォリアーズ”が7戦シリーズで対決したら?クリス・マリンの予想は「爆発的なオフェンス力で……」
1997−98シーズンのシカゴ・ブルズを追跡したドキュメンタリー、『ザ・ラストダンス』が大きな注目を集めている。彼らは1990年代に2度の3連覇を達成したことで、NBA史上有数の王朝を構築した。 名将フィル・ジャクソン・ヘッドコーチ(HC)の下、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロ...
別窓で開く


<前へ12次へ>