本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【番記者“激薦”|川崎】紅白戦メンバー外から大学MVPに。群を抜く“成り上がり力”で佐々木旭は力強く駆け抜ける
 ついに幕を開けた今季のJ1リーグ。それぞれのチームとしての戦いぶりが気になる一方、ではその中で注目すべき選手は誰か——番記者が独自の観点で必見プレーヤーをピックアップし、その魅力を伝える。今回は川崎フロンターレのDF佐々木旭を紹介する。——◆——◆—— 流通経済大から加入したDF佐々木旭の、&ld...
別窓で開く

フランコ、ミッチェル、マック…ストライキの影響で大物メジャーリーガーが続々来日した95年。今年も同じことが起きる?<SLUGGER>
MLBはまだロックアウトが解決せず、開幕延期の可能性が高くなっている。もし労使交渉の影響で開幕が延期されたとすれば、1995年以来の事態。実はこの年は、なかなか決まらない開幕に業を煮やし、大物メジャーリーガーの働き場を求めて来日した。【動画】まさにメジャー級のパワー。...
別窓で開く

事前調査と10%以上の差。ボンズとクレメンスの殿堂入り落選に見え隠れする記者たちの“建前”と“本音”<SLUGGER>
現地1月25日、全米野球記者協会(BBWAA)による殿堂入り投票結果が発表された。通算541本塁打を放った“ビッグ・パピ”ことデビッド・オティーズは有資格1年目で殿堂入りを決めたのに対し、史上最多7度のMVPを誇るバリー・ボンズ、同じく史上最多7度のサイ・ヤング賞を受賞したロ...
別窓で開く

“ネクスト・ヤニス”ジョナサン・クミンガ。靴すら買えなかった少年が“未来のMVP”と称されるまで<DUNKSHOOT>
138−96でゴールデンステイト・ウォリアーズが大勝した現地1月14日(日本時間15日、日付は以下同)のシカゴ・ブルズ戦。この試合でゲームハイの25得点をマークしたのが、ルーキーのジョナサン・クミンガだ。 その彼についてウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「未来のMVP級の器」だと評...
別窓で開く

2021年の大谷翔平はベーブ・ルースを超えてMLB史上最高の選手になったのか?<SLUGGER>
「史上最高の選手」はベーブ・ルースで決まりでも、「史上最高のシーズンを送った選手」となれば話は違う。そして2021年の大谷翔平は、“史上最高論争”に入るだけの輝きを見せていたとの評価は少なくない。果たして大谷は“野球の神様”を超えたのか。歴史的価値とい...
別窓で開く

プレミア前半戦で最も輝いた超新星! マンC撃破にも貢献したパレスMFギャラガーとは何者か?
■Conor GALLAGHERコナー・ギャラガー(クリスタル・パレス/イングランド代表)生年月日/2000年2月6日(21歳)出身地/エプソム(イングランド)身長・体重/182センチ・74キロ主要ポジション/インサイドハーフ、セントラルMFA代表/1試合・0得点ユース年代の代表歴/イングランドU-...
別窓で開く

大谷翔平が二刀流で躍動できたワケは?試合前のルーティンで「エリートレベルをキープできた」と専門メディアが特集
今シーズン投打の二刀流で偉業を成し遂げた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。“野球の神様”と称されたベーブ・ルース以来の本格的な二刀流スターの活躍に、世界中のファンや関係者は熱狂した。【動画】今季MVPを受賞した大谷!試合前に行なっていたルーティンをチェック メジャー4年...
別窓で開く

元プロ野球選手、里崎智也と漫画家・森高夕次が語る「エリートじゃない戦い方とこれからの夢の話」
11月17日に新書『シンプル思考』を上梓した里崎智也さんは、プロ野球を引退後、解説者だけに留まらず、チャンネル登録者数46.6万人の人気ユーチューバーとしても活躍。森高夕次さん原作の野球漫画『グラゼニ』は、年俸マニアのピッチャー凡田夏之介がプロ野球界で生き残り年俸アップを目指すという、「お金」をテー...
別窓で開く

ブルージェイズ地元紙記者がゲレーロJr.ではなく大谷翔平に投票した理由は?「リスペクトすべきだ」とファンに訴え
ライバルの贔屓紙の記者も大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェル)のMVPを認める。 現地時間11月18日、野球ファンの誰もが首を長くして待ったMLBのMVP発表が行なわれ、アメリカン・リーグでは満票で大谷翔平が選ばれた。日本人では2001年のイチロー以来、2人目となる快挙をやってのけた。...
別窓で開く