本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国は「イスラエルとアラブ各国の国交正常化」をどう捉えるか
トランプ大統領が主導する形で、9月15日、イスラエルとUAE、バーレーンの国交正常化を記念する署名式が開催された。署名式にはイスラエルのネタニヤフ首相、UAEのアブドラ首相、バーレーンのザヤニ首相が出席し、今後イスラエルとの間で外交、経済の分野で関係が急速に進むと思われる。...
別窓で開く

日本人が知る「偽物の世界史」を作ったのは誰か?
憲政史研究家の倉山満氏が教える歴史のリアル。日本人が世界史と思い込んでいるのは、東洋史と西洋史を合わせただけの「偽物の世界史」である。しかも、東洋史は単なる中華王朝の興亡史であり、西洋史はもとをたどればギリシャ文明に行き着くヨーロッパ史にすぎないのだ。...
別窓で開く

背後に中国の影…バイデン政権が誕生した場合に懸念される新たな中東リスク
トランプ米大統領は今月15日、対イラン武器禁輸を延長する国連安保理決議案が否決されたことを受け、2015年のイラン核合意で解除された国連制裁を再発動させる意思を表明し、依然としてイランへの強硬姿勢を堅持している。■親イラン武装勢力による米への攻撃が多発今年初め、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が殺...
別窓で開く

新型コロナウィルスは米中両大国をも破壊する自業自得の生物化学兵器なのか?
新型コロナウィルス(COVID-19)は大方の希望的観測や期待を裏切り、早期の終息はあり得ないだろう。アメリカ、ブラジル、インドなど、世界160か国以上で感染者も死者もうなぎ上りである。日本では感染者数は増えているとはいえ、それでも連日5万人が感染し1000人以上が死亡するアメリカとは現時点では比較...
別窓で開く

米国とイランの関係の行方は?2020年1月以降の米国とイランの対立から考察。
今年に入ってすぐイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が殺害されたことがきっかけで、米イランの軍事的緊張が一気高まり、筆者の周辺でも中東から退避すべきかどうかの声が複数聞かれた。しかし、軍事的緊張は幸いにも回避され、それ以降世界は新型コロナパンデミックとの戦いの時代に突入し、米イランリスクが報道される回...
別窓で開く

前副大統領バイデンがトランプに勝つ日は来るのか?
新型コロナの感染拡大が止まらないアメリカ。トランプ大統領の評価が問われる2020年大統領選挙が間近に迫っている。そして勝利の可能性が高まっていると囁かれ始めているのが、民主党のバイデン前副大統領。国際政治学者である高橋和夫氏に、どのような人物なのかを聞いた。※本記事は、高橋和夫:著『最終決戦 トラン...
別窓で開く

敵対関係に加え、ベイルート大爆発の黒幕という噂まで流れているイスラエルが、レバノンに人道的・医療的支援を試みたが、拒否されたとAFP通信が8日報じた。イスラエルの内部でも、自分たちの行動があまりにも偽善的なものではないかという批判が出ている。...
別窓で開く

モンテディオ山形が「失踪児童の日」に訴え ローマから広がる世界200クラブ参加の取り組みに賛同
 セリエAのローマが主導して実施する「世界のサッカーファミリーとともに、失踪児童をなくすための呼びかけ」に、モンテディオ山形が賛同し、クラブ公式Twitterで日本語と英語による投稿を実施した。...
別窓で開く


[ イスラエル イラン ] の関連キーワード

イスラエル レバノン イラン アラブ ローマ

<前へ1234次へ>