本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドンチッチが“スーパースター補強案”を否定「僕はそうは思わない。僕らは最高のチームなんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間9月22日、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが米国スポーツ専門局『ESPN』の番組『NBA Today』に出演。自軍への想いを語った。 昨季にマブズを11年ぶりのカンファレンス・ファイナルへ導いた23歳のスーパースターは、今夏スロベニア代表のエースとしてFIBAユーロバスケット(欧州...
別窓で開く

「彼は自信に満ち溢れている」NBA4年目を迎える八村塁に指揮官が太鼓判!「昨季とは違う場所にいる」<DUNKSHOOT>
現地時間9月20日、ワシントン・ウィザーズのバスケットボール運営部代表兼GM(ゼネラルマネージャー)のトミー・シェパードとウェス・アンセルドJr.HC(ヘッドコーチ)が会見を行なった。 昨季イースタン・カンファレンス12位の35勝47敗(勝率42.7%)に終わったチームは今夏、ドラフトでジョニー・デ...
別窓で開く

八村塁の実力をNBAスカウトが評価!「一言で表すなら“スコアラー”」「(守備は)せいぜい平均レベル」<DUNKSHOOT>
八村塁が所属するワシントン・ウィザーズは、ここ数日間で3選手(ジョーダン・グッドウィン、クエントン・ジャクソン、デイビオン・ミンツ)と契約を結んだことで、トレーニングキャンプならびにプレシーズンゲームに向けて最大20名のロスター枠を埋めた。 そんななか、現地時間9月13日に米スポーツメディア『The...
別窓で開く

自身を「NBA史上ベストな攻撃型プレーヤー」と評するタウンズがゴベアとの共闘に自信「僕らはあらゆる才能を引き出せる」<DUNKSHOOT>
今夏ミネソタ・ティンバーウルブズと2億2400万ドルで延長契約を結んだカール・アンソニー・タウンズ。 2015年のドラフトでウルブズに全体1位指名を受けたビッグマンは、211㎝の高さがありながら、ペリメーターでも難なくプレーし、まるでガードのように機敏な動きからステップバックスリーを沈めるスキルも備...
別窓で開く

祖国のために「全力を尽くして戦った」ウクライナ、初のベスト8入りのフィンランド【ユーロバスケット2022】<DUNKSHOOT>
ユーロバスケット2022はドイツのベルリンに場所を移して決勝トーナメントがスタート。ラウンド16の2日目、初戦はC組2位のウクライナとD組3位のポーランドが対戦した。 ウクライナはギリシャ、ポーランドはセルビアと、グループ内の最強チームには敗れたものの、勝てる相手には取りこぼすことなく3勝2敗と、似...
別窓で開く

“神様”ジョーダンの負けず嫌いは今も健在。22歳下の元NBA選手にもゴルフでトラッシュトーク<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇を成し遂げた“神様”マイケル・ジョーダンは、NBA史上最も負けず嫌いな選手の1人として広く知られている。現役引退から20年が経過しようとしているが、その競争心は今も健在なようで、元NBA選手のJR・スミスがジョーダンの逸話を明かした。...
別窓で開く

ブレイザーズ移籍のペイトン二世が昨季のウォリアーズ優勝を語る「僕には必然だったと思えるね」<DUNKSHOOT>
現地時間9月8日、今夏ポートランド・トレイルブレイザーズへ移籍したゲイリー・ペイトン二世の記事が『NBC Sports Bay Area』へ掲載された。 ペイトン二世は6年目の昨季、ゴールデンステイト・ウォリアーズでローテーション入りを果たし、自身初のNBA制覇を経験。オフにフリーエージェントとなっ...
別窓で開く

八村阿蓮、オコエ桃仁花「人種差別被害」告白に反応 「僕たちが日常生活で受けているこの現状」「発信とても大事」
バスケットボールBリーグ・群馬クレインサンダーズの八村阿蓮選手が2022年9月7日にツイッターを更新し、人種差別被害に遭っていることを明かした。ベナン人の父と日本人の母の間に生まれ、米NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手を兄に持つ阿蓮選手。...
別窓で開く

40年ぶりの優勝を狙うチームの“ラストピース”?シクサーズがエンビードの控えに名シックスマンを獲得!<DUNKSHOOT>
現地時間9月6日、米放送局『ESPN』はフィラデルフィア・セブンティシクサーズがフリーエージェント(FA)のモントレズ・ハレルと契約を結んだこと報じた。契約内容は2年520万ドルで2年目の契約はプレーヤーオプションとなるという。  現在28歳のハレルは201cm・109kgのパワーフォワード兼センタ...
別窓で開く

206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く