本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



金正恩「最高の女性エリート」に“泥まみれの苦役”を強いた権力の伏魔殿
現在の北朝鮮で最高位にある女性エリートは、金正恩党院長の妹・金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長を除けば、崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官だろう。女性がこのポストに座ったのは史上初のことであり、さらに彼女は党中央委員と国務委員も兼務する。もちろん、金正恩氏の最側近のひとりであるわけだが、そん...
別窓で開く

「呆れてものも言えない」金正恩“涙の演説”に庶民は冷淡
北朝鮮の金正恩党委員長は10日、朝鮮労働党創建75周年を記念して行われた閲兵式(軍事パレード)で演説。国民に向け「ありがとう」と感謝の言葉を繰り返すと同時に、生活苦が解消できていないことに対して、「ただの一度も満足に応えることができず、本当に面目ありません」と謝罪した。また、演説中に涙ぐむような場面...
別窓で開く

北エリート出身の韓国議員「カン外相が、亡くなった公務員の兄と会うことになった」…「国際協力について話し合う」
北朝鮮から韓国に亡命した韓国保守系野党“国民の力”のテ・ヨンホ(太永浩)議員は今日(8日)「カン・ギョンファ(康京和)外相は、韓国北西部の海上で行方不明となり、後に北朝鮮軍により銃殺された、海洋水産部(省)の公務員の兄であるイ・レジン氏と会うことにした」と伝えた。...
別窓で開く

北エリート出身の韓国議員「北の銃撃による殺害、政府は今回もじっとしているのか」
去る21日 韓国北西部の海上、北方限界線(NLL)近くで行方不明となった韓国海洋水産部(省)所属の漁業指導船の船員が、北朝鮮側の海域で銃撃を受け死亡したことが伝えられている中、北朝鮮から韓国に亡命した韓国最大野党“国民の力”のテ・ヨンホ(太永浩)議員は今日(24日)、韓国政府に対して「今回もじっとし...
別窓で開く

知らなきゃ損!エリート特殊部隊に学ぶ「精神力を鍛える」たった1つの習慣
日本でも大人気韓国ドラマ『愛の不時着』で、ヒョンビン演じる北朝鮮の人民軍第5中隊長リ・ジョンヒョクが率いるあのオマヌケな隊員達は、実は国家情報院のキム課長が言うように「ああ見えて」も特殊部隊なのです。まったくそうは見えない間抜けぶりで笑わせてくれました。ところで本物のエリート特殊部隊といえば、まず、...
別窓で開く

「飲み会で政策批判」金正恩、エリート経済官僚5人を処刑
今年7月末、当局の経済政策を非難したとの理由で北朝鮮の中央党(朝鮮労働党中央委員会)の幹部5人が一度に処刑されていたことが、デイリーNKの内部情報筋からの情報で明らかになった。処刑されたのは、中央党の経済部で「三頭立ての馬車」と呼ばれるインテリ3人と、彼らとともに実務を担当してきた2人だ。...
別窓で開く

北朝鮮軍、入党規則を厳格にするもさほど反発は起きず
北朝鮮の社会主義憲法第11条は、次のように定めている。朝鮮民主主義人民共和国は朝鮮労働党の領導(指導)の下にすべての活動を行う。国の全てにおいて指導的役割を果たす朝鮮労働党への入党は、出世するにあたっての絶対条件だ。どれほど実力があっても、党員でなければ必ず天井にぶち当たってしまう。それなら、と思っ...
別窓で開く

『愛の不時着』はどれくらい「リアル」か!? 北朝鮮の暮らしに迫る
ドラマ『愛の不時着』で描かれる北朝鮮の暮らしはインパクトが強い。村では頻繁に停電が起き、人々はローソクの明かりで夜を過ごす。家庭のキッチンにコンロはなく、炭でおこした火で料理する。かと思えば、都会の人はスマホを使い、自動車を乗りまわすーー。いったい、どこまでが「リアル」なのだろう? 外からは見えにく...
別窓で開く

「金正恩の首都」が飢え始めた…軍の備蓄放出でも足りない食糧
北朝鮮当局が、滞っていた平壌市民への配給を解決するため、軍の備蓄食糧を一部放出したことがわかった。平壌在住の情報筋は25日、韓国デイリーNKに対し「最近、滞っていた7月分までの配給が一度に行われた」と伝えた。しかし、8月分の配給がどうなるかについて、当局からは発表がないという。...
別窓で開く

北朝鮮「赤い貴族」の性暴力…被害女性が処分され、加害者は昇進
朝鮮民主主義人民共和国が建国する前日の1948年9月8日に施行された初代憲法は、11条で次のように定めている。朝鮮民主主義人民共和国の一切の公民は、性別、民族別、信仰、技術、財産、知識の程度の如何を問わず、国家、政治、経済、経済、社会、文化生活のあらゆる部分において同等の権利を持つ。草案には「一切の...
別窓で開く


[ エリー 北朝鮮 ] の関連キーワード

リアル 北朝鮮