本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロケッツのウォールに今季全休の可能性が浮上。開幕前からトレードを模索も高額契約がネックに<DUNKSHOOT>
ヒューストン・ロケッツのジョン・ウォールが、今シーズンを全休する可能性が浮上している。 現地時間11月10日、デトロイト・ピストンズ対ロケッツ戦の中継に出演した『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、ウォールについて「(今季プレーしない可能性は)ますます高まっている」とレポートした。...
別窓で開く

叔母の死や度重なる怪我…ハレップがキャリア最大の困難を乗り越えた今季を総括「良い形で終えることができた」<SMASH>
女子テニスのシモナ・ハレップ(ルーマニア)が、11月12日に自身のインスタグラム(@simonahalep)を更新し、今季の苦悩と感謝の気持ちを綴った。「えーっと…2021年は表現するのが難しいわ。正直なところ、この1年は非常に厳しいものでした」と書き出したハレップ。...
別窓で開く

トムホ版スパイダーマンは“おじさん”に振り回されがち…? ピーター・パーカーと彼を取り巻く大人たちの関係から これまでの軌跡を振り返る
トム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が1月7日(金)に全国公開となります。『スパイダーマン』シリーズの主人公ピーター・パーカーを演じるトム・ホランドは、ネタバレ厳禁のマーベル・シネマティック・ユニバース作品において、これまで幾度となく秘密を漏ら...
別窓で開く

即惚れしちゃう…! 夜のパリで出会った「衝撃のカッコよすぎる男前」6人
パリ在住のカメラマン、松永学さんによるパリのイケメンスナップ。今回は夜中のイケメンたちです。夜のパリで出会った「衝撃のカッコよすぎる男前」6人秋が深まってきて朝夕は寒くなったパリ。でも男達は深夜、流行りのバーに集合。飲むと熱く語ります!ヴァンサン 27歳 バーマン・サーバー-10代からレストラン関係...
別窓で開く

「俺たちは問題ない」エンビード、移籍を志願した“相棒”の復帰を歓迎「気まずい雰囲気になる必要はない」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、今夏にベン・シモンズが移籍志願。主力司令塔がトレーニングキャンプに参加せず、チームが揺れていた。しかし、シーズン開幕を前にしたここに来て、復帰の可能性が浮上している。 シクサーズは2017-18シーズンからジョエル・エンビードとシモンズが故障明けで揃い、二枚...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】最も有名なのは“奇才”ロッドマン! 名PGが愛用した「10番」を振り返る<DUNKSHOOT>
サッカーではエースナンバーとして知られる10番は、NBAでも多くの名手たちが背負ってきた番号だ。ポジションはPGが多く、職人肌から個性派まで多士済々。マイク・コンリー(ユタ・ジャズ)ら昨季は18人が着用し、永久欠番は9人を数える。 そのなかで、最も有名な10番は、デニス・ロッドマンだろう。...
別窓で開く

侍ジャパン、山田&坂本に一発が出てメキシコに7対4で勝利!1位でノックアウトラウンドへ【東京五輪】
灼熱の横浜スタジアムで、侍ジャパン打線が爆発した。オープニング・ラウンド第2戦は7対2でメキシコに快勝。1位でノックアウト・ランドに進むことが決まった。 初回、日本は先発の森下暢仁(広島)が元オリックスのメネセスにタイムリーを打たれて先制点を許し、開幕戦のドミニカ共和国戦に続いて追いかける展開となっ...
別窓で開く

メジャー通算344発のスラッガーに球宴HRダービー優勝者…侍ジャパンの前に立ちはだかる注目選手たち【東京五輪】
オリンピック野球競技が7月28日から始まる。侍ジャパンの前に立ちはだかる5ヵ国には現役メジャーリーガーは一人もいないが、過去に優れた実績を残した大物選手が何人が参加している。中でも要注目の7人を紹介しよう。▼ホゼ・バティスタ(ドミニカ共和国)30歳を前に突如、スラッガーへ変身。10年に54本塁打、1...
別窓で開く

東京は毎日がオリンピック 日常を切り取ったイラストに「どれも日本で見かける光景だよね」「このシリーズいいね」
東京在住のオーストラリア人イラストレーターが、東京は毎日がオリンピックだと実感してしまうイラストをInstagramで多数公開しています。https://www.instagram.com/p/CP7APaunxXj/イラストを公開しているのはエイドリアン・ホーガン(adehogan)さん。...
別窓で開く

もうひとつの“ドリームチーム”ローマ五輪アメリカ代表。1992年組に並び“最強”と称される男たち【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
“ドリームチーム”といえば、マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンらが名を連ねた初代を連想する方が大半だろう。しかし彼らより以前に、その名を冠するにふさわしい豪華メンバーが集結した代表チームがあったのをご存じだろうか。今回は1960年のローマ五輪、オスカー・ロバートソンや...
別窓で開く