本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



方向感定まらない暗号通貨、北大は静観 明大は損切りのタイミング逸して...(第17節)【暗号通貨バトル Bグループ】
ビットコインをはじめ、暗号通貨市場は2021年9月6日週に比べると上がってきているものの、不安定で方向感は定まらない。そうしたなか、北海道大学の渡部真人さんは、Lisk(リスク)を抱えて動けず、静観。明治大学のakiさんはリップルを損切り。「きっと元の値段ぐらいに戻る」と、保有し続けたのが裏目に出で...
別窓で開く

暗号通貨が軒並み急落 チラつくエルサルバドルの影に北大、明大が悔しい敗戦  (第16節)【暗号通貨バトル Bグループ】
ビットコインの価格が大きく崩れた。他の暗号通貨も軒並み下落。暴落の要因を学生トレーダーは、ビットコインを法定通貨に認めたエルサルバドルの動向によるものとみている。2021年9月7日、混乱のスタートを切ったことが伝えられている。ビットコインを保有する北海道大学の渡部真人さんは、その影響をモロに被った。...
別窓で開く

乱高下した暗号通貨 同志社大がビットコインに指値 明大は動かず、職業大が後退(第16節)【暗号通貨バトル Aグループ】
今週(9月6日週)の暗号通貨市場はビットコインをはじめ、軒並み乱高下した。2021年9月7日、エルサルバドルでビットコインが法定通貨になったことで、上昇トレンドが継続するとの見方があったが、翌8日に一変した。そうしたなか、これまでじっと様子見を決めこんできた同志社大学のしがないトレーダーさんが動いた...
別窓で開く

崩れた平穏相場と「最期」の日経平均株価高騰 前編
 解散総選挙という政治の重要局面を迎えて、「アベノミクスの再来」に日本の株式市場は色めき立ち、9月14日(火)の日経平均株価は続伸、2月16日に付けたバブル経済崩壊後の終値最高値30,467円を更新して引けた。これは、31年ぶりの高値更新となるが、このままバブル期の過去最高値である38,915円に向...
別窓で開く

上昇相場に食らいついた明大、イーサリアムで大勝! 今週も着実にプラスの職業大(第15節)【暗号通貨バトル Aグループ】
ビットコインをはじめ、今週(2021年8月30日週)の暗号通貨は上昇傾向にあった。そうした中で、イーサリアム(ETH)を保有する明治大学の城正人さん。資産効率を考え、売却を視野に入れていたが「想定していたよりチャートが悪くないこと」から、継続保有。「今回の上昇に、なんとか食らいつくことができました」...
別窓で開く

軒並み上昇の暗号資産! Liskでプラスの北大、リップルを継続投資した明大(第15節)【暗号通貨バトル Bグループ】
今週(2021年8月30日週)は、ビットコインが1BTC=550万円台まで上げた。その勢いで、どの暗号通貨も上昇。相場は底堅いようす。そうしたなか、北海道大学の渡部真人さんは、Lisk(リスク)を保有。プラスを確保している。先週の取引でリップルを購入した明治大学のakiさんは、これを一たん売却して利...
別窓で開く

「東京オリンピック中継惨事」の韓国MBC、「行政指導」処分=各国の紹介に原発事故や大統領暗殺
放送通信審議委員会が東京オリンピックの中継で物議をかもした韓国放送局「MBC」に対し、行政指導である「勧告」を決定した。放送通信審議委は9日放送審議小委員会を開き、東京オリンピック中継の過程で不適切な資料写真と字幕などで議論となったMBCへの勧告を議決した。勧告は行政指導であり、放送社再許可審査の減...
別窓で開く

危機感募る中国戦…久保建英は森保Jに新風を吹き込めるか? 鎌田、古橋らとの共存の道は?
 7日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦・中国戦(ドーハ)が明日に迫ってきた。「もう後がない」と吉田麻也(サンプドリア)や大迫勇也(神戸)で主力が危機感を募らせる中、日本代表は「いかにしてゴールをこじ開けるか」という最重要命題に挑まなければいけない。...
別窓で開く

MBC「東京五輪の放送事故」、報道本部長が責任とり辞任へ
韓国MBCのミン・ビョンウ報道本部長が、2020東京オリンピックでの「報道事故」に責任をとるかたちで「辞任」の意向を固めた。MBCは「ミン報道本部長が辞任の意思を伝え、23日午前の会議でこれを受理した」と明らかにした。また、ソン・ミングン スポーツ局長についても管理責任を問い役職交代、MBC Plu...
別窓で開く

「最後にまた醜態をさらした」韓国MBCが自国マラソン選手の棄権に問題発言で再炎上!「解説をAIにせよ」【東京五輪】
最後の最後まで、お騒がせなテレビ局だった。 8月8日、北海道札幌市で開催された東京五輪・男子マラソン。酷暑もあってエントリーした106選手中30人が途中棄権を余儀なくされた激闘は、ケニアのエリウド・キプチョゲが2時間8分38秒で制して、五輪2連覇を達成した。日本勢では大迫傑が6位入賞を果たし、中村匠...
別窓で開く


[ エルサルバドル ] の関連キーワード

同志社大 mbc