本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


コロナ「5類」春に移行、マスク不要論も 足元では「第8波」死者最多だが
新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが、2023年4月下旬にも、5類に変更され、様々な対応策がインフルエンザ並みに引き下げられる見通しとなった。現在進行中のコロナ第8波では、1日当たりの死者が過去最多を更新。さらに新たな変異ウイルスの拡散も懸念されているにもかかわらず・・・。マスクの使用も緩和さ...
別窓で開く

中国で韓国批判記事「年内に中国人観光客200万人やってくると自信満々だ」
中国メディアの海峡快訊は21日付で「年内で中国人観光客200万人が訪韓する? 韓国政府は自信満々で、大儲けの算段をしている」と題する記事を発表した。中国からの旅客に対する入国規制を強化する一方で、観光収入増を狙う韓国政府を批判する内容だ。網易や百度など主要ポータルサイトなども転載した。以下は同記事の...
別窓で開く

<1年前のワイドショー>玉川徹の激論で振り返るコロナ「第6波」の頃
<1年前のワイドショー>昨(2022)年は、1月から新型コロナの第6波が始まりました。デルタ株より感染力が強いオミクロン株によるもので、1月21日から東京都など1都12県に「まん延防止措置」がとられ、ワイドショーはまたまた急拡大する感染状況や医療ひっ迫の話題で持ちきりとなりました。...
別窓で開く

コロナ規制緩和の中国で感染爆発!「大型連休」突入で日本へウイルス流入は不可避!?
(画像)Space Images/Shutterstock新型コロナウイルスの感染が急拡大している中国で、大パニックが起きている。中国政府が感染者数や死者数を公式にカウントしなくなったため実数は藪の中だが、1月13日に中国メディアの『経済観察網』は、約14億人の総人口のうちすでに6割余りが感染したと...
別窓で開く

新型コロナ5類移行は昨年末から結論ありき…政府「国民の命より金目」の魂胆ミエミエ
(独断専行(岸田首相)/(C)日刊ゲンダイ) 新型コロナによる死者数が連日500人前後判明する中、岸田首相は感染症法上の分類見直しに前のめりだ。関係省庁に20日、見直しに向けた具体的な時期や条件の詰めの調整に入るよう指示。魂胆はミエミエで、「最後は金目」である。...
別窓で開く

2023年スギ花粉は過去10年で最多の大量飛散の予測に!いまからでも対策を…
(画像)KPG-Payless / shutterstock「気温が高くなると、花粉は早く飛散する。1月中旬、一時は暖冬になったため、いつもより早く花粉が飛んだようです。今年は、昨年の5割増から倍の花粉が飛ぶと予想されていますから、早めに花粉症対策を施したほうがいい」(『藤巻耳鼻咽喉科医院』の藤巻豊...
別窓で開く

中国経済、足かせ取り除かれつつあり回復期待も「成長促進する手段が不足」と海外メディア
中国の2022年のGDP(国内総生産)成長率は目標の5.5%前後を大きく下回る3.0%にとどまった。厳格な新型コロナウイルス対策によって圧迫された中国経済は成長の足かせが取り除かれつつあり、今後回復が期待されているが、ロイター通信は「成長を促進する手段が不足している」と報じた。...
別窓で開く

中国で香港への「ワクチン旅行」がブームに、お目当ては独ビオンテック製—独メディア
中国政府が「ゼロコロナ」政策を終了し、香港との往来が活発化する中、中国本土の一部の住民の間で香港への「ワクチン旅行」がブームになっていると、独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトが16日付で報じた。記事によると、中国人のお目当ては中国本土では接種できない独ビオンテックのオミクロン株対応2価ワクチンで、S...
別窓で開く

新型コロナ、4月から「5類」に緩和へ 「日本は何をするにしても世界から1年遅れる」辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が1月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを4月1日から、季節性インフルエンザと同じ「5類」とする方向で最終調整に入ったことをめぐり、「日本は何をするにしても世界から1年遅れる...
別窓で開く

第8波死者2万人の恐怖!コロナ・インフル・RSウイルスの同時流行「トリプルデミック」の危険性
昨年10月から始まった新型コロナウイルス第8波で、死者数が大幅に増加している。累計死亡者数は6万1281人だが’22年12月2日に5万人を突破してから、わずか1カ月ほどで1万人以上も増加した。「死亡者数や救急搬送困難事案の増加傾向は継続し、最高値を超える状況が続いている」加藤勝信厚生労働大臣は11日...
別窓で開く


[ オミクロン ] の関連キーワード

ミック