本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ここまですごい旅だったな」大谷翔平のMVP受賞に“相棒”水原一平通訳も感嘆!「次はリングを獲ろう!」
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の栄えあるMVP受賞への想いはひとしおだ。 現地時間11月18日、アメリカン・リーグの年間MVPが発表され、大谷が、日本人史上2人目の受賞者となった。MLB史上でも19人目の満票選出となった偉才には、通訳として快進撃を支えてきた水原一平さんも賛辞を惜しまない。...
別窓で開く

満票MVPの大谷翔平は「信じられないほどの努力をしている」エンジェルスの名GMが送った“祝福メッセージ”の内容とは?
二刀流スターの快挙に球団の名GMも喜びを隠せない。【動画】全46本塁打を一挙振り返り!歴史を築いた大谷翔平の活躍をプレーバック 今季投打で躍動した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は現地時間11月18日、全米野球記者協会の投票で選ばれるアメリカン・リーグMVPを初受賞。...
別窓で開く

エンジェルス移籍の剛腕シンダーガードは諸刃の剣!? 大谷翔平よりも速いハードボーラーが抱える“リスク”とは
ロサンゼルス・エンジェルスが待望(?)の補強を敢行した。現地時間11月16日、ニューヨーク・メッツからフリー・エージェント(FA)となったノア・シンダーガードと1年2100万ドル(約24億円)の契約を締結したのだ。【動画】唸る剛速球! シンダーガードの100マイルボールをチェック 投手再建を目ざして...
別窓で開く

FAのバーランダー獲得にエンジェルスが名乗り?大谷翔平との“剛腕タッグ”に米メディア期待「球団を面白くしてくれるだろう」
今冬のフリーエージェント(FA)市場は、数多のビッグネームが並び、世間を賑わせている。そのひとりが、ヒューストン・アストロズからFAになったジャスティン・バーランダーだ。【動画】エンジェルス移籍も囁かれるバーランダー、CY賞に輝いた2019年のベストピッチ集 来年2月に39歳を迎える大ベテランは、こ...
別窓で開く

大谷翔平の“未来”はどこへ? エンジェルスGMと代理人の会談を地元紙がクローズアップ「FAになる前に長期契約を」
MLBがオフシーズンを迎えても、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は様々な話題の中心となっている。去る11月8日には、アメリカン・リーグMVPの最終候補者に選ばれ、日本でも大きなニュースとなった。【動画】全46本塁打を一挙振り返り!歴史を築いた大谷翔平の活躍をプレーバック だが、そうした受賞ラッ...
別窓で開く

「認めざるを得ない」特大アーチと161キロの剛速球!“歴史的”二刀流で魅せた大谷翔平に米メディアも驚嘆【Playback“ショウタイム”/本塁打第2号】
2021年のMLBにおいて二刀流で快進撃を続け、文字通り歴史を作った大谷翔平。そんな偉才が放った46本塁打を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る。 第2号は、初の“リアル二刀流”として臨んだ現地時間4月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦の初回で飛び出した。...
別窓で開く

「投手が優先事項になる」エンジェルスGMがオフの“補強”方針を示す!FA市場にはシャーザーら超大物も
“二刀流”大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が、史上初となる投打5部門で「クインタプル100」を達成するなどシーズンを通してチームに貢献するも、エンジェルスは77勝85敗で今年もポストシーズン進出はできずに終わった。【動画】打者を翻弄!最終登板で見せた大谷の圧巻の投球をチ...
別窓で開く

ステロイド問題の過ちが再び繰り返されるのか——MLBを揺るがす“不正投球”問題の本質【後編】<SLUGGER>
メジャーリーグの歴史を振り返ると、違反投球は古くから繰り返されてきた。その代表が、指に唾をつけて変化を生み出すスピットボールで、これは1919年まで合法とされていた。他にもヤスリなどで傷をつけるエメリーボール、グリースを塗るグリースボールなど、投手たちはさまざまな工夫をこらした。 これらの投球が禁止...
別窓で開く

「オオタニがブレイクしたから…」“重鎮”プーホルスの電撃解雇は大谷翔平の飛躍が影響!? 米メディアが分析!
球界を騒然とさせる驚きの一報が舞い込んだのは、現地時間5月6日だ。大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンジェルスが、大ベテランのアルバート・プーホルスをメジャー40人枠から外した。 プーホルスはMLB史に残るスラッガーだ。ルーキーイヤーの2001年を含めて10年連続で打率3割・30本塁打・100打点を...
別窓で開く

大谷翔平と交錯した“MLB最強スラッガー”の紳士的振る舞いに米記者が注目!「危険を察知してスパイクが当たらないように…」
エンジェルスの大谷翔平を巡ったアクシデントシーンが“注目”を集めている。 事の発端となったのは、現地時間4月4日のホワイトソックス戦、エンジェルスが2点をリードして迎えた5回表2アウト2、3塁の場面だ。 マウンドに立っていた大谷は、打者のヨアン・モンカダを三振に打ち取るも、捕...
別窓で開く


[ エンジェル ペリー mlb ] の関連キーワード

playback slugger エンジェルス ショウタイム mlb