本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



習近平氏「3期目への動き」に対する、中国の「庶民」と「知識人」の見方の違い
毎日新聞・中国総局長の米村耕一氏が10月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・習近平国家主席の3期目への動きについて現地から語った。...
別窓で開く

8年ぶりアジアの頂点…「家族のような」フットサル日本代表、24年W杯への第一歩
木暮賢一郎監督就任後初のタイトルがかかる国際大会「AFCフットサルアジアカップクウェート2022」が8日に幕を閉じ、フットサル日本代表が8年ぶり4度目の優勝を収めた。 今大会に向けた取り組みは、9月5日の国内合宿からスタート。6日間の合宿を経て、国内で2年半ぶりの開催となるブラジルとの国際親善試合2...
別窓で開く

“泥臭く戦うこと”をテーマに、U-17アジア杯予選を逞しく戦い抜く。「甘さたっぷり」だった若き日の丸戦士が示した確かな成長【U-16代表】
 国際舞台における基準や、異なる環境に身を置く難しさを、良い意味でも悪い意味でも知らなかった。日本の未来を担う選手たちにとって、実り多き活動となった。 森山佳郎監督率いるU-16日本代表は、10月1日からヨルダンで行なわれたU-17アジアカップ予選に挑み、4連勝のグループ首位で来年5月の本大会行きを...
別窓で開く

「5回転も試すかもしれない」イリア・マリニンの脅威。フィギュアスケートの新星から目が離せない
4回転ジャンプ6種類7本の衝撃 10月8日にさいたまスーパーアリーナで開催されたジャパンオープン。その前日練習で衝撃的だったのは、17歳のイリア・マリニン(アメリカ)だ。 コーチでもある母のタチアナ・マリニナ氏と父のロマン・スコルニアコフ氏は、ともにウズベキスタン代表として五輪や世界選手権に出場した...
別窓で開く

結果を求められる世界選手権スタート! 日本柔道、注目の代表選手たち
男女合わせて個人戦で史上最多となる計9個の金メダルを獲得、圧倒的な結果で日本柔道の誇りを示した東京五輪から1年余り。再び、世界一を競う舞台がやってきた。ウズベキスタン・タシケントで行われる世界選手権だ。2年後の“パリ”を視野に、多彩な顔ぶれが世界一に挑む!オリンピック翌年の世界選手権は、いつもなら新...
別窓で開く

阿部一二三&詩の熱い抱擁に称賛の声が続々!兄は「強い気持ちを持ち信じて戦い抜いたからできた」と感謝を述べる
現地時間10月6日から、ウズベキスタンのタシケントで熱戦が繰り広げられている柔道の世界選手権。日本勢は10日終了時までに合計10個のメダルを獲得(金メダル=5個、銀メダル=3個、銅メダル=2個)。今大会も柔道ニッポンの強さを世界にアピールしている。 大会2日目には、去年の東京オリンピックで柔道史上初...
別窓で開く

茨城県警が365日24時間体制で監視した筑波大留学生の“危ない素性” 元公安警察官の証言
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、茨城県警が筑波...
別窓で開く

「僕はハニュウにインスパイアされた」17歳の逸材マリニンが4回転アクセルに挑戦した理由とは
10月8日、さいたまスーパーアリーナで行なわれたフィギュアスケートの国際大会「ジャパンオープン」は、男女の世界王者・宇野昌磨と坂本花織が好演技を披露。さらに、紀平梨花の復調やシニア1年目の三浦佳生が健闘し、日本が2018年以来、通算10度目の優勝を飾った。...
別窓で開く

「何をされるかわからない」北朝鮮の”美人支配人”が恐れた密室行為
朝鮮日報など韓国メディアの報道によれば、中央アジアのウズベキスタンの首都・タシュケントにある北朝鮮レストランの女性従業員5人が脱北して韓国入りしたという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の続報によると、5人のうち1人は5月、もう1人は6月、残りの3人は8月に脱北したとされる。...
別窓で開く

フットサル日本代表、8年ぶりアジアの頂点へあと一つ 途中出場GK黒本が値千金の活躍
AFCフットサルアジアカップクウェート2022に出場しているフットサル日本代表が、6日の準決勝でフットサルウズベキスタン代表と対戦した。 今大会で最も集中した試合の入りを見せた日本は、開始45秒で水谷颯真がファーストシュートを放つなど好調をうかがわせた。しかし、決定機を作りながらもクロスバーやポスト...
別窓で開く


[ ウズベキスタン ] の関連キーワード

フットサル 筑波大 北朝鮮 アジア 一二三