本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウエストブルックがプレーヤーオプション行使でレイカーズ残留へ。契約最終年の来季は勝負の年に<DUNKSHOOT>
現地時間6月28日、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者がロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックが2022−23シーズンのプレーヤーオプションを行使すると発表。これによって来季の年俸(4710万ドル/日本円で約64億560万円)保証され、今夏にトレードされない限り、来季も...
別窓で開く

「素晴らしい王朝だ」アデトクンボがウォリアーズの黄金トリオを称賛!「あの3人は僕らの見本となっている」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、先日行なわれたNBAファイナルでボストン・セルティックスを4勝2敗で撃破し、2021−22シーズンのチャンピオンとなった。 8年間で4度目の王座に就いたウォリアーズには、フランチャイズプレーヤーのステフィン・カリーをはじめ、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリー...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

8年間で4度目のNBA制覇にカーHC「今回は最も可能性が低かった」。カリーも「これまでとは違う」と感慨<DUNKSHOOT>
現地時間6月16日に行なわれたNBAファイナル第6戦。ボストン・セルティックスの本拠地TDガーデンでは試合開始前からホームチームへの大歓声が鳴り響くなか、ゴールデンステイト・ウォリアーズは序盤こそ2−14とリードを許したものの、そこから35−8と見事な反撃で主導権を握り、最終スコア103−90で勝利...
別窓で開く

八村塁がU17W杯の歴代“大物選手”7位に選出!トップ2はNBAファイナルを戦う両チームのフォワード<DUNKSHOOT>
7月2〜10日にスペインで開催される「U17バスケットボール ワールドカップ」を前に、FIBA(国際バスケットボール連盟)が過去の同大会出場選手の中から“biggest name(大物選手)”トップ15を発表。日本の八村塁が7位に選ばれた。...
別窓で開く

「ついにダブル・ルイが対面!」NBA八村塁とWNBA町田瑠唯の共演に日米ファンが反応「2人の対比がおもしろい」<DUNKSHOOT>
日本のバスケットボール界が誇る“2人のルイ”が、ワシントンDCで再会を果たした。 6月9日、ともにワシントンDCに本拠地を置くNBAのウィザーズとWNBAのミスティックスが球団SNSを更新。男女それぞれの日本代表の主軸である八村塁と町田瑠唯が同地の施設で対面した様子を伝えた。...
別窓で開く

いとうまい子、学習塾の社外取締役に選任!単なる“広告塔”ではないワケ
 女優のいとうまい子が5月28日、自身のインスタグラムを更新。株式会社リソー教育の社外取締役に選任されたことを報告した。 いとうは「選任に関するお知らせ」と題されたリリースの画像をアップ。「5月27日株式会社リソー教育の株主総会にて、社外取締役として正式に選任されました。貢献出来るよう尽力してまいり...
別窓で開く

NBA2021-22シーズンのベストダンクはモラントの一撃!ファン投票で8カテゴリーの“No.1”が決定<DUNKSHOOT>
6月2日、NBAが2021−22シーズンの「ファンフェイバリット(ファンお気に入りの瞬間)」の受賞者を発表した。 ファン投票によって決定した8つのカテゴリーのウィナーは以下の通りだ。■ダンク・オブ・ザ・イヤー:ジャ・モラント(グリズリーズ)■アシスト・オブ・ザ・イヤー:スティーブン・アダムズ&rar...
別窓で開く

今季惨敗のレイカーズにOBのマジックが提言。ウエストブルックのトレード案には「何を見返りに得るんだ?」と慎重姿勢<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックは、2021−22シーズンのNBAで最も批判を浴びた選手の1人だったかもしれない。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスらを擁する“スーパーチーム”の一員となったがフィットできず、プレーオフを逃した今季の戦犯に挙げられた...
別窓で開く