本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



実際にデング熱ウイルスに「被験者を感染」させて新薬の効果を検証!
医学に身を捧げてくれました。米国に本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソン(ヤンセン)によって、デング熱に対して予防と治療の両方の効果が期待される新薬「JNJ-1802」の有効性を確かめるため、人間の被験者を使った実験が行われました。実験では、長期保存状態にあった、1970年代にインドネシアで発生し...
別窓で開く

大型トラックの“屋根”に大変化!? 三菱ふそう新型「スーパーグレート」快適性が爆上がり キャビンで立てる!着替えできる!
6年ぶりにフルモデルチェンジした三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレート」。新たなフラッグシップモデルの発表会がジャパンモビリティショー2023で行われました。初モノ尽くしの新型、外も中も一見の価値ありです。...
別窓で開く

エアアジアの持ち株会社キャピタルA、ガルーダ・インドネシア航空と戦略的パートナーシップ締結
 2023年9月27日、エアアジアの持ち株会社キャピタルAとインドネシアのガルーダ・インドネシア航空グループは、包括的なエコシステムを強化するため、戦略的パートナーシップの締結を発表した。...
別窓で開く

インド・HALがアルゼンチンにヘリコプターを供給へ 欲しがっていた戦闘機「テジャス」は?
戦闘機購入に関しては不明。ひとまずヘリコプターは購入に向けて動き出す アルゼンチン国防省は現地時間の2023年7月30日、インドを訪問中のホルヘ・タイアナ国防相がインドの航空機会社であるHAL(ヒンドゥスタン・エアロノーティクス・リミテッド)の視察中にアルゼンチン軍向けの小型・中型汎用ヘリコプター取...
別窓で開く

アルゼンチンの次期戦闘機にインドの「テジャス」が急浮上! しかし解決すべき大問題が
今度こそ超音速機を購入か?購入に動いたとしても問題は山積! アルゼンチン国防省がインドの国産戦闘機である「テジャス」の購入に向けて動いていることが現地時間の2023年7月18日、インド国内メディアの報道などにより明らかとなりました。 アルゼンチンのホルヘ・タイアナ国防相は、18日にインドメディアであ...
別窓で開く

インド国産戦闘機のエンジン供給、安定にめど 米GEと共同生産 しかし素直に喜べない理由とは?
航空機エンジンは作るのが大変!防衛力は強化されるが結局他国依存に アメリカの多国籍企業であるゼネラル・エレクトリック(GE)は、インド国営ヒンドゥスタン・エアロノーティクス社(HAL)とインド空軍向けの戦闘機エンジンを共同生産すると2023年6月22日に発表しました。...
別窓で開く

挽き目は31段階で調節可。電動ミル「Ode Brew Grinder Gen2」で深まるドリップコーヒーの世界
時間や温度、器具の種類にこだわって丁寧にコーヒーを淹れるなら、豆の挽き具合にもより繊細にこだわりたい。そんなコーヒーマニアならきっと泣いて喜びそうなグラインダーがいよいよ日本上陸です。「Ode Brew Grinder Gen2(オード ブリュー グラインダー ジェン2)」(6万1600円)は、サン...
別窓で開く

旺盛な航空貨物需要へ対応! 旅客機→貨物機の改造拠点をインドに新設 ボーイング
中国に続きインドでも始めるんだとか。インドでも貨物機への改造をスタート アメリカの大手航空機メーカー、ボーイングは2023年3月10日、インドに新たなBCF(ボーイング・コンバーテッド・フレイター)の改造拠点を開設すると発表しました。 BCFとはボーイングが製造した旅客機を貨物機へと改造したモデルの...
別窓で開く

「アピールさせてください」F-35A戦闘機アジア最大のインド航空ショーに初参加 アメリカの意図
アジア最大級の航空イベント「エアロ・インディア23」。そこで今回初めて展示されたのがアメリカの最新ステルス戦闘機F-35Aです。ただ、同機をインドが導入する可能性はかなり低いとか。にもかからず展示したアメリカの思惑は何なのでしょう。...
別窓で開く

インド陸軍向け「アパッチ」攻撃ヘリ タタHD工場で組み立て開始 ボーイング
インドでは空軍と陸軍の両方でアパッチを使うんだとか。タタとボーイングの合弁企業で組み立てへ アメリカの航空機メーカー、ボーイングは2023年2月9日、インドの一大企業であるタタグループとの合弁会社「タタ・ボーイング航空宇宙リミテッド」(TBAL)のハイデラバード工場において、初のインド陸軍向け「アパ...
別窓で開く