本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「選手の個性が強烈でいつも楽しかった」元アメリカ代表のヒルが1996年の五輪を回想<DUNKSHOOT>
今年4月、USAバスケットボールは東京オリンピック開幕の3か月以上も前に、ジェリー・コランジェロの後任として、マネージングディレクターにNBAレジェンドのグラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)が就任することを発表していた。 1994年のドラフト3位でピストンズから指名されたヒルは、デューク大...
別窓で開く

「リベンジできて最高の気分」W杯の雪辱を果たしたテイタム。今後の五輪出場にも意欲【東京五輪】
東京オリンピックを戦った男子バスケットボールアメリカ代表は、8月7日に行なわれたフランス代表との決勝に87−82で勝利。4大会連続となる金メダルを勝ち取った。「俺たちにはいくつか逆境があり、COVID(新型コロナウイルス)で辞退したり、何人かが遅れて合流したことで、いつもとは違う状況を乗り越えてきた...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生】セルビアで腕を磨いた“八村の後輩”やフランス産の有望ガード。2巡目候補にも逸材揃い<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2021年のNBAドラフト。近年注目度が増しているヨーロッパのプロスペクトでは、スペインのウスマン・ガルバ、トルコのアルペラン・シェングンらが1巡目の指名候補に挙がっている。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイテイス<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く

「カイリーは独自のスタイルを持った異端児」名司令塔のトーマスが“同類”のアービングを称賛!<DUNKSHOOT>
アイザイア・トーマスと言えば、1980年代後半に“バッドボーイズ”の異名でリーグを席巻したデトロイト・ピストンズのリーダーを務めた名ポイントガード(PG)だ。優勝2回(1989、90年)、ファイナルMVP1回(90年)、オールスター出場12回、歴代9位の通算9061アシストを...
別窓で開く

【なでしこジャパン全選手プロフィール】東京五輪に挑む18名の出身地、キャリア、プレースタイルは?
 6月18日、東京オリンピックに臨む「なでしこジャパン」のエントリーメンバーが発表された。世界が注目する大舞台に立つ18選手の横顔を紹介する。...
別窓で開く

「比類なき才能を証明」大谷翔平の特大HRを米専門メディアが大絶賛! ケン・グリフィーJr.との比較も「天井知らずで…」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平への賛辞が止まらない。 現地時間6月8日、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場した大谷は、特大の2ランホームランを含む、3打数2安打2打点1四球の活躍で、チームの勝利に貢献した。...
別窓で開く

後見人は“神様”ジョーダン。それゆえの苦悩と戦いながら欧州で“宝石”となったコリー・ヒギンズ物語<DUNKSHOOT>
5月28〜30日に行なわれたユーロリーグのファイナル4は、トルコのアナドール・エフェスが優勝候補のバルセロナを86−81で下し、初優勝を飾った。 ファイナル4MVPには、セミファイナルとファイナルの2試合で計50得点、11アシストを記録したセルビア代表ガードのヴァシリエ・ミチッチが受賞。...
別窓で開く

「オオタニはルースを上回る!」大谷翔平は“野球の神”を超える!? 米メディアが独自データで検証
多士済々のメジャーリーグにあって、日々存在感を強めているのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。 トミー・ジョン手術からの本格復帰となった今季は、開幕から好調を保っている。打ってはアメリカン・リーグ2位となる15本塁打を放つだけでなく、OPS(出塁率+長打率)も「エリート」に分類される.944...
別窓で開く

「彼より価値のある選手はいない」“野球界の驚異”大谷翔平に米メディアもお手上げ!?「どのような誇大表現でも足りない」
連日のホームランでメジャーリーグの主役となっているのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。「2番・DH」で先発出場した5月18日(現地時間)のクリーブランド・インディアンス戦でも1打席目に14号アーチを放ち、ランキングトップを守っている。...
別窓で開く