本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「次は世界一を取りたい」自身初の“3冠”を達成した早田ひながSNSで明かした胸中。有観客での試合にも感謝を綴る【全日本卓球】
卓球・全日本選手権の女子シングルス決勝が1月29日、東京体育館で行なわれた。早田ひな(日本生命)が木原美悠(エリートアカデミー)に4−2で逆転勝利を収め、自身初となる3冠を達成した。【画像】涙の3冠達成!早田ひなが実際に投稿した写真をチェック 大会後に早田は、自身のインスタグラムを更新。...
別窓で開く

なんだそれ。求職中の男がすすめられたのは「愛人契約」で……?【ハマる男に蹴りたい女#3】
設楽紘一(したらこういち)31歳。完璧なエリート人生を歩んでいたのに、ある日、事実上のリストラに遭い、妻にも出ていかれてしまう。職も家も妻も失った彼は、再就職先が決まるまで、とある下宿の管理人をすることに。...
別窓で開く

どこよりも早い「春のセンバツ優勝」予想! 専門家3氏と日刊ゲンダイが占う
(明治神宮大会決勝の大阪桐蔭戦で本塁打を放つ広陵・真鍋慧(C)共同通信社) 第95回センバツ高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)の選考委員会が27日に開かれ、記念大会のため、例年より4校多い出場36校が決定した。昨春のセンバツと昨秋の明治神宮大会を制した大阪桐蔭、昨夏の甲子園で東北勢として初めて優...
別窓で開く

「一期一会」とはどういう意味か。茶道歴40年の茶道家・竹田理絵さんは「『一期一会』は『一生涯でただ一度の出会い』と解釈している人は多いが、それは少し違う。本来は『人生は一度きり、相手に対して精一杯の誠意を尽くせるか』という茶道の心得を表している」という——。※本稿は、竹田理絵『世界のビジネスエリート...
別窓で開く

三木谷浩史「世界的経営者がいきなり“姿を消す”中国の怖さ。日本も油断してはならない」
「遅れた理由を聞いて、僕はすっかり呆れてしまった」三木谷浩史との約束に3時間遅刻…世界を騒がす“超大物経営者”の正体 から続く 政府の価値観から外れたものは、たとえ超一流の経営者だったとしても「表舞台」から消えてしまう……そんな中国の特殊環境を楽天・三木谷浩史氏が解説。...
別窓で開く

海外ドラマ『DOC あすへのカルテ』第13回、今カノのことが気になって仕方ない元妻
NHK総合で放送中のイタリア制作の海外ドラマ『DOC(ドック) あすへのカルテ』(毎週日曜 後11:00、全16回)の第13回「エゴイズム」が29日に放送される。 主人公のアンドレアは、ミラノのアンブロシアーノ総合病院の内科医長で、誰もが認める優秀なエリート医師。ただ、患者にも同僚にも厳しく、敵も多...
別窓で開く

「ついにハヤタ時代の到来か?」早田ひなの“3冠達成”に中国メディアも警戒!「彼女を甘く見てはいけない」【全日本卓球】
1月29日、卓球・全日本選手権の女子シングルス決勝が東京体育館で行なわれ、早田ひな(日本生命)が木原美悠(エリートアカデミー)を4−2で撃破。3年ぶり2度目の優勝を飾った。【画像】卓球界のエース!早田ひなが公開した貴重なメガネ姿をチェック 今大会では、伊藤美誠(スターツ)と組んだ女子ダブルス、張本智...
別窓で開く

米名伯楽は“フルトンの勝利”を推挙! 「世界最高」の井上尚弥の初黒星を予想した理由は?「アメリカのエリート級を戦った経験がない」
新たな階級でのビッグマッチが急浮上した“モンスター”にボクシング界から熱視線が注がれている。前世界4団体バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)だ。 1月13日にバンタム級で獲得した4本のベルト返上を宣言するとともに、スーパーバンタム級への転向を正式表明した井上。直後から新階級で...
別窓で開く

自己最高3位入賞の横井咲桜「我慢して我慢して、粘り強く」<全日本卓球2023>
<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日〜29日 場所:東京体育館>29日、全日本卓球選手権大会は最終日を迎え、女子シングルス準決勝で横井咲桜(四天王寺高)が木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)にゲームカウント1-4で敗れた。...
別窓で開く

早田ひな 3年振りのシングルスV、自身初の3冠達成 女子シングルスランキング<全日本卓球2023>
<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日〜29日 場所:東京体育館>29日、全日本選手権は大会7日目を迎え、女子シングルスが終了した。女子シングルス決勝では、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)にゲームカウント4-2で勝利した早田が、3年ぶりのシ...
別窓で開く


[ エリー ] の関連キーワード

アメリカ フルトン doc