本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



石田ゆり子・ひかり、最強姉妹を育てた石田パパ伝説!記者を自宅に招き入れて説いた「人生論」
石田ゆり子(左)と石田ひかり(右)■ 石田ゆり子(52)と石田ひかり(50)。いま、最も輝いているアラフィフ女優姉妹に違いない。「どんな育てられ方をしたのか」と気になる人もいるのではないか。2人の父親・J氏(79)は1980年代から90年代まで放送・芸能記者の間で絶大な人気を誇った。取材に答えてくれ...
別窓で開く

白石麻衣VS生田絵梨花!爆売れ写真集対決は“より過激な”第2ラウンドへ!?
白石麻衣、生田絵梨花(C)週刊実話Web7月期の連ドラ『テッパチ!』(フジテレビ系)でエリート自衛官役のヒロインを演じることが決まった白石麻衣。彼女は『乃木坂46』のエースとして長く君臨。一昨年10月に卒業後、本格的にソロ活動をスタート。昨年23時台の深夜ドラマ『漂着者』(テレビ朝日系)にヒロインと...
別窓で開く

「永野芽郁」「有村架純」「杏」… 専門家が選ぶ「夏ドラマ」注目作は?
 外を歩けば汗ばむ陽気に。夏到来もいよいよ、である。それに伴い、視聴率獲得に躍起のテレビ局のバトルも本番を迎える。出そろってきた各局の「夏ドラマ」の顔ぶれを眺めると、なかなか“熱い”戦いが見られそうなのである。 ***「新年で各局気合が入っている1月ドラマと並び、7月開始の夏ドラマは、面白いものが多...
別窓で開く

未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキング、TOP10発表
ORICON NEWSでは、You Tubeの公式チャンネルにて『未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキングTOP10』を発表。オリコン・モニターリサーチ会員の中から30代〜60代を対象にアンケート(インタネット調査)を実施。2895人の回答を集計した結果、『X-ファイル』を挙げた人が最も多く1...
別窓で開く

【『正直不動産』第7話感想・考察】視聴者を沼らせる山下智久の演技の魅力!セリフのない”あのシーン”に注目
ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。2022年4月スタートのテレビドラマ『正直不動産』(NHK)の見どころや考察を連載していきます。「自業自得」「身から出た錆(さび)」といった言葉が古くからあるように、過去の自分の行いは必ずブーメランとなって自分の元へ返...
別窓で開く

「贅沢でなくても...」意外と堅実? 真栄田郷敦が語った「将来の目標」
 5月16日発売「AERA(アエラ) 5月23日号」(朝日新聞出版)の表紙は、NHKのドラマ「カナカナ」で地上波の連ドラ初主演を務める眞栄田郷敦さん。デビューして3年、さまざまな人や作品との出会いや、俳優としての意識の変化や目標を語った。 高校生まで音楽一筋、父(千葉真一)や兄(新田真剣佑)の出演作...
別窓で開く

サザンは3位。もし紅白が打ち切りなら「見たい白組歌手」ランキング
“打ち切り”報道に揺れる紅白歌合戦。『文春オンライン』記事によると、経営の合理化を図るNHKの前田晃伸会長が、周辺に紅白を“終わらせる”と話していたとNHK職員が発言しています。一方で、会長本人は「やめるとまでは言っていない」と答えたとのことです。...
別窓で開く

小泉今日子×小林聡美×安藤玉恵×夏帆 向田邦子原作、モチロンプロデュースの舞台『阿修羅のごとく』上演決定
モチロンプロデュースの舞台『阿修羅のごとく』の上演が決定した。東京公演を皮切りに、兵庫公演も上演される。『だいこんの花』(1970年)、『時間ですよ』(1971年)、『寺内貫太郎一家』(1974年)など、数々の話題作ドラマを生み出した、昭和を代表する脚本家である向田邦子。...
別窓で開く

向井理・40歳の“振り幅”にドキッ。ドSの官能小説家とキラキラ社員を同時に
今年40歳を迎え、ますます私たちを惹きつける向井理。今年も多彩な役を演じ分け、俳優としての進化が止まりません。先クールの『婚活探偵』(テレビ東京系)ではハードボイルドを気取りながらも、女性に不慣れでぎこちなく婚活に励む探偵役で話題をさらいました。この春クールでも2本の連続ドラマに出演。...
別窓で開く

小泉今日子×小林聡美×安藤玉恵×夏帆が四姉妹バトル 向田邦子『阿修羅のごとく』9月上演決定
向田邦子の名作『阿修羅のごとく』が、小泉今日子、小林聡美、安藤玉恵、夏帆を迎えて舞台化され、9月より上演されることが決定。ビジュアルが解禁された。 『だいこんの花』(1970)、『時間ですよ』(1971)、『寺内貫太郎一家』(1974)など数々の話題ドラマを生み出した、昭和を代表する脚本家・向田邦子...
別窓で開く


[ エリー nhk ] の関連キーワード

ゆり子 今日子