本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型コロナ飲み薬、「ステルスオミクロン」にも効能=韓国
韓国疾病管理庁・国立保健研究院は6日、国内に導入された飲み薬「パクスロビド」と「ラゲブリオ」を対象に、オミクロン株の細部タイプであるBA.1、BA.1、BA.2ウイルスに対する抗ウイルス効能を評価した結果、効能が維持されると発表した。このうちBA.2は、よくオミクロンと呼ばれるBA.1より感染力の高...
別窓で開く

ひで子さんが語る“戦前の袴田家”巖さんはどんな弟だったのか【袴田事件と世界一の姉】
 解決遠のくロシアのウクライナ侵攻、26人が乗っていた知床の遊覧船の大事故……これらのニュースの合間を縫って、先日NHKが「死刑執行された男は真犯人だったのか」をテーマに長編ドキュメントを放映した。一方、コロナ感染に用心して、しばらく人前に出なかった袴田ひで子さん(89)は久々に集会に登場し、弟の近...
別窓で開く

新系統オミクロン株、国内初の2例発見 GWで感染再拡大の可能性は(THE TIME,)
東京医科歯科大学は2日(2022年5月)、国内で初めて確認された新系統のオミクロン株が2例発見されたと発表した。けさ3日の「THE TIME,」が伝えた。新系統のオミクロン株は、国内で主流となっている「BA.2」系統に従来の「デルタ株」の特徴が追加されている。同大は、新型コロナウイルス患者116人の...
別窓で開く

新型コロナワクチン4回目接種前に知っておきたい5つのこと
 新型コロナワクチン接種が始まって1年2カ月が過ぎた。この間、早い人で3回接種を終えたが、連休明けには4回目接種が始まるという。対象は3回目接種から半年以上たった人だ。接種を希望する人が知っておきたい5項目を、先日、新型コロナウイルスの新しい治療メカニズムをつきとめ英医学誌に発表した、ハーバード&ソ...
別窓で開く

中国は、最初に新型コロナウイルスが感染拡大した国だ。しかし、徹底した都市封鎖と行動制限の「ゼロコロナ政策」によって感染拡大を抑え込んだ(本連載第236回)。しかし、今、その政策が限界を迎えつつある。国民からの不満も爆発しているのに「ゼロコロナ」から脱却できない。権威主義的体制の根本的な問題は何か。(...
別窓で開く

米国凋落に続く「中国経済減速」で世界経済どうなる? エコノミストが指摘...「北京など主要都市のロックダウンが怖い」
インフレの加速で先行き不透明感を増す米国経済に続き、中国経済の減速が鮮明になってきた。オミクロン株の感染再拡大が止まらず、経済の中心地・上海のほか主要都市のロックダウンが加速しそうだからだ。2つの超大国の落ち込みに世界経済はいったいどうなるのか。エコノミストの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

中国の製薬会社「シノバック」の去年の売上高が2兆5100億円に…コロナワクチンの販売で収益が激増
中国の製薬会社シノバック・バイオテックの(以下「シノバック」)の2021年の純利益が144.59億ドル(約1兆8800億円)となったことが分かった。中国メディア「快科技」によると、シノバックの2021年の売上高は193.75億ドル(約2兆5100億円)で、前年比3694.36%の増加となった。...
別窓で開く

「第7波は100%来る」新型コロナ最前線で戦う“ナイトドクター”が断言!
立川駅の伊勢丹側、徒歩1分の立地。24時間対応している無料のPCR検査場 (C)週刊実話WebJR立川駅から徒歩1分のところにある、無料PCR検査センター。東京都の「PCR検査等無料化事業」の拠点の一つであり、ここでは24時間無料でPCR検査を受けることができる。オミクロン株の感染拡大が減少傾向にあ...
別窓で開く

韓国で屋外でのマスク着用義務を解除へ、ネット民の反応は?—中国メディア
2022年4月29日、中国メディアの環球ネットは韓国・聯合ニュースの報道として、韓国では5月2日から、感染リスクの比較的高い50人以上のイベントを除いて、屋外でのマスク着用義務が解除されると伝えた。29日に開かれた中央災難安全対策本部会議で金富謙(キム・ブギョム)首相が発表したもの。...
別窓で開く

4月の中旬、約2カ月半ぶりにニューヨーク(NY)に戻ってきた。東京とNYを行ったり来たりの二重生活も5年を超えてきた。最近はようやく改善されつつあるが、ちょっと前までは新型コロナウイルスに関する水際措置の影響などで、それぞれにおける滞在期間が長く、しんどかった。NYを発って東京に向かう際には大雪で1...
別窓で開く


[ オミクロン ] の関連キーワード

ステルスオミクロン アメリカ time ひで子 the