本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


中国からの渡航者への水際対策強化 「これで日本への感染拡大は抑えられるのか」
数量政策学者の高橋洋一が12月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国からの渡航者への水際対策について解説した。北京市中心部の薬局の前にできた行列。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて薬が品薄になっている=2022年12月14日 写真提供:産経新聞社中国からの渡航者に規...
別窓で開く

コロナまたも新たな変異ウイルス 感染しやすさ、ワクチンの効果どうなる
新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。このところ目立つのは、オミクロン株「BA.5」などから変異・派生した新たなウイルスによる感染が増えていることだ。2022年夏の「第7波」では、ほとんどすべてが「BA.5」による感染だったが、現在は7割弱に落ち込んでいる。■第7波は「BA.5」が98%東京都は...
別窓で開く

中国人観光客で日本が「激混み」に?台湾人悲鳴「終わった」「キャンセルしたい」—台湾メディア
中国が新型コロナウイルスの水際対策を緩和すると発表したことを受け、台湾のネット上では日本旅行を予定する人から悲鳴が上がっているようだ。台湾メディアの聯合新聞網が27日、「日本の桜の時期は激混みに?」と題する記事で伝えた。...
別窓で開く

中国からの人の流入に関するこれだけの「懸念」 早く対策を取るべき
ジャーナリストの有本香が12月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「ゼロコロナ」政策からの転換を進める中国の動きを受け、日本の水際対策の問題点について解説した。...
別窓で開く

コロナ後遺症 予防&最新治療を医師が解説「療養明けの無理が後遺症に直結する」
長引くコロナ禍。感染者が増加するとともに、治癒後も倦怠感や頭痛、思考力の低下などで日常生活に支障が出る後遺症に悩む人が増えている。治療に当たる医師に、対処法を教えてもらった。...
別窓で開く

【観察眼】2023年の中国経済、引き続きの安定成長が期待される
週明けの北京市街地では、朝晩のラッシュアワーの車の渋滞が戻りつつあり、活気あふれる北京が復活の兆しをみせている。首都北京と中国全体は、オミクロン株感染の試練にさらされてきた。しかし、新しい年、中国経済は引き続き成長を維持するだろう。今、中国で起きている様々な動きから、その十分な理由がみてとれる。...
別窓で開く

香港の専門家「新型コロナ、世界的には終結の方向に進んでいる」—中国メディア
2022年12月23日、澎湃新聞は、新型コロナについて香港の専門家が「世界的には終結の方向に進んでいる」との見方を示したことを報じた。記事は、香港大学李嘉誠医学院生物医学院教授で、ウイルス学の専門家である金冬雁氏が22日に中国国内で開かれたオンラインセミナーで新型コロナに関する発表を行ったと紹介。...
別窓で開く

中国ゼロコロナ抗議デモがSNSで拡散…日本の論客が懸念する事態とは
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「GENERATION」のコーナーでは、ゼロコロナ抗議デモに見る“中国の現状”について、視聴者を交えて議論しました。...
別窓で開く

中国ではコロナが激増スパイラルに、専門家「前途は非常に非常に困難」
米国政府系メディアのボイス・オブ・アメリカは24日付で、中国では新型コロナウイルスの感染が「スパイラル状の激増状態」になっているとして、今後数カ月の前途は「非常に非常に困難」とする専門家の意見を紹介した。■中国政府の発表では、実態をつかみきれない中国政府は、毎日の新型コロナウイルスの新規感染者数や死...
別窓で開く

堀ちえみ、4回目のワクチン接種を受ける息子を心配「軽いと良いのですが」
タレントの堀ちえみが23日と24日に自身のアメブロを更新。4回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける息子・楓季さんを心配する様子をつづった。23日のブログで、堀は「楓季はバイト帰りに、コロナワクチン4回目を打ってくる予定。オミクロンワクチンです」と楓季さんについて報告。...
別窓で開く


[ オミクロン ] の関連キーワード

ちえみ