本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「今年一番の最悪なニュース」大谷翔平の右肘靭帯損傷に米ファンが悲痛な叫び「アメリカ・スポーツ史上最悪な日」
ロサンゼルス・エンジェルスのペリー・ミナシアンGMは現地8月23日の試合後、大谷翔平が右肘側副靭帯を損傷したと発表し、今季の残り試合には登板しないことを明らかにした。【動画】大谷の44号2ラン本塁打をチェック! 大谷はシンシナティ・レッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手兼DH」で出場し、初回に...
別窓で開く

「今季は登板しない」大谷翔平、右肘靭帯損傷で“二刀流絶望”にミナシアンGMが言及「手術が必要かどうかは不明だ」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が右肘の靭帯を損傷したため、今季の残り試合は登板しないとペリー・ミナシアンGMが発表した。【PHOTO】WBCのヒーローはメジャー開幕後も全開! 日々輝く大谷翔平が魅せる喜怒哀楽の厳選ショット! 現地時間8月23日、大谷はダブルヘッダー第1戦に「2番・投手兼DH」...
別窓で開く

「エンジェルスはトレード要求を検討する」米識者、エ軍の大谷翔平放出の可能性を指摘!球団方針が一転、トレードにも応じると見解
現地時間7月14日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたヒューストン・アストロズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場した。3回まで無失点を続けたものの、4回に四死球でランナーを溜めて失点。5回には守備の乱れもあって最終的に計5失点を喫した。試合は5対7で敗れ、エンジェルスはオール...
別窓で開く

「すべてが馬鹿げている!」大谷翔平、6月15本塁打&打率4割に迫る異次元パフォーマンスに米記者絶句!“去就”に影響も「トレードを模索するかも」
獅子奮迅と言えるような超絶プレーの1か月だった。 現地6月30日、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は本拠地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。今季ア・リーグ一番乗りとなる30号ソロホームランが飛び出し、月間15本目のアーチを記録した。 衝撃的な打球音が轟いたのは...
別窓で開く

大谷翔平の移籍期限までのトレード否定に米メディアで賛否両論!米老舗誌は独自見解「状況が変わる可能性はまだある」
稀代の二刀流スターに囁かれる噂が絶えない。 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は現地6月20日、本拠地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「2番・指名打者」でスタメン出場。6月絶好調の二刀流スターの前に過去3度のサイ・ヤング賞を受賞したクレイトン・カーショウが立ちはだかった。 同日にはア・リ...
別窓で開く

「トレードはない!」エ軍GMが大谷翔平の移籍期限までの放出否定も、今オフ移籍の可能性を米記者は指摘「史上最高額の契約を結ぶだろう」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地6月20日、ロサンゼルス・ドジャースとのフリーウェイシリーズに「2番・指名打者」でスタメン出場するも、先発左腕クレイトン・カーショウの前にバットが沈黙。4打数ノーヒットに終わり、連続試合安打が「15」でストップ。チームも0対2で敗れた。 同日、ア・リーグ週間...
別窓で開く

「オオタニと契約できるのは8球団」——来オフFAの大谷翔平へ巨額オファー可能球団を地元メディアが予想!
米球界で異彩を放つ二刀流の去就を巡るメジャー球団の思惑は途切れることがない。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、ストーブリーグでも連日のように米メディアを賑わしている。来年オフのフリーエージェント(FA)、またはシーズン中でのトレードなど、話題は尽きない。...
別窓で開く

来季から導入開始のピッチクロック。新ルールが大谷翔平にもたらす影響は? エ軍GMはなぜ「なし」と断言できるのか?
来季からメジャーリーグでは、時間短縮を目的として、ピッチクロックが導入される。同ルール施行後は、投手の場合、走者なしで15秒、走者がいるケースは20秒以内に投球動作を始めなければならず、これを超えた場合は1ボールがカウントされる。一方で打者は残り8秒より前に打席に入らないと1ストライクが与えられる。...
別窓で開く

LA紙が来春WBCでの「トラウト対大谷」の対決に熱視線!! 「参加する選手たちをも興奮させる」
こちらの「世界一決定戦」もこれまでにない盛り上がりが予想されている。 来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表「侍ジャパン」の3度目となる大会制覇に大きな期待が寄せられている。...
別窓で開く

「エンジェルスはなぜ弱いのか?」来日したベテラン番記者が考えるチームの課題と改善策。そして「外野手・大谷」の実現性は?<SLUGGER>
ロサンゼルス・エンジェルスの地元紙『Orange County Register』紙のエンジェルス番記者で、大谷翔平の渡米4年間の活躍を振り返った書籍『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』の著者でもあるジェフ・フレッチャー氏が11月下旬に来日し、インタビューに応じてくれた。...
別窓で開く


[ エンジェル ペリー オオタニ オオタニ ] の関連キーワード

slugger アメリカ