本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国からの旅行者へのコロナ検査は「不合理」—欧州疾病予防管理センター
中国が新型コロナウイルス感染症絡みの規制を緩和し、その一環として出国規制を緩和したことを受け、日米などは中国からの入国者に対する規制を強化した。中国国内では規制緩和したことに伴い、感染者数が爆発的に増加しているとみられているからだ。イタリアも同様の措置を取った。...
別窓で開く

なぜ新年はめでたいのか、サイエンスを育む「お正月の源流探訪」 1日とは、1週間とは、1か月とは、1年とは何なのか
 新年あけまして、おめでとうございます。 今年は、まだここに書けない内容も多いのですが、子供とサイエンスに関わる予定がぎっしり詰まった1年になっています。 例えば1月は「白熱音楽教室(https://www.jsps.go.jp/hirameki/22ht0000/22ht0042.pdf)」。...
別窓で開く

2022年、日刊SPA!で反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。恋愛・結婚に関する記事より、男女が出会ったあと「いかに嫌われないか」に注目。ずっと好きでいてもらうヒントが詰まった「気遣い」部門の第4位は、こちら!(集計期間は2022年1月〜11月まで。初公開日2022年2月3日 記事...
別窓で開く

米CDC 中国のコロナ感染拡大をうけ 航空機の廃水採取検査を検討 = 韓国報道
29日(現地時間)、中国で新型コロナウイルスが感染拡大していることをうけ、アメリカの保健当局が新型コロナウイルスの新たな変異株を検出するために国際線航空機の廃水を採取して検査する案を検討しているとロイター通信が報道した。...
別窓で開く

改革開放当初から中国の市場経済改革をリードし、政策決定に大きな影響力を及ぼし続けてきた呉敬璉(ウー・ジンリエン)。現代中国を代表する経済学者がいま深く憂慮するのは、ゼロコロナ政策を大転換し感染者数が急増する中国の実情、そして国家統治の問題である。中国の調査報道メディアである財新は、なお混乱が続く中国...
別窓で開く

コロナ「第8波」深まる謎 感染者数少ないのに死者数は過去最多
新型コロナウイルスの死者が増え続けている。2022年12月27日には1日の死者が初めて400人を超えた。感染者数は、過去最多だった第7波よりも少ないのに、なぜ死者は過去最多なのだろうか。■北海道や神奈川が多い共同通信によると、12月27日、438人の新型コロナウイルス感染による死者が報告された。...
別窓で開く

コロナ禍で3回目の年末年始は実家に帰省する? 若い世代はとくに…
新型コロナウイルスの感染拡大が始まって3回目の年末年始。感染者数は第8波でまた増加しつつあるが、オミクロン株は以前のデルタ株ほど重症化のリスクが報じられていないこともあり、帰省や家族で集まることを検討している人もいるかもしれない。年内の仕事は、28日や29日で納める人も多い。...
別窓で開く

蔚来集団、新型コロナの影響で10〜12月期の納車予測を15%前後下方修正
 中国の新興EVメーカー蔚来集団(09866/香港)は12月27日、今年10〜12月期の納車台数が当初の予測より10〜18%ほど下回る見通しであることを明らかにした。 同社は、12月に入って新型コロナのオミクロン株による感染が中国の主要都市で急激に拡大したことでサプライチェーンが乱れ、自動車の生産、...
別窓で開く

6日間で「ワクチン2回接種」を推奨? 厚労省の呼びかけに思わぬ波紋...ツイートの真意は
厚生労働省がSNSで投稿した新型コロナウイルスワクチン接種の呼びかけが波紋を広げた。2022年12月26日に「年内に1・2回目接種を完了することをご検討ください」と投稿。これが、年内残り少ない日数で「ワクチン2回接種」を求めているのではないかと受け取られ、「間隔あけなくていいの?」と疑問の声が相次い...
別窓で開く

中国からの入国 水際対策強化 「ポピュリズム岸田政権の面目躍如」辛坊治郎が厳しく非難
辛坊治郎が12月27日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。同日、政府が決定した中国からの渡航者への水際対策強化について「これは差別」「ポピュリズム岸田政権の面目躍如」と厳しく非難した。...
別窓で開く


[ オミクロン ] の関連キーワード

ポピュリズム サイエンス cdc