本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、今回紹介する記事は、ウズベキスタン旅行の最新事情です。入国情報と、西遊記の三蔵法師のモデルである玄奘三蔵も通った仏教遺跡の残るテルメズを紹介します。(文/『地球の歩き方Platウズベキスタン』編集担当 伊藤伸平 写真/伊藤伸平)■日本からのフライトは...
別窓で開く

検証!『キングダム』の"でかすぎる"人気キャラ、当時の馬で耐えられる? 【マンガでひらく歴史の扉 4】
 東京都駒込にある、世界最大級の東洋学研究図書館「東洋文庫」のマンガ大好き学芸員・篠木由喜さんが、イチオシ作品の学芸員的読み方を紹介してくれるシリーズ「マンガでひらく歴史の扉」。 第4回は、前回に引き続き、2022年10月5日(水)〜2023年1月15日(日)まで東洋文庫ミュージアムにて開催されてい...
別窓で開く

森保一監督 神采配にファン驚愕「無能なフリをし、日本中を欺いていた」
23日、サッカー日本代表がワールドカップ・カタール大会で、ヨーロッパの強豪・ドイツと対戦し、2-1で勝利した。今回、大金星をあげた森保ジャパンには、ドイツ戦まで懐疑的なムードが漂っていたーー。「`21年から`22年にかけて行われたワールドカップアジア最終予選の最初の3試合でオマーンとサウジアラビアに...
別窓で開く

「ピピ」中井卓大、4年ぶりの日本代表。レアルでの3年間で「プレーは変わった」
 現地11月20日、FIFAワールドカップ2022がついに開幕した。日本代表は11月23日にドイツ代表との初戦を迎える。 A代表が4年に一度の大舞台に挑むのと同時に、4年後、同じ場所を目指す戦いはすでに始まっている。...
別窓で開く

日本サッカー協会、ウズベキスタンサッカー協会との協定を更新…17年11月の締結以来、各分野で協力推進
日本サッカー協会(JFA)は21日、ウズベキスタンサッカー協会(UFA)とのパートナーシップ協定を更新したことを公式サイトで発表した。 JFAの公式サイトによる発表は、以下のとおり。「日本サッカー協会は11月20日(日)、ウズベキスタンサッカー協会(UFA)とのパートナーシップ協定を更新しました。...
別窓で開く

バイデン大統領が習近平国家主席に差し出した「友好的な握手」が表す意味
経済アナリストのジョセフ・クラフトが11月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。インドネシアのバリ島で行われた米中首脳会談について解説した。インドネシアのバリ島で、握手する中国の習近平国家主席(左)とバイデン米大統領=2022年11月14日 (ロイター=共同) 写真提供:...
別窓で開く

公園で泥酔した女性に性的暴行を加えた外国人に懲役1年6か月=韓国
泥酔状態で公園のベンチに座っていた20代の女性に近づいて性的暴行を加えた外国人が実刑を宣告された。韓国クァンジュ(光州)地裁・スンチョン(順天)支院は、準強制性交等罪、準強制わいせつ容疑で拘束起訴されたウズベキスタン国籍のA氏(27)に懲役1年6か月を宣告したと、14日に明らかにした。...
別窓で開く

「斉藤先生が帰ってきたみたいだな…」“柔道界の超新星”斉藤立(20)が受け継ぐ「日本柔道の矜持と剛毅木訥の4文字」《父のライバルでレジェンド・山下泰裕も絶賛》
 これからの日本柔道界を背負う道が、ついに始まった。熱い視線が191センチ、165キロの大きな体に向けられている。男子100キロ超級の斉藤立(国士舘大3年)。ウズベキスタンのタシケントで10月13日まで行われた世界選手権に初出場。惜しくも決勝で敗れて優勝を逃したが、大健闘の銀メダルで底知れぬ潜在能力...
別窓で開く

「3期目おめでとう」となるのならば、岸田総理は習近平氏には会わないほうがいい
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が11月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月11日から予定されている岸田総理の東南アジア3ヵ国歴訪について解説した。...
別窓で開く

「イノウエが世界最高とは思わない」“敵なし”の井上尚弥にSバンタム級王者フルトンが挑発!「パワーを奪ったら何が残る?」
日進月歩の勢いで成長を遂げてきたボクシング界の“モンスター”が、大一番を目前にしている。来る12月13日に東京・有明アリーナでWBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦を迎えるWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)だ。 もっとも、井上は文字...
別窓で開く


[ ウズベキスタン ] の関連キーワード

フルトン イノウエ キング