本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エアバスの爆売れ空中給油機 何がいいのか? 米空軍も“今度は買う”になりそうな秘策も
ロッキード・マーチンがエアバスの空中給油機A330-200MRTTをアメリカ空軍へ新型空中給油機として提案しています。世界中でシェアを伸ばすA330-200MRTT、何がいいのでしょうか。...
別窓で開く

中国の3大国有航空会社の1つである中国東方航空は5月10日、親会社の中国東方航空集団を含む35組の出資者に対して第三者割当増資を実施し、最大150億元(約2918億円)を調達すると発表した。この資金調達の目的は、38機の旅客機の購入および手元資金の充実だ。購入予定の機種は、中国初の幹線航空路向け国産...
別窓で開く

ANA巨大機「A380」、まさかの「1機まるごと結婚写真撮影場」に 当日の様子が激映えだった!
「名物席」での撮影、アクロバティック〜!ウエディングプランナー資格保有の社員発案 ANA(全日空)が保有する総2階建ての超巨大旅客機「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」。これを1機まるごと貸し切り、ウェディングフォトを撮影するという企画「OH!ANA 〜FLYING HONU Memorial Ph...
別窓で開く

カメに止められた飛行機なぜ? 成田空港が“カメ対策”に本気のワケ 飛行機VS生物の歴史
「カメがカメの飛行機を止めた!」このようなニュースが流れた数か月後の2022年4月、成田空港が滑走路のカメ対策に乗り出しました。ここまで躍起になっているのは、「飛行機vs生物」の長い戦いの歴史があります。障害物を発見したら発着ストップ 成田空港で2022年4月より、滑走路そばの調整池に罠を設置する取...
別窓で開く

売れなかったのはブランドのせい? “移籍”で開花の航空機3選 A220や空軍の顔
先ごろ羽田へ飛来したA220は、別メーカーからエアバスのラインアップに加わったことで売上を伸ばしました。こうした“移籍”後に売れた航空機は少なくありません。要因は何だったのでしょうか。絶好調「エアバスA220」は“移籍組” 2022年5月8日、エアバスの旅客機「A220-300」が、アジア太平洋地域...
別窓で開く

空飛ぶレーダー「皿」から「まな板」へ世代交代 早期警戒管制機のゆくえ 空自機はどうなる?
アメリカ空軍が早期警戒管制機E-3の一部をE-7で更新します。世界中で運用され、空の番人ともなっているE-3ですが、初飛行から40年以上が経過。更新機は性能こそ向上しているものの、“その先”を見据えた開発も進んでいます。...
別窓で開く

ANA巨大機A380「オレンジウミガメ」の3号機、3か月ぶりに空へ 乗客ゼロで30分飛行…なぜ?
お客さんとして乗れるのは、もう少し先になりそうです。2022年2月以来 ANA(全日空)が保有する超大型機エアバスA380「フライングホヌ(空飛ぶウミガメの意味)」の3号機、機体番号「JA383A」が2022年5月14日の13時頃、成田空港を離陸しました。同機のフライトは2月5日以来3か月ぶりで、日...
別窓で開く

新型“ベビーバス”の強みって? 国内未導入の「エアバスA220」、担当者が「日本にピッタリ」と語るワケ
エアバスが販売する小型の新鋭旅客機「A220」は世界で700機以上の注文を受けるも、そこに日本の航空会社は含まれていません。ただ担当者の弁では「A220は日本にピッタリな飛行機」とのこと。どういった理由なのでしょうか。世界では売れ行き好調 でも日本はゼロのA220とは ヨーロッパの航空機メーカー、エ...
別窓で開く

ANA巨大機「A380」 7月から“復活”!成田〜ホノルル線定期便再投入が公式発表 週2往復
ついに正式発表きた!東京〜ホノルル線は“毎日運航”となります。特設サイトも開設 ANA(全日空)が2022年7月1日(金)から成田〜ホノルル線に、エアバスA380「フライングホヌ」の定期便としての継続的な運航を再開すると5月10日に発表しました。4月29日に同社の井上慎一社長がA380のホノルル線復...
別窓で開く

JALが推し進める「ESG戦略」とは? 最新版・中期経営計画が公開 機材編成も変化
基本的な方針は「旧・中経と変わらず」ではあるものの…。A350-1000は2023年導入へ JAL(日本航空)が2022年5月6日(金)、2021〜2025年度グループ中期経営計画の「ローリングプラン2022」を策定しました。これまで発表されてきた中期経営計画の改訂版となるものの、基本的な方針は引き...
別窓で開く


[ エアバス ] の関連キーワード

成田空港 ホノルル esg jal