本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



独裁化する習近平氏に対して日本が行うべき「2つのこと」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。10月23日に開かれた第20期中央委員会第1回総会(1中総会)について解説した。...
別窓で開く

歴史、宗教、経済が複雑に混在、少数民族の一人が読み解いた新疆ウイグル問題 抑圧を生む不公平な漢族社会、「21世紀国家」になれない中国
(馬 克我:日本在住中国人ライター) 10月6日、国際連合人権理事会において、米、英、カナダなどの西側諸国が、新疆ウイグル自治区(以下「新疆ウイグル」)におけるウイグル人の人権状況に関し討論を行う議案を提出したが、反対19票、賛成17票、棄権11票で否決された。...
別窓で開く

「美脚すぎてヤバっ!」「絶世の美女です」女子柔道ビロディドが変身した“リアル新体操コス”姿にファン喝采!
東京五輪・女子柔道48キロ級の銅メダリストで、ウクライナ出身のダリア・ビロディドが公式インスタグラム(@dariabilodid7)を更新。まさかの“新体操コスチューム”姿を披露して、ファンから「美脚すぎてヤバっ!」「絶世の美女です」「スタイル抜群」と喝采を浴びている。...
別窓で開く

中国に派遣された北朝鮮労働者3人が行方不明に、脱北か
川を挟んで北朝鮮と向かい合う中国・遼寧省の丹東には、数多くの北朝鮮労働者が派遣され、アパレル工場、水産物加工場などで働いている。その一部が行方をくらます事件が発生した。中国のデイリーNK情報筋によると、事件が起きたのは今月12日。丹東郊外にあるアパレル企業で働く北朝鮮労働者のうち、男性1人、女性2人...
別窓で開く

習近平氏が4期目を目指すには「台湾併合」しかない これだけの「理由」
前統合幕僚長の河野克俊、慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が10月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・習近平総書記(国家主席)の今後について解説した。...
別窓で開く

人類史上初の4回転半成功者!フィギュア界に現れた“4回転の神”「一番のインスピレーションは羽生結弦でした」
いよいよ開幕するフィギュアスケートの「グランプリシリーズ2022」。今年も日本時間の10月22日(土)よりはじまるアメリカ大会から、世界のトップスケーターたちの戦いが幕を開ける。初戦の注目は、地元アメリカから出場する男子シングルのイリア・マリニン(17歳)。写真:森田直樹/アフロスポーツ人類史上初の...
別窓で開く

中国共産党の未来が暗い「これだけの要素」 〜青山繁晴が習近平総書記を糾弾
作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴と、数量政策学者の高橋洋一が10月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。習近平氏の側近が多数起用される中国指導部の動きについて解説した。...
別窓で開く

コスタリカ代表MFがドーピング陽性…日本と同組のカタールW杯出場可否は未定
コスタリカサッカー連盟(FCRF)は18日、同国代表MFオルランド・ガロ(CSエレディアーノ/コスタリカ)がドーピング陽性となったことを発表した。 コスタリカ代表は9月に韓国へと遠征し、韓国代表、ウズベキスタン代表と国際試合を行った。その際、無作為に選んだ15選手からサンプルを採取。...
別窓で開く

「1強」ゆえに危惧される習近平氏の今後 気になる「健康状態」も
ジャーナリストの佐々木俊尚と、キヤノングローバル戦略研究所主任研究員でジャーナリストの峯村健司が10月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国国家統計局がGDP発表を延期した理由について解説した。...
別窓で開く

「ユーラシア戦争」はもうすでに始まっている!? ロシア弱体化によって各国で紛争が勃発中!
米空軍F15がイランの発射した無人機を撃墜したウクライナ戦争で明らかにロシア軍が不利になっている。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの状況を受けて、現状から推測される危惧をこのように解き明かす。「ロシアの影響力が低下すると、いたる所で領土を巡る"ユーラシア戦争"と呼んでもよい...
別窓で開く