本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



成長著しいセルティックスのエース、テイタムが新シーズンに向け抱負「俺はベストプレーヤーになりたい」
12月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ボストン・セルティックスの知将ブラッド・スティーブンス・ヘッドコーチ(HC)が興味深いニュースを発した。 それはセルティックスが誇るエース、ジェイソン・テイタムの身長が昨季開幕時の6フィート8インチ(203㎝)から6フィート10インチ(208㎝)まで伸び...
別窓で開く

“MVP左腕”成本綾海、先輩石川佳純下す金星「チャンスと思って思い切りやった」
<2020年度日本卓球リーグプレーオフ JTTLファイナル4 2020年12月12日〜13日>日本卓球リーグの年間総合優勝チームを決めるファイナル4が、エフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)で開幕した。12日午前に行われた女子準決勝では、後期1位の中国電力が昭和電工マテリアルズ(後期4位)にマ...
別窓で開く

【速報】強化された張本のバックで日本代表選抜先制<オールスタードリームマッチ>
写真:張本智和(木下マイスター東京/木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部<卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日>14日、「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が開幕し、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜が行われた。...
別窓で開く

「ポールは過小評価されている」“レブロン・ヘイター”のイメージが定着するピアースを元同僚が擁護
現代のNBAの“キング”ことレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)とポール・ピアース(元ボストン・セルティックスほか)は、キャリアを通じて激しいバトルを繰り広げきた。ピアースにはすっかり“レブロン・ヘイター”のイメージが定着しているが、元同...
別窓で開く

ドリームマッチまで2週間 「卓球をみんなで応援しようキャンペーン」に早田ひな登場
写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部 卓球Tリーグが予定している「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」の開催まで残り2週間となった。9月14日に無観客で行われるオールスターに関するクラウドファンディングは、目標の300万円は開始5時間で達成し、最終的には1,00...
別窓で開く

大谷翔平が輝くのは「投手専念」。打者としては“中の上”、投手ならサイ・ヤング賞も狙えるはず
しかし、それでもこの数値や順位は傑出したものではないし、将来MVP級の活躍を期待したくなるレベルではない。われわれが大谷に驚嘆するのは、投手との兼務でこれだけの結果を残したからだ。打者としての大谷翔平は、まだ成長の可能性はあるものの、かなりの打力が求められる指名打者、一塁手、または外野手としては中の...
別窓で開く

ヒートの「歴代ベスト5」を選定!PG〜SFは文句なし、激戦となったビッグマンは…
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く

【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く

「モンスターだ」「信じられない」ミランの超逸材SBに賞賛が集まる!
 2019-2020シーズンも佳境に差し掛かる中、『ワールドサッカーダイジェスト』の7月16日発売号では、恒例企画の「欧州4大リーグ ベストプレーヤー」を選出する鼎談を行なった。各リーグで「ベスト50」を選出し、ポジション別の部門賞とシーズンMVPを決める。...
別窓で開く

あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク——「自分のような選手を助けてあげたかった」
 Jリーグ創成記に眩いばかりの輝きを放った超大物ブラジル人選手。もしビスマルクが日本へ来ていなければ、Jリーグの最初の9年間の歴史は違っていたかもしれない。 精巧なテクニックの持ち主で、ほとんどミスをしない。派手さはないが、状況判断が素晴らしく、常に最適のプレーをやってのけた。勝負強さも群を抜いてい...
別窓で開く