本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自分を誇りに思う」リラードが通算得点で球団1位に浮上!最終目標は「ブレイザーズのすべてで首位に」<DUNKSHOOT>
現地時間12月19日のオクラホマシティ・サンダー戦。ポートランド・トレイルブレイザーズはシーソーゲームの末、シェイ・ギルジャス・アレキサンダーに残り0.2秒にジャンパーを決められ、121−123で惜敗した。 ブレイザーズはチームトップの28得点を記録したデイミアン・リラードが残り31.1秒に逆転とな...
別窓で開く

「なぜ俺が議論されないか理解できない」“ディープスリー”の使い手リラードはシューターとして過小評価?<DUNKSHOOT>
ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、現役トップクラスのスコアラーであると同時に、3ポイントラインのはるか後方からゴールを射抜く“ディープスリー”の使い手としても知られる。本人は、「史上最高」の呼び声高いステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアー...
別窓で開く

米ツアー41勝 日本でも3勝を挙げたレジェンド カリー・ウェブ【きょうは誰の誕生日?】
12月21日は、オーストラリア出身のカリー・ウェブの誕生日。1974年生まれで、きょうで48歳。これまで米女子ツアーで挙げた勝利は41勝。うちメジャー7勝、3度の賞金女王に輝いている。1994年に「オーストラリア女子アマ」を制し、同年プロ転向。翌95年、欧州女子ツアーに参戦。メジャー昇格前の「全英女...
別窓で開く

「ゲームを理解してきている」デュラントが語る好調の理由「今の俺はすごく堅実で、楽しんでいる」<DUNKSHOOT>
今季のブルックリン・ネッツで平均2桁得点を記録しているのはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ニック・クラクストンの3人だけだが、このチームにはリーグ最高級のスコアリングデュオが君臨している。 デュラントはここまでリーグ5位の平均30.4点に6.6リバウンド、5.3アシスト、1.6ブロック、ア...
別窓で開く

今季からMVPの名称が“マイケル・ジョーダン・トロフィー”に。現在の有力候補はリーグトップ2の大黒柱!<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズンは、全30チームが30試合前後を消化。現地時間12月19日を終えた時点で、イースタン・カンファレンスではミルウォーキー・バックスが22勝8敗(勝率73.3%)が首位&リーグトップに立ち、ウエスタン・カンファレンスではメンフィス・グリズリーズが19勝10敗(勝率65.5%...
別窓で開く

「ウォリアーズは終わった」米識者がカリー離脱の王者を一刀両断「チャンピオンシップ争いはあり得ない」<DUNKSHOOT>
昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季ここまで15勝16敗でウエスタン・カンファレンスの11位と苦しんでいる。エースのステフィン・カリーが左肩の亜脱臼で離脱したこともあり、元NBA選手でアナリストのケンドリック・パーキンスは、優勝候補から脱落したと持論を展開している。...
別窓で開く

ビリー・アイリッシュが21歳に! 恋人&豪華ゲストと誕生日を盛大にお祝い
歌手のビリー・アイリッシュが12月18日に21歳の誕生日を迎え、恋人のジェシー・ラザフォードや兄のフィニアス・オコネルら、家族や親しい友人とともに盛大なパーティーでお祝いしたようだ。 Just Jaredによると、ビリーは現地時間12月17日、米カリフォルニア州ウエストハリウッドにあるThe Edi...
別窓で開く

ネッツ渡邊雄太、好きな選手は「大谷翔平。彼は凄い!」。 凱旋試合の舞台となるトロントは「すべてが大好き」<DUNKSHOOT>
NBAキャリア5年目の渡邊雄太が、ブルックリン・ネッツの一員として自己最高のシーズンを送っている。 ここまで16試合に出場して平均18.6分、7.9点、3.1リバウンド、1.0アシストに、フィールドゴール成功率55.3%、3ポイント成功率52.1%(平均1.6本成功)と、ほぼすべての項目でキャリアベ...
別窓で開く

話題の生ドーナツも…横浜の絶品ドーナツ店おすすめ10選! 人気の専門店からカフェ、ベーカリーまで
■横浜の観光地で買いたい、絶品ドーナツ「生ドーナツ」の登場で再びブームとなっているドーナツ。ドーナツ専門店からカフェ、ベーカリーまで横浜の観光地で人気のドーナツを集めてみました。 ■【みなとみらい ほか】ミサキドーナツ神奈川県三浦市に本店を構えるドーナツ専門店。...
別窓で開く

「正直理解できない」名手カズンズが歴代トップ5PGに“相応しくない選手”に「クリス・ポール」と即答。その理由は?<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズのクリス・ポールはプロ18年間で歴代3位の1万1100アシスト、同4位の2474スティールを誇り、NBAの歴史の中でもトップクラスのポイントガード(PG)と評価を受けている。 そのなかで、対戦経験もあるデマーカス・カズンズは、ポールがトップ5に入るという世間の査定に異論を唱えてい...
別窓で開く