本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



遊戯王カードは売り上げ1兆円の“造幣局”、作者・高橋和希さんが漫画家になった背景に「担任の心ない言葉」
『遊☆戯☆王』第1巻(Amazonより) その影響は日本国内だけではない。多くの海外メディアも伝え、世界中のファンに衝撃、そして深い悲しみを与えた。『遊戯王』作者・■高橋和希さんの遺したもの 漫画家・■高橋和希さん、死去。享年60。あまりに早すぎる死だった。「■観光で沖縄に訪れていた高橋さんは、海で...
別窓で開く

「難しい決断だった」ウォリアーズの名脇役が新天地にラプターズを選んだ理由<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間7月6日(日本時間7日)にフリーエージェント(FA)選手との契約が解禁となり、トロント・ラプターズはオットー・ポーターJr.と複数年契約を結んだことを発表した。 203㎝・89㎏で両フォワードをこなすポーターJr.は、昨季ゴールデンステイト・ウォリアーズでローテーション入りし、レギュ...
別窓で開く

「今でもゾクゾクする」トンプソンが“941日ぶりの復帰戦”を回想。「僕はまだベストじゃない」と来季のさらなる飛躍も誓う<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、NBAではFA(フリーエージェント)選手たちとの交渉が解禁となり、初日から数多くの選手たちの契約延長や再契約、移籍が報じられている。 昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、当初こそ自軍のFA選手たちを引き留める方針を打ち出していたのだが、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド...
別窓で開く

交渉解禁初日から大型契約続出のNBA。イングルズのバックス移籍第一報を報じた“極めて近しい”情報源とは<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、フリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁となったNBAでは、初日から多くの選手が延長契約や再契約、移籍に合意するニュースが報じられた。...
別窓で開く

NBA新記録が誕生!? 元ウィザーズのベテラン戦士スミスがトレードで通算13球団の所属に<DUNKSHOOT>
フリーエージェントとの交渉解禁を翌日に控えた現地時間6月29日、デンバー・ナゲッツとワシントン・ウィザーズによるトレードが合意に達したと、米放送局『ESPN』など複数のメディアが報じた。 ナゲッツはウィル・バートンとモンテ・モリスを放出し、ウィザーズからケンテイビアス・コールドウェル・ポープとイシュ...
別窓で開く

今秋来日のウィザーズがナゲッツと2対2のトレード!エースのビールは契約を破棄して完全FAへ<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日、ワシントン・ウィザーズとデンバー・ナゲッツによるトレードが合意に達したと、『The Athletic』など複数の現地メディアが報じた。 ウィザーズはケンテイビアス・コールドウェル・ポープ(29歳/SG)とイシュ・スミス(33歳/PG)を放出し、ナゲッツからモンテ・モリス(27歳/...
別窓で開く

ウエストブルックがプレーヤーオプション行使でレイカーズ残留へ。契約最終年の来季は勝負の年に<DUNKSHOOT>
現地時間6月28日、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者がロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックが2022−23シーズンのプレーヤーオプションを行使すると発表。これによって来季の年俸(4710万ドル/日本円で約64億560万円)保証され、今夏にトレードされない限り、来季も...
別窓で開く

「素晴らしい王朝だ」アデトクンボがウォリアーズの黄金トリオを称賛!「あの3人は僕らの見本となっている」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは、先日行なわれたNBAファイナルでボストン・セルティックスを4勝2敗で撃破し、2021−22シーズンのチャンピオンとなった。 8年間で4度目の王座に就いたウォリアーズには、フランチャイズプレーヤーのステフィン・カリーをはじめ、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリー...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く