本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



樽美酒研二、イケメン素顔の“カープ男子”姿でプロ野球観戦「男前」「イケメン発見」の声
ゴールデンボンバーの樽美酒研二が、18日に自身のインスタグラムを更新し、プロ野球・読売ジャイアンツ対広島カープ戦を観戦したことを報告。メイクオフの状態でカープのキャップを被る姿に、ファンから「イケメン発見」「男前」といった声が寄せられている。 樽美酒は18日の巨人対広島戦11回戦の観戦で東京ドームを...
別窓で開く

村上信五、GW休暇に“第2の故郷”を女性と同伴旅行! 結婚相手に求める条件とは
関ジャニ∞・村上信五 今年3月までの約7年間、フジテレビ系で放送されていた『関ジャニ∞クロニクルF』。同枠で5月から始まったのが、これまたメンバー全員での冠番組『関ジャニ∞の あとはご自由に』だ。「“異質なバラエティー”をテーマに、関ジャニのメンバーがゲストと一緒にあらゆる企画に挑戦します。...
別窓で開く

広島の名物幕の内駅弁「もみじ弁当」の製造に密着してみた! 広島駅弁・広島駅弁当
【ライター望月の駅弁膝栗毛】「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。もみじ弁当広島県の県の木「もみじ」。全国的には80年代の漫才ブーム以降、宮島土産の「もみじ饅頭」が有名になりました。...
別窓で開く

「昇太、苦しかったことでしょう」——ベイスターズ・今永昇太投手への手紙 2022
 昇太元気にしてますか。3年ぶり2度目、お母さんです。 5月13日、朝から降り続く雨は止みそうにない。いつもであれば「試合やるの? 試合やんないの? 開門何時なの?」と心のあややが歌い出す程度にはファンを焦らすハマスタが、早々に中止の決断をしました。これも雨の神に愛されている今永・青柳両投手の信頼と...
別窓で開く

槙原寛己氏、混戦セ・リーグで「不気味な存在」と語るチームは?
 元巨人投手でスポニチ本紙評論家の槙原寛己氏(58)が15日、TBSラジオ「日本生命presents石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演。セ・リーグ各球団について言及した。 この日は故障者が相次ぎ、5月に入って首位陥落した巨人について石橋貴明とトークを展開。...
別窓で開く

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。4月24日(日)の放送では、俳優でタレントの山田雅人さんをゲストに迎えて、お届けしました。(左から)小山薫堂、山田雅人さん、宇賀なつみ今回、山田さんに話...
別窓で開く

「ナイスすぎるよ、日本のトイレは」…外国人選手が続々ハマる、“ウォシュレット”という沼
 約1年前、53歳にして痔を患ってしまった。椅子に座って仕事をしている時間が長い、ライター稼業の影響もあるのかもしれないが、亡き父と祖父も生前は痔に悩まされていた。「自分もこの病と無縁のまま人生を終えることはできないだろうな」と半ば覚悟していたが、その日はやはりやってきた。 痔と付き合うようになると...
別窓で開く

巨人「大勢」 高校は駅伝の名門、大学時代は右肘のケガから如何にして復帰したか
 読売ジャイアンツのドラフト1位ルーキー右腕・翁田大勢(登録名・大勢)がその名の通り、大きな勢いに乗っている。開幕からクローザーを任されると順調にセーブを積み重ね、5月13日現在で14セーブをマーク。2位に4つの差をつけているのだ。 だが、大活躍の一方で、アマチュア時代の大勢は中央球界ではあまり知ら...
別窓で開く

もはや“イジられキャラ”ではない 10年目の開幕スタメン、広島・上本崇司の“一生懸命”
 皆さんは「上本崇司」と聞いて、どんなイメージを抱くだろう? 多くの方は今シーズンの活躍を思い浮かべるだろうが、ご存知のとおり、昨シーズンまでの上本は開幕スタメン、いや、もっと言えばスタメンに名を連ねるような選手ではなかった。 かつての上本のイメージは、プレイよりもキャラクター。たとえば2017年6...
別窓で開く

大谷翔平、大リーグで数人しか投げられない“新球種”で躍進!鈴木誠也とダブルMVPの可能性
大谷翔平(本人インスタグラムより)「あんまり大きいケガにつながらないように、まずは気をつけたいなと思っています」 日本時間の5月6日、敵地ボストンで行われたレッドソックス戦に“二刀流”で出場し、試合後の取材で展望を語ったロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平。...
別窓で開く


[ カープ ] の関連キーワード

ウォシュレット セ・リーグ イケメン 大リーグ