本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平の残留は「野球的に最悪」? 米メディアが話題となったエンジェルスの決断を辛辣分析「ビジネス的には良い」
現地時間8月2日のトレード・デッドラインまでに、ロサンゼルス・エンジェルスは小さくない動きを見せた。 ノア・シンダーガードをフィリーズ、昨オフに延長契約を結んだばかりの守護神ライセル・イグレシアスをブレーブスへ放出。そして将来が期待されてきた若手外野手ブランドン・マーシュをシンダーガードとは別の交渉...
別窓で開く

大谷翔平のトレード移籍があり得ない「天文学的な理由」。米メディアが訴える二刀流の価値「見返りが少なすぎる」
急転直下でのトレードは実現するのか——。球界屈指の天才の動向が慌ただしい。 現地時間8月2日に迎えるMLBのトレード期限。例年、日本球界ではありえないような主力級の交渉も実現する“夏の風物詩”とも言えるデッドラインに向け、今年もさまざまな噂が飛び交っている。...
別窓で開く

大谷翔平のトレード放出は「可能性が低い」。米名物記者が今夏の“ビッグディール不成立”を断言する理由「対価がない」
出すか、出さないか。はたまた獲るか、獲らないか——。トレード期限が刻一刻と迫るなかでメジャーリーグ30球団の動きが活発化している。 毎年のように大物選手の移籍が実現し、“夏の風物詩”として注目を集めるメジャーのトレード。今夏も各球団が理想的なチーム戦略を実現させるべく、積極的...
別窓で開く

LA内でのトレードに業界内で異論? 米敏腕記者が大谷翔平の去就をリポート「ドジャースはエンジェルスに働きかけている」
現地時間8月2日に迫ったメジャーリーグのトレードデッドライン。数多のスター選手たちの動向が話題となるなかで、偉才の去就も慌ただしくなっている。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。 この日まで42勝56敗、ア・リーグ西地区4位と低迷するエンジェルスにあって、今季も異次元の活躍を続ける二刀流戦士は...
別窓で開く

「来年に白旗を振るようなもの」“大谷翔平のトレード”がもたらすダメージは? 米記者がエンジェルスの決断に迫る
104年ぶりの“偉業”は持ち越しとなっても、28歳のサムライに対する話題は尽きない。 現地時間7月28日に本拠地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦で、「1番・投手兼DH」で先発したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、6回2失点11奪三振と力投したが、チームは0対2で敗戦...
別窓で開く

大谷翔平の放出にエンジェルスが「前向き」との報道! 本人は「どこにいても変わらない」と強調も、メッツとパドレスはすでに接触済み
急転直下、球界最高の偉才に関する動向が慌ただしくなっている。 米紙『New York Post』の名物記者ジョエル・シャーマンは現地時間7月28日、ロサンゼルス・エンジェルスが大谷翔平のトレードについて他球団のオファーを検討していると報じた。【動画】ピンチで見せた圧巻の奪三振ショー! 大谷翔平の気迫...
別窓で開く

「歓迎するに決まってる!」メッツ主砲が噂される大谷翔平のトレード加入説に意見!「とんでもない能力を持っているMVPだ」
ライバルたちの間でも二刀流戦士の去就は小さくない話題となっているようだ。現地時間7月18日、オールスター前の恒例となっている会見で、ニューヨーク・メッツの主砲ピート・アロンゾが、大谷翔平の動向に持論を展開した。 今季も二刀流で安定した活躍を続けている大谷は、2023年シーズン終了後にFA(フリーエー...
別窓で開く

大谷翔平、トレードの噂に持論! 米メディアへ「こちらがやることは変わらない」と“フォア・ザ・チーム”の姿勢貫く
さまざまな噂が飛び交う現状に、大谷翔平が自らの胸中を明かした。 現地時間7月18日、MLBのオールスターでは恒例となっている前日会見が行なわれた。2年連続2度目の出場となり、当日は「1番・DH」での出場が決定した大谷も各国メディアの取材対応に追われた。 米スポーツ専門局『ESPN』など現地メディアで...
別窓で開く

大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日——ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?〈SLUGGER〉
昨年9月26日、マリナーズ戦に先発した大谷翔平(エンジェルス)は7回5安打1失点、10奪三振と好投しながら10勝目を逃した。7回表に同点に追いつかれた後の攻撃が無得点に終わると、大谷はダグアウトでバットを叩きつけ珍しく怒りを露わにした。 試合の後の会見で、大谷は次のように語っている。「ファンの人も好...
別窓で開く

大谷翔平にトレード可能性はあったのか? エンジェルスGMの回答は「実現する可能性が1%でもあるのなら熟考する」
現地時間7月30日にメジャーリーグは、夏の風物詩とも言われるトレード・デッドラインを迎えた。 今夏も市場は様々なドラマに満ち溢れた。マックス・シャーザーとトレイ・ターナー(いずれもナショナルズ→ドジャース)、ハビア・バエズ(カブス→メッツ)、クリス・ブライアント(カブス&rarr...
別窓で開く


<前へ12次へ>