本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


今になって公開された中国の「新型コロナ感染者」…一日「694万人」も
中国政府は、ウィズコロナ政策への転換後、一時は一日に694万人の新型コロナウイルス感染症の陽性反応があったことを明らかにした。中国政府は最近次々と新型コロナに関する各種統計を公開することで、国際社会で持ち上がっている「不透明性問題」を解消しようと努力しているものとみられる。...
別窓で開く

北村弁護士、ワクチンは「巨大なロシアンルーレット」発言で物議、未接種明かし賛否の声も
『行列のできる相談所』(日本テレビ系)を始め、メディアなどに多く出演している北村晴男弁護士が、ユーチューブでワクチンを「巨大なロシアンルーレット」と表現。自身は新型コロナウイルスのワクチンを打っていないことを明かし、ネット上からさまざまな声を集めている。 話題になっているのは、北村弁護士が自身のユー...
別窓で開く

コロナ後遺症の処方薬、市販のかぜ薬も…深刻な“薬不足”に医療現場が悲鳴
「せき止めや痰を切る薬が、漢方薬も含めて、とても手に入りにくい状況です。胃に優しい解熱剤のカロナールも慢性的な品薄で、仕方なく別のものを処方しています。そうやって調整しても、連日『この薬が欠品したので、違う薬でもいいですか』という問い合わせが調剤薬局から来ている状態で……」そう語るのは、さがみ生協病...
別窓で開く

『サラ川』優秀100句が決定 名称リニューアル後の初開催 ネタも物価高、野球界、育休などなど
第一生命保険は、2022年9月から10月にかけて『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』(以下、サラ川)を実施。今回の応募総数は前年を約2万句以上も上回る8万5437句が集まり、このほど全国優秀100句が決定した。 旧称『サラリーマン川柳コンクール』から名称リニューアル後、初めての開催となる今回のコ...
別窓で開く

岸田文雄首相は1月23日、通常国会で行われた施政方針演説で「この春に新型コロナを『新型インフルエンザ等』から外し、5類感染症とする方向で議論を進めます」と述べた。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)上の位置づけを、「2類相当」...
別窓で開く

ゼロコロナ解除と春節大移動で「大進化」!〝未知の最強変異株〟は中国で出現する!?
ケンタウロス、ケルベロス、グリフォン、クラーケンなどオミクロン系統の変異株を退ける、新たな変異株(通称ドラゴン?)は現れるのか......!?中国で出現した従来株から、アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株、オミクロン株と、この3年の間に原因不明の「大進化」と呼ばれるダイナミックな変異を何度も繰り...
別窓で開く

「ゼロコロナ政策緩和後、救急外来は最大8時間待ち」中国・上海の医師が語る現地の感染状況
中国・上海の国際病院「パークウェイ医療」の消化器内科部長、友成暁子医師が1月24日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。春節を迎えた中国の新型コロナウイルスの感染の現状と今後について語った。青浦区中医医院の中医薬リハビリ外来で診察を待つ患者。...
別窓で開く

日本の新型コロナウイルスの第8波における死亡者の増加が際立っている。厚生労働省のオープンデータを見ると、統計を取り始めた2020年5月9日から2022年1月21日までの約2年10カ月の間に新型コロナに感染して亡くなった人は6万4430人。第8波に入って急増しており、昨年12月1日から今年1月21日ま...
別窓で開く

香港と中国本土の間の(強制隔離なしでの)往来再開を機に、中国本土からの旅行客が新型コロナウイルス用のmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンを香港の医療機関で自費接種することが可能になった。中国の製薬大手の復星医薬集団(フォースン・ファーマ)が1月6日、同社が中国本土および香港・マカオ地区での独占販...
別窓で開く

コロナ「5類」春に移行、マスク不要論も 足元では「第8波」死者最多だが
新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが、2023年4月下旬にも、5類に変更され、様々な対応策がインフルエンザ並みに引き下げられる見通しとなった。現在進行中のコロナ第8波では、1日当たりの死者が過去最多を更新。さらに新たな変異ウイルスの拡散も懸念されているにもかかわらず・・・。マスクの使用も緩和さ...
別窓で開く


[ オミクロン ] の関連キーワード

mrna