本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



酒井宏樹の累積警告は避けられなかったが… 森保ジャパンが総力戦へ向けて完了した“再確認”【東京五輪】
 欧州で助っ人としてプレーする選手たちと、所属クラブで重用されるJリーガーで構成される日本は、オーバーエイジ(OA)が開花前のつぼみのような集団を引率して来たフランスに成熟度の違いを見せつけた。 アマチュアからプロ草創期の代表を含めた日本のチームは、よくこういうチームに負けた。...
別窓で開く

<W寄稿>韓国が先進国になっただと?この一か月の間、日本や東京オリンピック関連の出来事
文化体育観光部(韓国の部は日本の省に該当)が7月8日に国家政策広報資料をホームページにアップした。大きな文字で詰められた資料の内容はこうだった。「衰退する日本、先進国へ格上げされた韓国。日本、コロナ禍への防疫失敗と景気沈滞で国力の低下継続。朝日新聞『日本政府の無能』批判(7月5日付、『輸出規制は自殺...
別窓で開く

<W解説>初めてではなかった、韓国テレビ局MBCによるオリンピック開会式の生中継、不適切な国紹介
韓国の地上波テレビ局MBCによる東京五輪開幕式の中継が、韓国内で大きな批判を浴びている。韓国のMBCは23日に東京オリンピック開会式を生中継。各国の選手団の入場時、画面左側に画像とテロップで国を紹介した際、ウクライナの紹介で、1986年に事故が起きたチェルノブイリ原発の写真を表示し、「平和の祭典であ...
別窓で開く

二枚看板のホットラインが機能! 絶好調の久保&堂安は日本をメダルへと牽引できるか?【東京五輪】
 2012年のロンドン・オリンピック準決勝でも1-3で苦杯を喫している苦手のメキシコ。2020年11月のA代表の親善試合(グラーツ)もそうだったが、日本の前に毎回のように立ちはだかってきた難敵だ。 その相手に対し、U-24日本代表は粘り強く戦い、2-1で勝利。2連勝でA組トップに立った。...
別窓で開く

東京オリンピック不適切表現議論...MBC社長、謝罪記者会見=韓国
韓国のテレビ局MBCのパク・ソンジェ社長が“東京オリンピック”中継で傷つけたウクライナとルーマニア大使館に謝罪をしたと伝えた。26日午後3時、ソウル麻浦区にあるMBC経営センター2階のMラウンジで、パク・ソンジェ社長の謝罪記者会見が行われた。...
別窓で開く

「不適切写真で国家紹介」「オウンゴールに感謝」…MBC社長が謝罪「五輪精神に反する放送だった」=韓国
韓国の放送局MBCのパク・ソンジェ社長が「2020 東京オリンピック」中継に関して謝罪した。パク社長は26日午後、マポ(麻浦)区にあるMBC社屋で謝罪記者会見を開き、五輪開会式での不適切な資料と字幕、男子サッカー中継での嘲笑的な字幕などを謝罪した。...
別窓で開く

ロシア出身のタレント、MBC五輪開会式中継の「ウクライナ紹介写真=チェルノブイリ」に怒り=韓国
韓国で活動するロシア出身のタレント、イリヤ・ベリャコフ(38)が23日の「東京2020オリンピック」開会式を中継し、不適切な写真と文言で物議を醸したMBCを強く批判した。イリヤ・ベリャコフは24日、自身のSNSに東京五輪の開会式場面のキャプチャ写真を投稿した。韓国MBCはウクライナの入場の際、国家を...
別窓で開く

韓国MBC放送一体なぜ…ルーマニアのオウンゴールに「ありがとうマリン」
韓国の放送局MBCがまた不適切なテロップを使い、非難する世論が起きている。25日午後、茨城県カシマスタジアムで行われた東京オリンピック男子サッカーB組予選の韓国対ルーマニアの試合の中継放送で、MBCがオウンゴールを入れたルーマニアのマリウス・マリン選手の名前を入れて「ありがとうマリン」というテロップ...
別窓で開く

「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】
 目下お騒がせ中の韓国テレビ局が、またしてもやらかした。 日曜日に行なわれた東京五輪・グループリーグ第2節で、韓国はルーマニアを相手に4−0の大勝を収めた。初戦でニュージーランドに0−1の苦杯を舐め、国内で激しいバッシングに晒されていたチームは、序盤から高いインテンシティーで臨んでルーマニアを圧倒。...
別窓で開く

韓国のテレビ局MBCが東京オリンピック開会式の中継で使用した画像及び説明文が物議を醸す 「究極のジャーナリズム」「プロデューサーは勿論クビだよね」
7月23日に行われた東京オリンピックの開会式。開会式の様子を中継した韓国のテレビ局MBCが各国の選手団を紹介する際、その国のイメージを韓国の視聴者に伝えるために使用した画像及び説明文が物議を醸すこととなりました。...
別窓で開く


[ エルサルバドル ] の関連キーワード

チェルノブイリ ウクライナ ルーマニア ジャパン マリン
mbc ロシア