本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【フィリピン航空】成田-セブ直行便・搭乗率約70%! 8月から週3便運航に
 2022年7月24日、新型コロナ・オミクロンBA.5の感染が拡大する中、成田発のマクタン・セブへの直行便PR433便は、搭乗率約70%と好調だ。学校が夏休みに入ったこともあり利用者が伸びている。 8月と9月、フィリピン航空は、成田ーセブ直行便を増便し、毎週(水・土・日)3往復する予定。関西-セブ直...
別窓で開く

日本じゃレア機! ボーイング「757」に乗ってみた 5時間超の米国国内線 客室は異空間!?
日本ではレアな旅客機として分類される「ボーイング757」。同機を用いたアメリカ国内線のフライトに搭乗してきました。客室の様子や、そのフライトの内容は、日本人が考える「国内線」とは全く違うものでした、単通路なのに50m超! 日本ではレアな旅客機として分類されるのが、「ボーイング757」です。...
別窓で開く

JAL初の新造エアバス機A350は着陸減速時がスゴイ! 搭載された新機能とは? パイロットに聞く
JALが初めて新造導入したエアバスの旅客機「A350-900」。この機に備わる様々な新機能のなかでも特筆すべきが「BTV」です。どのような機能なのか、現役のパイロットに聞きました。多くの機種に「オートブレーキ」はあるが… JAL(日本航空)が2019年に運航を開始した次世代主力機「エアバスA350-...
別窓で開く

エアバス超巨大機「A380」のエンジン、謎プロペラ搭載が現実味!? 摩訶不思議な取り組みなぜ実施へ?
将来飛ぶのがいろんな意味で楽しみです!「オープン・ファン・エンジン」の検証のため サフランとゼネラルエレクトリックの合弁会社であるCFMインターナショナルが開発を進めている、新たなスタイルの次世代航空機用エンジン「オープン・ファン・エンジン」。...
別窓で開く

ANA「空飛ぶウミガメのバス」も復活 ホノルルの2大繁華街をノンストップ 便利しかも静か!
こりゃ便利ですわ〜!ワイキキ〜アラモアナ12分 ANA(全日空)が2022年7月から、ハワイ・ホノルルのワイキキ〜アラモアナを結ぶANA電気バス「ANA エクスプレスバス」の運行を再開しています。これは、同社が保有する超大型旅客機、エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。...
別窓で開く

中国の国有三大航空会社である中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空は7月1日、欧州の航空機製造大手のエアバスと大型購入契約を結んだと、それぞれ発表した。3社の購入機数は合計292機、カタログ価格ベースの総額は約372億5700万ドル(約5兆807億円)に上る。3社が今回発注したのは、すべてエアバス...
別窓で開く

JALも検討ボーイング767後継問題 エアバス「A321XLR」あり得る? 「単通路で国際線」が候補に入る理由
JALも検討を進める「ボーイング767の後継旅客機問題」。そのひとつとして、このほど初飛行したエアバス社の長距離向け単通路旅客機「A321XLR」はあり得るのでしょうか。あらゆる意味で特殊な新型機が、767の後継となる可能性を探ります。...
別窓で開く

韓国・超巨大大韓航空機「エアバスA380」 9月から成田線に投入へ 毎日1往復 A330から大型化
スポッター的には狙いやすい時間ですね!9月から成田〜仁川線で1往復 大韓航空が2022年9月より、成田〜仁川線に、総2階建て胴体をもつ超大型旅客機「A380」を投入します。同社の航空券予約画面でも、9月からA380が投入されている旨が公開されています。...
別窓で開く

ANAついに「737MAXへ更新」解禁 他社で2度の事故もなぜ導入継続? それが「安全で効率的」な理由
ANAが2025年以降にボーイング「737MAX」シリーズの「737-8」を導入します。737MAXは相次ぐ事故で運航停止となった旅客機。同機を導入継続するメリットはどのようなもので、安全性の懸念はないのでしょうか。...
別窓で開く

「防衛品は稼げない」払拭なるか 相次ぐ国内メーカー撤退→装備運用に懸念 国は新機軸の対策
日本の防衛装備品にとって重要なメーカーがまたひとつ、防衛関連の事業から撤退しました。同様に国内大手企業が撤退するケースが相次いでおり、装備品の運用への影響が懸念されています。なぜこうなってしまったのでしょうか。「零戦の脚」をつくった企業も撤退 油圧機器大手のカヤバ株式会社(KYB)が航空機器事業から...
別窓で開く


[ エアバス ] の関連キーワード

フィリピン ボーイング 大韓航空 ホノルル xlr
ana